カテゴリー別アーカイブ: いただきもの

赤福・七月の朔日餅「竹流し」

DSC05899

伊勢名物・赤福の「赤福餅」は有名ですね。
お餅の上にこし餡を乗せ、伊勢神宮の五十鈴川のせせらぎを模した三筋の形が特徴です。

口当たりがよい餡に柔らかな餅が食べやすくて、普段あまり甘いものを食べない人でも食べやすい味です。
一口でぱくり、と食べやすく、「日持ちもしないしね‥」と言い訳して、ヘラでつい1つ、もう1つ‥と食べてしまいます。

でも、今回は赤福餅以外のおはなし。
朔日餅という存在をご存知ですか?

DSC05869

「朔日餅」は特定の菓子の名前ではなく、伊勢で毎月朔日(ついたち)に限って発売されている菓子のこと。

伊勢には、毎月1日にいつもより早く起きて、神宮へお参りをする「朔日(ついたち)参り」という習わしが残っています。
朔日餅は、そんな朔日参り帰りのお客さんに向けて作られた餅菓子。
毎月1日、月ごとに変わる餅菓子なんて、とても素敵ですね。

気になるラインナップはというと、よもぎもちにさくらもち、かしわもち‥と定番の菓子は勿論、聞いたことのない菓子もあり飽きない内容です。

今回は、7月の朔日餅「竹流し」を頂きました。
赤福餅に使用されている餡を使った、特製の水羊羹です。

DSC05872
箱を開けると、竹とご対面。
要冷蔵なので少し汗をかいていますね。

DSC05875
中には竹流しの説明書きと、竹串ときりのようなものが入っています。

そう!この菓子の一番の特徴は食べ方!

DSC05887
竹の底にきりを2箇所ほど刺し、穴を開けます。

DSC05888
硬いので、けがをしないよう注意。

DSC05891
穴を開けたほうを上にして、手のひらで穴を開けた面をぽんと叩きます。

DSC05895
そうすると、にゅっと水羊羹が‥

DSC05896
出てくる出てくる‥

DSC05897
にゅろんっと出てきます。

DSC05900
あとは好みの厚さに切りつつ食べるだけ。

水羊羹なので、つるりとした食感に、口で柔らかく崩れる食感が涼やか。
赤福とはまたひと味違った風情ある一品です。

ただ、竹の香りがしっかりとついているので、それが苦手な方は赤福氷とかの方が良いかもしれませんね。
食べるまでのプロセスを楽しめる冷菓です。

セレブ・デ・トマトのトマト蜂蜜

前回、セイントオクトーバーに登場するヨシュアさん作のトマトタルトを作成しました。

仕上がったトマトタルトは、スイーツとしてのトマトもあり!と思わせる出来でした。

そのまま食べたり、冷やしてカスタードをアイス状にしたりと楽しんだのですが、
実は、あるものを加えて楽しんでもいました。

099
それは、以前頂いたセレブ・デ・トマトのトマト蜂蜜。

セレブ・デ・トマトは高糖度トマトや特殊トマトなど、あらゆるトマトのスペシャリスト。
トマトの製産や加工食品も取り扱っていますが、一番有名なのは、表参道にある同名のレストランです。

レストラン「セレブ・デ・トマト」は、珍しいトマトフレンチ料理専門店。
こだわりのトマトジュースに、トマト加工品、料理に合わせたトマトを厳選した一皿一皿が素晴らしいお店だそうな。

一度は行ってみたいのですが、なかなか足を運ぶ機会がないのが悲しい現状。

そんな中、こちらで有名なトマト蜂蜜を頂きました。
お店でもバケットに添えて提供されていたりと実際に使われている蜂蜜で、味が気になっていつつ勿体無くて開けるタイミングを逃していました。

でも!トマトタルトといったら、まさにピッタリのタイミング。
念願叶って蓋を開ける日が来たのです。

094
トマトタルトに放射状にトマト蜂蜜をかけてみました。

色は優しい赤色で、とろみは少しサラッとした蜂蜜です。
直接舐めてみると、ケチャップとは違って、フレッシュなトマトの味がしっかり出ていました。
トマトの香りと酸味が広がり、そのあとに蜂蜜の甘いまろやかな味が包みます。

思っていたより主張しない味で、タルトには勿論相性が良かったのですが、他にも良いかも。
味は濃厚なのに、くどくなく、後味は綺麗です。

紅茶に入れてみたり、バケットに加えたり、料理に上手く使ってみたいな、とワクワク。
とっても嬉しい頂き物でした。

シンガポールみやげ

001
両親からシンガポール旅行の土産を頂きました。

現地のスナック菓子に、シンガポールのお茶の専門店TWGの紅茶、マンゴープリンにシンガポール独特のジャム「カヤジャム」に、シンガポール版やきそばの袋麺「KOKA」などなど‥

この寒い時期に、異国の温かい風を感じられる嬉しいプレゼントでした。

カヤジャムは食べたことがなかったので、また食レポをアップする予定です。
お茶もちょうど切れていたから楽しみ。
スナック菓子は、ダイエット中だけど食べちゃおうかしら‥と早速意思の弱さを発揮中。

今回の件に限らず、プレゼントを頂く時に最近ありがたく思うことがあります。

それは、料理研究家という私の職業を意識したチョイスのお土産を頂くということ。
仕事を始める前に比べてここ数年、食べ物や調味料、調理器具のお土産を頂く事が本当に多くなりました。

自分がまだ知らない土地の味や調理法はとても為になります。
そして何より、そういった心遣いをして頂けることに心が温まります。

実は、コラムでは紹介出来ていない面白いお土産がまだまだあります。
紹介しきれていないことに心苦しさがありますが、少しずつ、紹介していければと考えています。

色んな味を知って、よりクリエイティブになりたいものです!