愛ちゃんのツヤぷる手作りプリン 前篇

〜ぷるぷる重視で の巻〜

今回作成するのは、アニメ「おじゃる丸」に登場する一品です。

おじゃる丸は、現代の日本に平安時代の妖精界の貴族の子・おじゃる丸がやってきて、普通の男の子カズマの家に居候をし、その生活の中で起こるドタバタを描いたお話。

ドラえもんに近い設定と思いきや、おじゃる丸はさすがやんごとなき貴族の子。
特にカズマを助ける為に現れたわけでもなく、むしろ面倒見の良いカズマ一家にお世話になっています。

移動は牛車、世話係の伝書ボタル・電ボを引き連れる姿はとっても優美。
平安時代を象徴するかのような、ゆった〜りしたおじゃる丸は、なんの役にも立たないけれど、それがなんだか良いところ。

いつもゆるゆるとした表情のおじゃる丸ですが、好物となると話は違います。
現代の日本に来て心奪われたのは、プリン!

最初はぷるぷるした形状を不気味に思ったおじゃる丸ですが、ひとたび口に入れるともうプリンの虜に。

「プリンは1日1個」と決められているほどの大好物で、作中のおやつといえばプリン。
オープニングやエンディングにも登場するほどの好物です。

居候している田中家でのプリンというと、カズマのお母さんの愛ちゃんが手作りしてくれています。
そのプリンは、ぷるるんとしてツヤツヤ。
スプーンでつつくと頼り気なしにたわむ姿は、おじゃる丸じゃなくても見る人を夢中にさせます。

プリンというと、大きく分けて2種類あります。
蒸して作るものと、ゼラチンで固めるもの。

どちらも好きですが、作中のツヤッツヤでぷるぷるな形状からして今回はゼラチンで作るタイプで再現してみます。

美味しいプリンの為に、いざ調理スタートです。

【用意するもの】
063
グラニュー糖、バニラエッセンス、牛乳、卵、ゼラチン

全卵で作るタイプと、卵黄のみで作るタイプがありますが、愛ちゃんのプリンは黄色みが弱く柔らかい色合いが特徴的。なので、今回は全卵で作ってみます。

067
まずはカラメル作り。
愛ちゃんのプリンはカラメルの色も薄めで優しい色合いなので、
以前にシンドリーちゃんの直置きプリンで作ったカラメルとはちょっと違う作り方にしてみました。

まずはフライパンに砂糖を入れ、中火にかけます。

069
ふちからじわじわと溶けてきます。

071
木べらなどで全体を軽く混ぜ、色がつくまで火にかけます。

073
気泡で見えづらいですが、飴色になりました。

076
この色の状態をキープする為に、一度火からおろして、お湯を加えます。

080
あとは再び火にかけて、お湯が溶けきったら出来上がり。
色が薄いと思った場合は、また煮詰めてお湯を加えて‥と同じ行程を行うと調整がききます。

085
熱いうちに、カップにカラメルソースを注ぎましょう。

カラメルソースの香ばしくて、甘く強い香り。
お菓子作りは作っている段階で良い香りがするのがテンション上がって好きです。

毎日作ってあげられるシンプルで、なおかつ美味しい愛ちゃんのプリン。
次回、「時代に抗え!」の巻に続きます!

コメントを残す