アラジンの盗んだパン 後篇

前篇の「中国?中東?どこのパン?」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜酸っぱくて、甘くて、素朴で の巻〜

019
一次発酵後、ベンチタイムを済ませた生地。

021
パンナイフで半分にカットします。

023
コッペパンのような形に整えて、二次発酵させます。

026
少しふっくらしたら、表面に軽く切り込みをいれます。

028
予熱したオーブンで、25分ほど焼きあげます。

ディズニーアニメアラジンのパン アニメに登場する食べ物の再現 アニメシ 漫画飯を作ってみた マンガ飯を作ってみた ビストロ・アニメシ 前田未希のレシピ
焼き上がり!

031
二つに割ると、中も良い感じに茶色!

034
黒糖をいれることで、香りに特徴が生まれました。
シナモンとの相性はとても良いです。

ブランパン独特の、素朴でザクっとした感じもしっかり残しつつ、黒糖によって中はふんわりしています。

黒糖は香りが良い具合に出ている程度で、甘みはかすかに感じられる程度。
ほんの少しのブランの酸味と香ばしさ、鼻を抜けるシナモンの香りがなんともエキゾチック。

パン単体では物足りないのでは?と危惧していましたが、香り高く存在感が強いので十分いけました。

アグラバーの人たちも、貧しい暮らしのなかではパン1つで満足感のあるものが良かったのかな?
珈琲やワイン、チャイがよく合いそう。

その日の体の調子によって、加えるスパイスに変化をもたらしてみても楽しそうです。
カルダモンに、クローブの香りも試してみたいかも!

色んな国と時間を経て出来上がった物語同様、様々なバックグランドを経た食べ物は美味しいですね。
登場するアグラバーの人々の食生活を垣間見れた一品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>