カフェ・コルジェットのシーフード・サーフボード 前篇

〜幻のクッキングアニメ! の巻〜

今回作成するのは、アニメ「ケチャップ」に登場する一品。
ケチャップはNHK敎育テレビで1998年に放送されたショートアニメです。

毎回5分間という短いアニメながら、オープニングのジャジーな曲や毎回登場する料理が奇想天外で夢中になったものです。

キャラクターは全員猫ですが、人間のように二足歩行をし、お喋りをします。

ピンクパンサーに似た海外独特のキャラクターデザインで、親しみやすいのにちょっと大人な雰囲気を醸し出していて、それが子供心をくすぐりました。

主人公のピクルスは、カフェ・コルジェットのウェイター。
彼を主軸として、毎回お店で起きるあらゆる出来事が、美味しそうなメニューと共に一話完結で繰り広げられる作品です。

悲しいことに、再放送の予定もなく、DVDやブルーレイ等のデータ化もされていません。
VHS化もしていないので、まさに幻のアニメ‥。

とても素晴らしい作品なのに、知名度も低く、映像がないのでその良さを広めることが出来ない歯がゆさがあります。

しかし!

なんと海外版のみ、VHSが存在します。

久しぶりに、英語版でケチャップを鑑賞することができました。
なので、解釈に誤りがあるおそれもあるのですが、聞き取れる範囲で楽しみました。
念願かなっての発見だったので、それは作ってみたくなります!

もちろん最初は、記念すべき第一話「カフェ・コルジェットのスター?!」。

お話は、カフェのオーナー、マダム・コルジェットがウェイターのピクルスやシェフ・グーラシュを「あなたたちはうちのスターだわ!」ともてはやしたことから始まります。

それを側目に見ていたウェイターのスカンピ。
「自分だって頑張っているのに、何があなた達はうちの店のスターだわ、だ!」とジェラシーを抱きます。

美味しいメインディッシュをサプライズで作って、マダムに自分の実力を認めてもらおうとするのですが、大失敗。
立ち込めた煙のせいでスプリンクラが作動し、お店は水浸し。
お客さんも水に流される大騒動になってしまいます。

そこに、買い出しから帰ってきたシェフ・グーラシュとピクルス。
ピクルスは機転を利かせ、「これは今晩のディナーのための演出なんです!」とお客さんに説明。

波を演出したのは、今晩のメインがその名も「シーフード・サーフボード」だから!
と、でまかせを言います。

これにはシェフ・グーラシュもビックリ。ピクルスとグーラシュは厨房に向かい、早速予定していたツナメルトを「シーフード・サーフボード」に仕上げる‥という流れです。

ツナメルトは、アメリカでは定番のホットサンド。
メルト=溶けるという意味で、とろけたチーズを意します。
マヨネーズで和えたツナとチーズのシンプルな組み合わせがシンプルに美味しい一品。

料理シーンでは、海外の瓶入りマヨネーズと、穴あきチーズを使っているのが印象的。
簡単なのに美味しそうでたまりません。

ということで、いざ!調理スタートです。

まずはマヨネーズ作りから!
以前、土方スペシャルで作成したマヨネーズですが、今回は海外のマヨネーズの味を模すのが目的!

ということで、作り方を変えていきます。

【用意するもの】
011
サラダ油、酢、砂糖、塩、粒マスタード、全卵

日本のマヨネーズは酸味が強く、卵黄のみを使用して黄色みが強いのが特徴。
海外のマヨネーズは酸味は控えめ、全卵使用で色が白っぽいのが特徴です。

ということで、卵は卵黄だけではなく全卵を使用。
酸味は控えめにして、代わりにマスタードで味を〆ます。

012
卵はカラザを除きましょう。

013
ボウルにサラダ油以外の材料をすべて入れます。

017
泡立て器でよく混ぜます。

024
ミキサーに持ち替えて、サラダ油を大さじ1〜2ずつ加えて混ぜていきます。

027
少しずつ加えて撹拌することが大事!
焦らず、必ず混ぜきってから継ぎ足します。

030
少しずつ、色が白っぽくなってきます。
液体から、ねっとりと粘性が強くなってくれば順調。

033
少しずつ加えては混ぜ、加えては混ぜ‥

036
出来上がり!

037
粒マスタード入りなのが手作り感が出て、良い感じ。
写真では分かりづらいですが、市販のものよりほんのり白っぽいです。

001
瓶はあらかじめ煮沸消毒しておきます。

004
中に水滴がついていない状態に、よく乾かしておくこと!

ビストロ・アニメシのレシピ 自家製マヨネーズの作り方 マヨネーズのレシピ 全卵で作るマヨネーズのレシピ
瓶に出来上がったマヨネーズを入れたら、冷蔵庫で保存します。

041
瓶に詰めると途端にそれっぽく見えますね!

手づくりマヨネーズの味もさることながら、これを焼いたらどうなるのかも気になる所。

次回、「満を持してエメンタール」の巻に続きます!

コメントを残す