カテゴリー別アーカイブ: おおかみこどもの雨と雪

コップ・カスタマイズ計画

前回、当ビストロではおおかみこどもの雨と雪に登場する美味だれ焼き鳥を再現しました。

ビストロ・アニメシ おおかみこどもの雨と雪 美味だれ焼き鳥の作り方 おいだれ焼き鳥のタレのレシピ おおかみこどもの雨と雪に登場する焼き鳥を再現 漫画やアニメの食べ物を再現
見た目はなかなかの出来だったのですが、実は不満が1つ‥

美味だれを入れるコップ、作中ではレトロな花模様がついているのです。
そのデザインが、母の青春時代を表しているとても大事なものに思えて、とても惹かれたのですが‥

探しても探しても、なかなかイメージに合うものがない。
たまにそれらしいものを見つけても、アンティーク品ということで目玉が飛び出そうなお値段。

コップは、デザインのほか、串を沈める為に高さも必要なので、捜索は難航。

どうしようか、諦めるべきかと思った時に閃きました。
「そうだ、作っちゃえばいいんだ!」と。

020
早速PCで、作中のコップを見ながらお絵かき。

家庭用プリンタで印刷できる、透明シールを購入し、いそいそと印刷!

019
あとはコレを貼ったら、思い描いていたコップの出来上がり。

の、はずだったのですが‥

シールが硬くて、上手に貼れない‥。
空気が入ってしまい、苦戦してテイク4までいきました。

なんとか悪くないかな?という出来になり、美味だれを注ぐと‥

美味だれの色に負けて、花模様がさっぱり見えません。
印刷の色が透き通りすぎていて、ほぼ透明。

ということで、悔しくも断念!無地のコップで公開という結果になったのでした。

せっかく途中まで上手に行ってたのに〜!という気持ちもありますが、楽しかったので結果オーライです。
料理以外にも、DIYの腕を上げたい!と思った回なのでした。

花の美味だれ焼き鳥 後篇

前篇の「美味だれ焼き鳥とは?」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜あれも、これも、こだわりたい! の巻〜

016
鶏もも肉とピーマンを刺したら、串は完成。

お次はこれを焼いていきます。

004
串は、お魚用のグリルでもオーブンでもOK。
今回は、より本格的に・より安全に作る為に、網焼きをチョイス。

ガスコンロの上に乗せる焼き網は、百円均一で購入。
焼き鳥は汚れやすいので、このお手頃価格で気軽に使い捨てできるのが魅力です。

006
網を弱火で温め、串を並べていきます。
ここで、塩をまんべんなく振っておきます。

009
時折ひっくり返したり位置を変え、火の通りがまんべんなくなるようにじっくり焼きます。
煙が目に染みるけど、鼻をくすぐる良い香り!

さて、いよいよクライマックス。
串を焼いているうちに、美味だれを作ります!

【用意するもの】
002
醤油、ポン酢、酒、タマネギ、リンゴ

モデルとなった信州上田の美味だれ焼き鳥は、家庭によってタレのレシピがあるそうな。

原作の小説には、「醤油やら酒やらぽん酢やらすりおろしたタマネギやらを混ぜ合わせて‥」とあるので、なるべくそれに従いました。

あとは、インターネットで販売されている美味だれの原材料をヒントに調合。
通常の焼き鳥の甘ダレとは、ちょっぴり違う味を目指します。

007
タマネギとリンゴ以外の材料を混ぜます。

012
タマネギとリンゴを擦り下ろします。

015
小鍋に材料すべてを入れます。

016
数分煮たら、出来上がり。
火を止めて冷まします。

あとはこれを、背の高いコップに注ぎ、お皿に串を並べたら‥

ビストロ・アニメシ 花の美味だれ焼き鳥 おいだれ焼き鳥 おいだれの作り方 アニメの料理再現 おおかみこどもの雨と雪
出来上がり!

022
一串取って、コップの中へ‥

023
美味だれにたっぷり浸します。

026
焼き鳥にツヤがかかって、なんとも美味しそうです。

美味だれが垂れてしまうので、慌ててパクリ。
普段の焼き鳥とは全く違う味。でもそれが美味しい!

タレがウマイ!
ポン酢の酸味が効いた、さっぱりフルーティーさがとても美味しいです。

食べる前は、「いつもの塩味や甘ダレに慣れていると、ポン酢風味のものは物足りないのでは?」と思ったのですが、そんなこと一切ありません。

すっきりとした味付けではありますが、味が薄いわけではないのです。
鶏肉の油が酸味で緩和されて、油っこさが中和されます。

つい食べやすくて、ひょいひょい手が伸びてしまいます。
027
食べるまでは、「焼き鳥にピーマン?」という所にも驚いていました。
ただ、食べてみてビックリ。

ピーマンのシャクっとした食感に、じゅわっとした甘みが焼き鳥にとても合います。
バーベキューのような感覚が楽しめて、これから焼き鳥の時にはレギュラー化しそうな予感です。

長ネギが苦手な人には、ねぎまの代わりにとってもオススメ。

花と「彼」の幸せな時間を共有できたような、小さな感激を発見した一品なのでした。