ロボとーちゃんのピーマン100%炒め 後篇

前篇の「ふと思い立って」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜ロボとーちゃんの中身って? の巻〜

020
ピーマンを切り分け、あとは炒めれば出来上がり。

ロボとーちゃんの味付けや調味料って何なのでしょう。
というか、ロボとーちゃんが「おしおき」をすることになってから、このピーマン100%炒めを出すまでほんの数秒。

そしてシーンに出てくるピーマン炒めは、照りなどはあまりなく、軽く焦げたとてもシンプルそうなもの。

ロボとーちゃんにお料理機能が搭載されていても、体内にそれほど沢山の調味料はないような気がします。迷いますね‥
そして思い出した、ロボとーちゃんのエネルギー。

ロボットになってしまってから、家族のためにできうる限りのことをしようと頑張ったロボとーちゃん。
そしてロボとーちゃんが家のことをしてくれるので、ちょっと太り気味の妻みさえ。

ロボとーちゃんに「太った?」と聞かれ、「そ、そんなことないわよ〜」と、はぐらかそうとみさえが渡したのが「エクストラヴァージンオイル」。

ロボとーちゃんは大喜びで、「おいおい、こりゃご馳走だなぁ!」と言い、「お給料日だから奮発しちゃった」と和気あいあいするシーンがあるのです。

その後、トラブルが起き物語は佳境へと進んでいくのですが‥
もしかして、エネルギのオイルは料理に共通して使うのでは?と思いました。

022
というわけで、エクストラヴァージンオイル。

026
エクストラヴァージンオイルを熱したフライパンで、大ぶりなカットのピーマンから強火で炒めていきます。

030
全体に熱を通すように手早く回し、他のカットのピーマンも加えてざざっと炒めます。

024
あとは、傷みづらい調味料といえばコレ!うま味調味料。

034
ほかは塩胡椒でシンプルに味付けをし、炒めます。

あまり炒め過ぎるとピーマンのシャッキリした食感がなくなってしまうので、表面にツヤが出て軽く焦げ目が出たらOK。
シンプルですが、これこそピーマンが苦手なしんちゃんにはツライ調理法かもしれません‥。

036
あとは、コルクの鍋蓋をアルミホイルで包んで、ロボとーちゃんの手皿風に。

クレヨンしんちゃんの食べ物 ピーマン炒めを再現 アニメの食べ物を作る 前田未希のレシピ クレヨンしんちゃんガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのピーマン炒め ビストロアニメシ 漫画飯
「オシオキダ、ノハラ シンノスケ」

クレヨンしんちゃんの食べ物 ピーマン炒めを再現 アニメの食べ物を作る 前田未希のレシピ クレヨンしんちゃんガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのピーマン炒め ビストロアニメシ 漫画飯
「サァ、クエ。クエ、クウンダ」

好き嫌いをするのは良くない。
でも、ここで出る「おしつけることが躾じゃねえんだ!自分からやらなきゃ意味がねえんだよ!」という良いセリフがまさにそういうことですよね。

038
合計18個のピーマンを使用した、ピーマン100%炒め。
こりゃ、ピーマン嫌いには非常に酷な一品だと思います。

でも、味付けはピーマン嫌いではないのなら、シンプルでありながらも美味しいんですよ。
普段あまり使わないのですが、うまみ調味料って手頃で美味しくなって便利なものですね。

3種類に分かれたピーマンが、火の通りによって食感が代わり違う表情を見せています。

輪切りにしたピーマンは、火がしっかりと通り、とろりとした食感に。甘みが強調されています。
乱切りにしたピーマンは、一番親しみやすい丁度良い食感、青々しさ。
縦半分にしたピーマンは、ザクっとした食感にインパクトがあり、苦みが一番感じられます。

あらゆる方向からピーマン嫌いを責める恐ろしき調理法だったことが判明。
ピーマン好きとしてはノーダメージなので、意地悪く笑いながら食べました。

そうは言っても、これだけ食べると何だか昆虫にでもなったような気分に。
実際に食べるよりも、出来上がった瞬間のビジュアルがやっぱり最高ですね!

ちゃーんと「ごちそうさま」と言えるしんちゃん、とっても偉い!と思った一品なのでした。

コメントを残す