カテゴリー別アーカイブ: ギャートルズ

マンモスの肉 後篇

前篇の「誰もが夢見る伝説のアニメシ」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~「原始人のスケールはケタ違い」の巻~

無茶やってしまい、見事に破けたお肉。
マンモスの肉 11

まさか新しく買いなおすわけにもいきません。
というか、買いなおしたところでまた同じことになりますね。

ではどうするか‥

マンモスの肉 12
いらなくなった針を使って、ちょっとしたオペを始めます。

マンモスの肉 13
タコ糸を針に通して、縫合。

マンモスの肉 14
一時はどうなるかと思いましたが、案外良い感じにまとまりました。
身がしっかりつくので最初からタコ糸で補強したり、チャーシューのように形作るのもいいかもしれません。

マンモスの肉 15
あとはこれを、先ほど玉ねぎを炒めたフライパンを熱して焼けば‥

焼けば‥

ここにきて。再び問題が発生。
フライパンよりも肉と骨の全長があって、思うように焼けません。
マンモスの肉 16
本家のメイキングを見ると、とても大きな鍋で作ってました。こんな意味があったのかと納得。

ここは半ば無理やりですが、肉をフライパンに押し当てて焼いていくことに。
niiku_01_17
フライパンからハミ出ない大きさの骨をオススメしますが、こうなってしまった場合はフライパンを煙が出そうなくらい熱して断面ずつ焼いていきます。

マンモスの肉 18
全体に焦げ目がついたら、アルミホイルに包んで保温します。

※もしも加熱具合が心配な場合は、オーブンで追加して加熱してください。
内側が60℃に加熱されればOK。
ばい菌は外気に触れた表面部分に繁殖するものなので、外側がしっかり焼けていれば大丈夫です。

マンモスの肉 20
アルミホイルで包み、肉汁が出ないように上からラップで包んでしばらく寝かせます。
形にこだわりたい場合は、真ん中をタコ糸で縛ってくびれを。

マンモスの肉 21
肉を焼いたフライパンに、皿に移しておいた玉ねぎを入れて加熱。
沸騰したら赤ワインを入れてアルコールが飛ぶまで加熱します。

マンモスの肉 22
途中、水気が飛びすぎたら水を足してください。
塩、こしょうで味を整えたらソースのできあがり。

野菜が気になる場合はザルやふきんでこしてください。
平気な場合はそのままで大丈夫です。

マンモスの肉 23
寝かせておいた肉の包みをはがします。

おこのみでブラックペッパーをまぶしたら、できあがり。
マンモスの肉 24

マンモスの肉 25
ガブっと食らいつき!

主食がこんな肉だったら、原始人生活も耐えていけそうですね。

マンモスの肉 26
ローストビーフなので、冷めていても温かくても美味しいです。
美味しいのはもちろんのこと、このシチェーションが楽しい!

マンモスの肉 27
大人数で食べるときは、この状態で出して皆で切り分けるのも盛り上がるかもしれません。

ご馳走のローストビーフも、たまにはこんな贅沢な遊び心をプラスすると、より楽しくなりそうですね。

今回の「マンモスの肉」の詳しいレシピは下記で掲載しています。


animeshi_00
ビストロ・アニメシ本店

はじめ人間ギャートルズ DVD-BOX (初回限定生産)
はじめ人間ギャートルズ DVD-BOX (初回限定生産)

マンモスの肉 前篇

~「誰もが夢見る伝説のアニメシ」の巻~

今回作成するのは、はじめ人間ギャートルズに登場するマンモスの肉。

アニメシといえば、誰もがイメージする一品がコレ。

「あんな大きなお肉にガブっとかぶりつきたい!」というわけで、作ってみました。

【用意するもの】
マンモスの肉 02
牛ブロック、粗挽き胡椒、すりおろしニンニク、粉末コンソメ、玉ねぎ、赤ワイン、ケチャップ、ウスターソース、骨(作りました)

骨は久しぶりにちょっとした工作をしてみました。
パジコ 手びねり乳白・400g
パジコ 手びねり乳白・400g
時間はかかりますが、こねて乾燥して焼くだけ。
紙ねんどをいじっているようなノスタルジックさを味わいました。

マンモスの肉 03
牛ブロックに、塩・こしょう・にんにく・コンソメをすりこみます。

フライパンに油(できればオリーブ油)をひき、にんにくを焼き揚げ。

マンモスの肉 04
にんにくがコゲる手前で、玉ねぎを投入して炒めます。

マンモスの肉 05
冷蔵庫に余っていたのでニンジンも投入。
野菜なら大抵なんでも入れて大丈夫です。これが、あとでソースになります。

マンモスの肉 06
「野菜炒めにするにはコゲてしまった」状態を目安に、火を止めて器に。

マンモスの肉 07
牛ブロックに、骨を入れる為の切り込みをします。

マンモスの肉 08
穴が貫通したら、骨を差し込み‥

なかなか入りません。
マンモスの肉 10

仕方ないので、もう少し幅を広めに切り込みを。
マンモスの肉 09

チカラワザで、ぐいぐい無理してみたところ‥

マンモスの肉 11
豪快に破けた。

せっかくの牛ブロックが、中途半端にベロンと広がり残念な感じに。

当初の予定としては、穴に骨を入れて焼き、加熱により穴と骨の間がギュっと圧縮されてハッピーエンドなはずが‥

あきらかに切り込み骨入れ作戦は、続行不可能。

お肉、どうやってくっつける?それとも何かで代用?無理無理!

次号、「原始人のスケールはケタ違い」の巻に続きます。