ヨシュアさん作トマトタルト 後篇

〜トマト要素はここに加えることにした の巻〜

今回は前篇・中編・後篇の3部構成です。
前篇は→コチラ←
中篇は→コチラ←

023
タルト生地が焼き上がったら、あとは中をどうするかです。

作中で切り分けて食べているシーンでは、断面図が綺麗にでています。
固めにゼラチンで安定させた生のカスタードか、それとも焼いたクラフティか‥。

迷った挙句、トマトに艶のあり丸みのある状態を再現したいので、加熱は行わないことにしました。
ということで、カスタードクリーム作りスタート!

【用意するもの】
026
牛乳、砂糖、バニラエッセンス、卵黄、生クリーム、薄力粉

バニラエッセンスはバニラビーンズでも可です。
出来上がりにバニラの粒粒をなくしたいので、今回はエッセンスで。

028
牛乳にバニラエッセンスを加え、沸騰直前まで温めておきます。

029
卵黄と砂糖をボウルに入れ、泡立て器でかき混ぜます。

031
最初は卵黄の色が強いですが、

033
混ぜていくうちに白っぽく、もったりとした質感になります。

034
白っぽくなったら、薄力粉を加え軽く混ぜます。

040
薄力粉を加えたら、温めた牛乳を数回に分けて加えて、混ぜます。

044
牛乳を加えきったら、鍋に生地を注いでとろ火〜弱火で加熱します。
ダマが出来てしまわないように、スパチュラや木べら等で絶えずかき混ぜます。

046
最初はシャバシャバの状態ですが、じっくり混ぜて加熱していくと‥

048
生地を落とすとリボン状、もったりとした状態に仕上がります。

タルト生地の中に注ぐので、このカスタードは固めに仕上げましょう。

052
このままだとダマが入っていたりして食感が悪いので、茶こし等で漉します。

055
同じように、よく泡立てた固めの生クリームを作ります。

057
ボウルに入れたカスタードに生クリームを加えて、さっくり混ぜあわせます。
これでカスタードクリームの出来上がり!

059
タルト生地にカスタードクリームを注いで、スパチュラで全体をなだらかに慣らします。

062
あとは、砂糖漬けのトマトの水気を切って、タルトの中に埋めていきます。

063
軽くお箸で押し込むと、丁度良い埋まり具合に。

最後に、トマトにツヤ出しをしたいので、ナパージュ作りをしようと思ったのですが‥
トマトタルトと名乗らせておいて、トマト要素が砂糖漬けのトマトのみというのは寂しい。

077
ということで、ナパージュの代わりに、トマトの砂糖漬けの汁に蜂蜜を加えて最後のトマト要素!

078
刷毛で軽く塗ります。

087
これで、トマトタルトの完成!

093
カスタードクリームが緩かったり、切った時にトマトの断面を楽しみたい場合は、出来上がったタルトを冷凍しちゃっても。

アイスタルトにすると、トマトがシャーベット状になって爽やかさがアップして美味しい!

カスタードクリームは甘めにしたので、トマトの酸味が丁度良いアクセントになっています。
冷凍庫から出してすぐも美味しいけれど、少し溶け始めた頃のカスタードのとろっとなめらかな舌触りといったら!

ミステリアスな作品のイメージにも合う、品の良い味で、なんだか大人なお味。
紅茶はもちろんのこと、お酒にも合いそうな味でした。

ヨシュアさんのタルトは垢抜けてますね。
作る前は「やはりトマト(野菜)よりもフルーツで作ったほうが甘くて美味しかったです‥」という結論になるのではと心配していたのですが、このトマトならではの味が良い。

さすがパティシエ顔負けの腕前!と納得の一品なのでした。
他のケーキもまた作ってみようかな‥。

コメントを残す