目野ちゃんパパの「ののこめし」 後篇

前篇の「おいなりさんじゃ、ないのよ」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜それはまるで、はんてんのよう の巻〜

前篇では、目野ちゃんパパが油揚げの油抜きをしたところで終わりました。
ここからはいよいよ、ののこめしの形が出来上がってきます!

020
ごはんを詰めたりする前に、まずは昆布を水で戻します。

024
油抜きをした油揚げをめん棒でゴロゴロして、半分に切ります。

026
めん棒でゴロゴロすると油揚げが開きやすくなります。

028
ボウルに水切りしたお米と、カットした具材を全て入れます。

032
調味料も全て加えます。

033
全体をよく混ぜます。

036
油揚げに混ぜあわせた具を詰めます。
お米はイカ飯作りの時と一緒で、詰め過ぎるとパンパンに膨れてしまいます。

037
なので7分目くらいかな?
油揚げを破らないように、優しく具を詰めます。

038
爪楊枝で口を止めます。
これで準備万端!

039
炊飯器のなかに切った割り箸を並べます。

041
その上に昆布を敷きます。

045
昆布の上に、お米を詰めた油揚げを乗せます。

044
昆布の戻し汁と、具材を混ぜた時に余った調味料を注ぎます。

ちなみに戻し汁の分量がわからなかったので、1カップの水で戻してみました。

そして炊飯スタート!
通常の炊飯と同じように炊飯ボタンを押して、炊きあがりを待ちます。

ちゃんと炊きあがるのか不安ですが、もうこうなったら待つしか無い!

水加減が大丈夫が心配だけれども、時間が経つにつれ、ふんわりと炊き込みごはんのようなお出汁とお醤油の良い香りがしてきます。

046
そして炊きあがったのがこちら!
炊飯前に比べて、ふっくらとしていて見た目は良い感じ。

本当に、はんてんみたいで可愛らしい!

肝心なのは中身!

049
ということで、目野ちゃんと同じように三角に包丁をいれます。

炊きたてのののこめしをアチチッと言いながら、切るのはとってもワクワクしちゃう。

弟たちが「おいなりさんだ!」と言い、それに対してかつてのパパと同じセリフを言う目野ちゃん。
なんだかほっこりするシーンです。

054
ののこめし、出来上がり!!

050
普段、炊事を担当している目野ちゃん。
こうして起きたらアツアツの朝ごはんが用意されていて、とっても嬉しそうです。

冷めないうちに頂くと‥
よかった!ごはんの芯もなく丁度良い加減に炊けています。

でも、色を見ても分かるように炊き込みご飯よりも薄味。
濃い味を勝手に想像しちゃって食べると、「アレ?」となってしまいます。

ちょっと物足りない、と思いつつも、食べ進めると素朴で、塩辛くもなく食べやすい感じ。
調べてみるとレシピによっては甘辛く濃い味にしているので、作る人・家庭によって違うのかもしれません。

目野ちゃんもこれからパパから教わるみたいだし、それぞれの家庭の味が引き継がれていくのってなんだか素敵。
水加減も分かったことだし、「我が家の味」に育てていく醍醐味がありそうです。

家族の成長を感じて、ほっこりとした一品なのでした。

「目野ちゃんパパの「ののこめし」 後篇」への2件のフィードバック

  1. ののこめし!地元の料理が出て来てビックリです。子どもの頃、よく母に作ってもらいました。
    今度、自分でも作ってみたいです。懐かしい料理をありがとうございます!

    1. ちな様

      コメントありがとうございます。
      地元の方に懐かしんで頂けるなんて、嬉しいです!
      素朴でとても滋味深いですよね。コメント頂いて久しぶりに食べたくなりました。

MaedaMiki にコメントする コメントをキャンセル