カテゴリー別アーカイブ: となりのトトロ

サツキちゃんの手作り弁当 LEVEL2 後編

前篇の「これをやらねば気が済まない の巻」をお読みでない方は、まずはコチラ

~ベランダ七輪再決行 の巻~

前編で無事に桜でんぶが出来上がったので、次はいよいよウグイス豆を作ります。

【用意するもの】
002
青えんどう豆

015
砂糖、重曹、塩

ここ3年ほど青えんどう豆は不作続きで、国産のものは特に数に限りがあるそうです。
輸入ものを使用する場合は、「マローファットピース」という名が青えんどう豆に該当します。

マローファットピースは国産のものよりも皮が厚いので、水に浸す時間をたっぷり取ると美味しい仕上がりになります。

003
まず始めに豆を水洗い。
表面の汚れがなくなるように、豆に傷をつけないように、丁寧に洗います。

005
洗い終えたら、豆がひたひたになるくらいの水をいれて一日置きます。

013
一日経過したところ。
しっかり一日浸すことで、豆が水分を吸収してシワのないふっくらした形になります。
目安としては、最低でも8時間浸すと良いです。

006

さて、豆の戻し作業が済んだところで、豆の調理を始める前にご飯を炊きます。

以前、響子さんの愛情弁当でも行ったように、炊く際、蜂蜜を一匙いれると炊き上がりがぐっと美味しくなります。

ご飯の支度ができたら、ウグイス豆の調理です。

014
一晩つけた水ごと、豆を火にかけます。

021
沸騰するまで待ちます。

022
沸騰したら、塩と‥

023
重曹を耳かき一杯程度、加えます。

重曹は豆を柔らかく煮る時の必需品ですが、入れすぎると味が損なわれるので注意です。

024
このまま、灰汁をとりながら弱~中火で15分煮ます。
豆は茹で汁が常にひたひたになるように時々水をさします。

033
茹で上がりは、実際に一粒食べて固さを確認。

034
ザルにあけて水気をきります。

043
空になった鍋を一度洗い、新しく水を注ぎます。

044
用意した半量の砂糖を加えて溶かします。

045
砂糖が溶けたら下茹でした豆を加え、弱火でコトコトと20分程度茹でます。
この時、グツグツと茹でると皮がはがれてしまうので注意。

009
豆を煮ている間に七輪の準備をします。

011
思ったより油が乗っているため、今回も煙がよく出ます。

今回は最初からベランダで行ったので、火災報知機の鳴る心配もありません。
防寒しなくても大丈夫な素晴らしい気候のもとで、落ち着いて行うことが出来ました。

019
めざしを焼き終えた頃に、ちょうどご飯が炊けました。

020
艶が写真でお伝えしきれないのが残念。
蜂蜜を入れるとつややかでベタつかない炊き上がりになるので、お寿司やお弁当にはオススメです。

026
ウグイス豆のスペースを残しつつ、ご飯を半分の高さまでよそいます。

028
お好みで、ごまをまぶして‥

030
お醤油を塗って‥

036
ちぎった海苔を乗せます。

038
最後にさっと上から醤油を塗ってなじませれば、のり弁の出来上がり。

041
上にご飯をよそえば、隠れのり弁の完成です。

ご飯はここで一旦置いて、粗熱をとります。

049
そうこうしている間に、豆を茹でてから20分が経過しました。
残りの砂糖を加え、更に15分ほど煮ます。

この時も、皮がはがれないように、火は弱火でコトコト。

055
最後に味を引き締めるために、塩をひとつまみ入れます。

057
液量が豆の半分程度になったら火を止めます。
まだひたひたな場合も、豆がほっこりと茹で上がっていればOKです。
あまり長時間煮ると、ウグイス餡になってしまうので注意です。

058
自然に熱を覚ましたら完成。
ふっくらして艶々のお豆は、とっても美味しそう。

ウグイス豆も出来上がり、あとは出来上がったおかずを盛り付けるだけ!

060
ご飯を押して、梅干しを入れるくぼみを作ります。

061
梅干しをセット。

063
ウグイス豆を空いているスペースに入れます。

ジブリ飯 ビストロ・アニメシ となりのトトロ サツキちゃん
そして桜でんぶをふりかけて‥

ジブリ飯 ビストロ・アニメシ となりのトトロ サツキちゃん
めざしを乗せれば‥

ジブリ飯 ビストロ・アニメシ となりのトトロ サツキちゃん
懐かしのお弁当の出来上がり!

46454096
「これ、メイのね」

今回のめざしは小ぶりなので、そのまま入りました。

手間暇かけた今回のサツキちゃんのお弁当ですが、皮肉にも、前回のほうが美味しそうに見えます。
それは、着色料の力が大きいかもしれません。

今回の手作り桜でんぶにも食紅を使用していますが、ほんの少量なので市販のものに比べて色は淡い仕上がり。
やはり色は食欲に大きな影響を与えるのだと驚きです。

071
それでも、不思議なことに食べると今回のほうが美味しいのです。

桜でんぶは砂糖を最低限に抑え、あの砂糖独特のジャリッという食感をなくしました。
鱈の身のほどよく弾力と磯のものの香りがして、鱈本来の美味しさを味わえます。

これならお魚が上手に食べられない小さな子でも美味しく食べられます。
淡い桜色も、目でお弁当を楽しむ大事な役目を果たしています。

もしもこれがくすんだ茶色だったら、メイちゃんの目は輝かなかったかもしれません。

ウグイス豆も、視覚で人を喜ばせます。
試しに一口食べてみると、旨い!

つやつやとした外側に、ほっくりとした柔らかい豆の食感。
甘くありつつも、ほんのりとほろ苦い春の味です。

豆本来の味がいきているので、ご飯や桜でんぶと一緒に食べてもまた美味しいです。

072
そうしてご飯を食べていくとたどり着くのり弁当。

ごまとお醤油に海苔。
そんな、ごくごくシンプルな組み合わせは、真新しくはないものの、人を安心させる美味しさがあるものです。

お醤油をハケで塗ったり、「グツグツじゃなくて、コトコト」と豆を煮ること。
蜂蜜を一匙いれたり、お弁当は熱を冷ましてから詰めていくこと。

そんな、ほんのひと手間や料理の基本は、優しいお母さんの気配を感じさせます。

お母さんが入院する前、サツキちゃんはお手伝いをしながら、こういう小さな大事なことを教わっていたのかもしれません。

素朴でありながらも、丁寧に教えられ、作られるお弁当。
健気なサツキちゃんに、今一度心が切なくなる一品なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

サツキちゃんの手作り弁当 LEVEL2 前編

~これをやらねば気が済まない の巻~

ビストロ・アニメシを始めてから早一年が経ちました。
おかげ様で、失敗あり反省ありではあるもののレシピも増え、スタート当時は予想できなかった展開も多々経験させて頂いています。

これからの更なる成長のために、反省の意を込めて過去のメニューを振り返る当ビストロ。
たった一年前だというのに、遠い昔のように懐かしく思うメニューがちらほら。

そんな中、特に目に留まったのは、となりのトトロのサツキちゃんの手作り弁当
ビストロ・アニメシ初めてのメニューです。

‥確かに見た目は悪くないけれど、改めて記事を読み返すと粗が目立ちます。
ご飯は蜂蜜を入れずに単に炊くだけ、桜でんぶもウグイス豆も出来合いのもの。

「何故作らない!?」と、気になり出すと、ムズムズ止まらないもので、自分たちに突っ込んでしまいます。

というわけで、今回は一年経ったビストロ・アニメシの腕の見せ所。
サツキちゃんの手作り弁当第二回目の挑戦のスタートです!

まずは念願の桜でんぶを作ります。

【用意するもの】
001
鱈、昆布、食紅、酒、砂糖

028
食紅はあらかじめ、水に溶いておきます。

002
鍋たっぷりの水に昆布を入れて、沸騰するまで火にかけます。

003
だんだんと昆布が水を吸って膨らんできます。

004
昆布は煮詰めるとえぐ味が出てしまうので、沸騰したらすぐに取り出します。

005
ここで鍋に少量の塩を入れます。

006
鍋に鱈を皮ごと入れ、2分ほど茹でます。

007
茹でている間にザルと濡れ布巾を用意します。
濡れ布巾はザルに被せておきます。

008
茹で上がった鱈をザルにあけます。

009
濡れ布巾を被せたザルごとボウルに入れて、水を注ぎます。

010
流水で身をほぐしていきます。

011
この時、骨や血合いを取り除いていきます。

012
皮も取り除いて、白い身だけが残った状態にします。

013
白い身だけになったら、あとは水が濁らなくなるまでよく洗います。

014
根気よく、頻繁に水を変えてもみ洗いして下さい。
ここで丁寧に洗うことで、魚臭さがなく口当たりの良い出来上がりになります。

016
血合いや骨が残っていないか、隈なくチェック!
指でこするようにすると、身もほぐれるし骨も確認できるし一石二鳥です。

018
身も細かくほぐれ、水が透き通ったらもみ洗い完了。

020
水を切ります。

021
濡れ布巾の端をつまんで、水気がなくなるまでよく絞ります。

022
絞り終えたら濡れ布巾を開けて、身を取り出します。

024
鍋に取り出した身を入れます。

026
そこに砂糖を加え‥

027
酒を注ぎ‥

029
食紅を注ぎます。

030
色にムラがないようによく混ぜます。

031
色が馴染んできたら、箸で混ぜながら弱~中火にかけます。

焦げないように火加減には気をつけ、よくかき混ぜます。
口当たりを良くするために、かき混ぜる時はお箸を複数使い、細かくなるように丁寧にかき混ぜます。

032
だんだんと水気が飛んで、ふわふわとしてきました。
ベチャッとした部分がなくなって、全体がふんわりとしたら火を止めます。

底に焦げ付きやすいので、火を止めてしばらくはかき混ぜ続けます。

あとは、粗熱をとって器に入れると‥

ビストロ・アニメシ 桜でんぶ 桜でんぶの作り方 サツキちゃんのお弁当 となりのトトロ ジブリ飯
淡い桜色が美しい、桜でんぶの出来上がり!

市販のものに比べて色が淡く、ほんのりとキツネ色。

そのきめ細かい仕上がりに、根気よくもみ洗いをした甲斐があった!と喜びつつも、料理はまだこれから!

次回、「ベランダ七輪再決行」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

キャラメルの都市伝説と、その真相

スタジオジブリ となりのトトロ ミルクキャラメル 作り方

当ビストロは、以前となりのトトロに登場するミルクキャラメルを作成しました。

モデルとなったのは、黄色いレトロな箱でおなじみの森永ミルクキャラメル。
作品の中にも、サツキちゃんが黄色い箱からキャラメルを取り出しているシーンがあります。

森永 ミルクキャラメル 12粒 (10個入)

再現するにあたって、出来上がりを似せるためにと表面に包丁で溝をつけましたが、あの溝は一体なんのためにあるのでしょうか?

今回は、そんな森永ミルクキャラメルの溝にまつわる話です。

調べてみると、様々な憶測があり、中にはこんな興味深いものもありました。

「キャラメルの原材料の一つである砂糖は、市場価格の変動が激しい。
そのため、砂糖が値上がりになれば、自然とキャラメルの一個あたりの単価も高くなってしまう。

キャラメルの値上げをするとなれば、今まで買っていたお客をがっかりさせてしまうし、売上が減ることも目に見えている。

それだけは避けなかればならないと、ここで溝が役に立つ。

砂糖が値上がりした際には、このキャラメルの溝を深くすることで、一粒の大きさを変えずに、分量を減らすことができ、原材料の価格変動に対応するのだ。

その証拠に、キャラメルの箱の裏には内容量がグラムではなく、粒で表記されているのだ‥」

つまり、「値上げ防止策」として、溝を深くしたり浅くしたり調整している、という説です。
やけに説得力がある話ですが、あくまで憶測に過ぎません。

この他にも、「キャラメルが包み紙にくっつきづらくするため」という説などもあり、果たしてどうなのか真相は謎に包まれるばかり。

ここは、いくら予想をしてもキリがないので、当ビストロでは今回、森永製菓お問い合わせ窓口に直接問い合わせてみました!

問い合わせをしてすぐ、さっそく以下のようなお返事がきました。

「キャラメルのギザギザ(溝)は、キャラメルを製造する際に付くものでございます。
キャラメルを作る際、ロープ状に伸ばして包装機に送り込むため、
機械に溝がないと滑ってしまいます。

そのため、機械には溝がついており、その模様がキャラメルに付きます。
価格の変動で溝の深さが変わるということはございません。

つまり、「溝は値段と容量に関係ない」ということが判明しました。

真相が分かってスッキリする気持ちもありますが‥どこか寂しい気持ちになる当スタッフ。

都市伝説は、真偽のほどはさておき、その伝説を疑いつつも想像させるところに夢があるものなのかもしれません。
「問い合わせにはこう返しているけど、実は‥」なんていうことがあったら面白いものです。

森永製菓様、こんなふざけた問い合わせにも丁寧に回答していただきありがとうございました。

引越しミルクキャラメル 後編

前篇の「ミルクだけど、ミルクじゃなかった の巻」をお読みでない方は、まずはコチラ

~失敗は成功の母?~

013
かき混ぜてかき混ぜて、粘りがでるまでじっくり煮詰めます。

014
粘りが出てきたら、水を入れたコップを用意します。
鍋から、ごく少量、生地をスプーンですくいとります。

015
すくいとった生地を水に浸し、すぐに固まったら出来上がりです。
まだ柔らかい場合は、煮詰めたりないので引き続き煮詰めます。

ここでも絶えずかき混ぜます。

016
ここで牛乳の登場。

煮詰めすぎて固くなりすぎてしまった場合、牛乳をひとさじ入れて混ぜれば、牛乳の分生地が柔らかくなり、やりなおしが可能になります。

硬さが丁度良くできた場合は入れなくても大丈夫ですが、慣れないうちは加熱しすぎてカッチカチになる可能性が高いです。

家庭で作るキャラメルは、どうしても硬くなりがちです。
ほどよい硬さになる瞬間を見極める加減が難しいので、煮詰めて粘りをあえて強くしてから、牛乳で和らげると失敗がありません。

019
写真は牛乳を加えてすぐのキャラメル。
沸騰をさせず、混ぜてすぐに火を止めるとこのように粘りが弱く液体に近い頼りない状態になります。

普通のキャラメルにするには加熱が足りませんが、この状態で冷やせば生キャラメルになります。

今回は普通のキャラメルを作るので、牛乳を混ぜ再び沸騰したら火を止めます。

017
油をひいたバットに注ぎます。

018
食べやすい厚みになるようにアルミホイルで壁を作り調整。
キャラメルにつかないよう気をつけて、アルミホイルやラップを上にかぶせます。

この状態のまま10分ほど置いて、粗熱をとります。

指で軽く押して、跡が残らない硬さになったら、バットからとりだし切り分けます。
完全に固まってしまってからだと切りづらいので忘れずに。

020
大きさはお好みで。

022
見た目を再現するために、包丁を軽く当てて溝を作ります。

溝を作り終えたら、冷蔵庫で10分ほど冷やします。

028
クッキングシートや薄い紙、セロファンで包めば出来上がり!

口にポイッと放り込んで食べると、まろやかで甘いキャラメルの風味でいっぱいになります。
コンデンスミルクの優しい甘みと、ほんのりと残る黒糖の風味。
見まごうとこなきミルクキャラメルです!

久しぶりに食べると、じんわり暖かくて懐かしい気持ちになります。

転がして飴のように口に含んで味わいつつ、もぐもぐと噛みしめて美味しさを食べ進める。
つくづく、キャラメルって飴でもガムでもない不思議な存在です。

作りたてのキャラメルは表面が乾燥していないので、全体的にしっとりとしていて美味しいです。

024
ついつい手が伸びては、無言で食べてしまうミルクキャラメル。
ティータイムとは違う、お菓子だけに思いを注いでいた「3時のおやつ」を思い出させる一品なのでした。

ひと粒でエネルギーたっぷりなので、細長くカットしてキャンディのように包むのもオススメです。
冷凍保存も可能なので、たっぷり作っても安心ですが、小ぶりで食べやすいので食べ過ぎに注意です。

サツキちゃん、メイちゃんは勿論、大人のお父さんも美味しく食べたのではないでしょうか。
一人だけもらえなかった引越しの運転手さんが、ちょっと気の毒。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□