カテゴリー別アーカイブ: クレヨンしんちゃん

ロボとーちゃんのピーマン100%炒め 後篇

前篇の「ふと思い立って」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜ロボとーちゃんの中身って? の巻〜

020
ピーマンを切り分け、あとは炒めれば出来上がり。

ロボとーちゃんの味付けや調味料って何なのでしょう。
というか、ロボとーちゃんが「おしおき」をすることになってから、このピーマン100%炒めを出すまでほんの数秒。

そしてシーンに出てくるピーマン炒めは、照りなどはあまりなく、軽く焦げたとてもシンプルそうなもの。

ロボとーちゃんにお料理機能が搭載されていても、体内にそれほど沢山の調味料はないような気がします。迷いますね‥
そして思い出した、ロボとーちゃんのエネルギー。

ロボットになってしまってから、家族のためにできうる限りのことをしようと頑張ったロボとーちゃん。
そしてロボとーちゃんが家のことをしてくれるので、ちょっと太り気味の妻みさえ。

ロボとーちゃんに「太った?」と聞かれ、「そ、そんなことないわよ〜」と、はぐらかそうとみさえが渡したのが「エクストラヴァージンオイル」。

ロボとーちゃんは大喜びで、「おいおい、こりゃご馳走だなぁ!」と言い、「お給料日だから奮発しちゃった」と和気あいあいするシーンがあるのです。

その後、トラブルが起き物語は佳境へと進んでいくのですが‥
もしかして、エネルギのオイルは料理に共通して使うのでは?と思いました。

022
というわけで、エクストラヴァージンオイル。

026
エクストラヴァージンオイルを熱したフライパンで、大ぶりなカットのピーマンから強火で炒めていきます。

030
全体に熱を通すように手早く回し、他のカットのピーマンも加えてざざっと炒めます。

024
あとは、傷みづらい調味料といえばコレ!うま味調味料。

034
ほかは塩胡椒でシンプルに味付けをし、炒めます。

あまり炒め過ぎるとピーマンのシャッキリした食感がなくなってしまうので、表面にツヤが出て軽く焦げ目が出たらOK。
シンプルですが、これこそピーマンが苦手なしんちゃんにはツライ調理法かもしれません‥。

036
あとは、コルクの鍋蓋をアルミホイルで包んで、ロボとーちゃんの手皿風に。

クレヨンしんちゃんの食べ物 ピーマン炒めを再現 アニメの食べ物を作る 前田未希のレシピ クレヨンしんちゃんガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのピーマン炒め ビストロアニメシ 漫画飯
「オシオキダ、ノハラ シンノスケ」

クレヨンしんちゃんの食べ物 ピーマン炒めを再現 アニメの食べ物を作る 前田未希のレシピ クレヨンしんちゃんガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのピーマン炒め ビストロアニメシ 漫画飯
「サァ、クエ。クエ、クウンダ」

好き嫌いをするのは良くない。
でも、ここで出る「おしつけることが躾じゃねえんだ!自分からやらなきゃ意味がねえんだよ!」という良いセリフがまさにそういうことですよね。

038
合計18個のピーマンを使用した、ピーマン100%炒め。
こりゃ、ピーマン嫌いには非常に酷な一品だと思います。

でも、味付けはピーマン嫌いではないのなら、シンプルでありながらも美味しいんですよ。
普段あまり使わないのですが、うまみ調味料って手頃で美味しくなって便利なものですね。

3種類に分かれたピーマンが、火の通りによって食感が代わり違う表情を見せています。

輪切りにしたピーマンは、火がしっかりと通り、とろりとした食感に。甘みが強調されています。
乱切りにしたピーマンは、一番親しみやすい丁度良い食感、青々しさ。
縦半分にしたピーマンは、ザクっとした食感にインパクトがあり、苦みが一番感じられます。

あらゆる方向からピーマン嫌いを責める恐ろしき調理法だったことが判明。
ピーマン好きとしてはノーダメージなので、意地悪く笑いながら食べました。

そうは言っても、これだけ食べると何だか昆虫にでもなったような気分に。
実際に食べるよりも、出来上がった瞬間のビジュアルがやっぱり最高ですね!

ちゃーんと「ごちそうさま」と言えるしんちゃん、とっても偉い!と思った一品なのでした。

ロボとーちゃんのピーマン100%炒め 前篇

〜ふと思い立って の巻〜

今回作成するのは、映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」に登場する一品です。

クレヨンしんちゃんといえば、幼い頃からずっと観つづけている定番、そして安定のアニメです。
昔は教育上、下品で宜しくない等の批判を受けたこともありますが、最近映画は感動させられるものが多く評価が改められていますね。

昔よりも下品さや際どさが減ってしまったことは否めませんが、作風がガラッと変わったわけでもないのが長くに渡って愛される秘訣でしょうか。

今でも日課のようになっていて、なんとなく観つづけています。
毎週のアニメの日常ネタ系も好きですし、映画の感動・情熱要素が強いものも好き。

ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんは、2014年に公開された比較的新しい映画。
主人公、野原しんのすけのとーちゃん、野原ひろしが腰を痛めて入ったメンズエステから物語は始まります。

怪しげなエステで寝ている間にロボットに改造されちゃった!?
ということで、とーちゃん改め「ロボとーちゃん」と化した野原ひろし。

大喜びのしんのすけに反し、状況が把握しきれず拒否反応をしめす妻、みさえ。
ロボットの体になっちゃったことで、「家族」というものを見つめなおすキッカケになります。

そして物語は、ロボとーちゃんをそんな体にした怪しいエステの正体へと進んでいくのですが‥

紆余曲折あって、悪の組織と対峙した野原一家。
しんのすけが悪の首謀者に「カッコ悪い」と挑発をしたことで怒りを買い、記憶を初期化されたロボとーちゃんを使っておしおきをされるハメに。

コンピューターがはじき出した、野原しんのすけに対する最も残忍なおしおき。

それは、しんのすけの大嫌いなピーマンを山ほど食べさせることでした。

悪の組織側は、「えっ、それって効くの?」と呆れ気味です。
でも、野原一家の衝撃たるや。

みさえの発する「しかも、ひとかけらの肉もないピーマン100%炒め‥ッ!」というセリフが秀逸です。

ということで、なんだか山盛りのピーマン100%炒めのビジュアルを実際に見てみたくなりました。

レッツ調理!

【用意するもの】
005
山盛りピーマン。

006
ロボとーちゃんのピーマン炒めは、不思議なことに切り方が複数混ざっています。

縦半分にカットしたもの、乱切りにしたもの、輪切りにしたもの‥。

一体どういったプログラムでそうなっているのかは不明。
ピーマンをじっと見つめて考えます。

007
「もしや、火の通り方が大きさで違うから、それを解消する為?」とひらめき。

ひとまず、ピーマンを大・小の2つに分類しました。

008
まずは小ぶりなピーマンは火の通りが良いから、縦半分にカットする大きいカット法に使います。

010
手や包丁でヘタと種を取り、中の白いワタを取り除きます。

012
乱切り・輪切りにするものは、ヘタを指で押し込むと簡単に種もワタも引っこ抜けます。

013
先端と根っこ部分は、輪切りにするには形が良くないので斜めに切り落とします。
これが乱切り分。

017
輪切りする前に、ワタが残っていないかチェック。

018
残った部分を輪切りにして、カットが完成!

020
ロボとーちゃんは全自動で処理できるのだろうけれど、量があると手動では結構手間ですね。

019
でも、ピーマンは見事にピーマン本体と、種・ワタに分かれました。
少しも実を勿体無くすることない処理能力、さすがロボとーちゃん。

ピーマン炒めですから、あとはこれを炒めるだけ。

‥はて、あとはどこに特徴を出せば良いでしょう。
味付けはどうしようかな?しんちゃんのツライ味‥。

イジワルな妄想が膨らみつつ、次回、「ロボとーちゃんの中身って?」の巻へ続きます。

コーヒー専門店「Coffee部長」のカレー 後篇

前篇の「スパイスから作るのがホシノさん流!」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜こだわりが災いなカレーの味 の巻〜

オニオンペーストに、オリジナルのスパイス調合でカレー粉を作成して下準備はバッチリ。
いよいよ本格的にカレー作りに進みます!

【用意するもの】
001
バター、薄力粉

出来上がりのカレーはとろみがかっているので、ブラウンソースを作ります。

003
フライパンでバターを熱し、

007
バターが溶けきったら薄力粉を加えます。

011
焦げないように気をつけて、よく混ぜます。

013
香ばしく、茶色になったら出来上がり。火から下ろしておきます。

続いて野菜と牛肉を用いてスープと具の煮込みを行います。
【用意するもの】
016
黒ビール、赤ワイン、トマトペースト、擦り下ろしたニンニク・生姜、セロリ、ニンジン、牛肉

コーヒー好きなマスターですから、カレーにも苦味をちょいときかせたい。
隠し味にコーヒーというのは安直ですし‥
それならば、煮込みにもってこいの黒ビールはどうだ!という感じのチョイスです。

その分、赤ワインの量はデミソース程度の控えめです。

023
牛肉は大きめの一口大に切り、塩コショウをまぶしておきます。

025
オリーブオイルで擦り下ろしたニンニク、生姜を熱し香りを立てます。

029
両面こんがりと焼きます。

034
両面焼いたら、肉は一旦取り出します。フライパンはそのまま、セロリとニンジンを炒めます。

037
水を注ぎます。

040
トマトペースト、赤ワインを加えます。

042
オニオンペーストも加えます。

045
落し蓋をして、じっくりじっくり煮込みます。

051
ブラウンソースとスパイスを加え、もうひと煮立ち。
あまりにも水気がなくなったので、ブイヨンスープを少々加えました。

054
あとは塩を少々加えて味を整えます。
好みのこさになるまで煮込んで、寝かせて‥

ビストロ・アニメシ コーヒー部長のカレー クレヨンしんちゃんのカレーの再現料理 アニメの料理の再現 こだわりの本格カレー
出来上がり!
スパイスから調合したマスターオリジナルカレーです。

牛肉や野菜を赤ワインで煮込むのは欧風。スパイスにシナモンを加えたのが特徴の一皿です。

064
ということで気になるお味は‥

お肉は赤ワインと黒ビールでよく柔らかくなっています。
ニンジンも柔らかくて甘みがあり、セロリは綺麗に煮溶けています。

オニオンペーストが濃厚で、全体的になにか甘みを足したかのよう。

確かに、みさえの言う「家では出せない味」には出来たのですが‥
う~ん‥

美味しいか不味いかで言うと、美味しい部類ではあるのですが、食べて直感的に「ウマイ!」と言う感じではありません。

もしお店で「こだわりのカレー」という名前に惹かれて頼んだとして、確かにこだわった作りなんだろうな、と思いつつもリピートしない味というか‥

カレーとビーフシチューの間のような、ピリッとしない味になってしまいました。

マスターのこだわりは、そうやすやすと真似できないのだと痛感する一品になりました。
もっと骨付きの牛肉でビーフストックを出したり、濃厚にする必要がありそうです。

066
食後はやっぱりコーヒーを飲むのがこの回の醍醐味。

カレー好きとしては惜しい結果となりましたが、料理は失敗あってこそ!
次こそは店が繁盛する勢いのカレーを再現しようとコーヒー飲み飲み、心に誓うのでした。

コーヒー専門店「Coffee部長」のカレー 前篇

〜スパイスから作るのがホシノさん流! の巻〜

今回作成するのは、クレヨンしんちゃん「こだわりのコーヒーショップだゾ」の巻に登場するコーヒー専門店のカレーです。

舞台はコーヒー専門店「Coffee部長」。
ガランとした店内に一人、お客を待つマスターの語りから物語は始まります。

マスターのホシノコウヒイロウさんは、一流商社の部長のポストの座を蹴って、真のコーヒーを一人でも多くの人に味わってもらいたい!という夢を持って、この店をオープンさせたコーヒー好き。

オープンして記念すべき最初のお客さんとして訪れたのは、嵐を呼ぶ野原親子!
容易に想像できますが、この親子の登場によりマスターのこだわりや理想はブレていくことになり‥

コーヒーが到着するまでも一騒動あるのですが、それだけでは終わりません。

お腹が減ったしんちゃん。
何かフードメニューがないかマスターに声をかけます。

こだわりにこだわりを持つコーヒー専門店なので、砂糖も置いてなければ、本来はミルクもジュースも提供していません。
ということでフードメニューも一切ない‥のですが、しんちゃんが目をウルウルさせるもんだから断れない。

なし崩し的に、マスターが自分用に作っていたカレーを出してくれるのです。

喜んで一口食べるしんちゃん。
クレヨンしんちゃんには食べ物が登場するシーンは結構あります。

その度に小憎らしい感想を述べることが多いしんちゃんですが、このカレーは大絶賛!
その褒めように母みさえも一口もらうと、これまた大絶賛!

「家では出せない味」「本格的」「これを食べたら家でかーちゃんのカレーは食べられない」などなど。
マスターによれば、コーヒー然り、凝り性なもんだからスパイスから自分で買い付けて調合しているというこだわりっぷり!

そして幸か不幸か、このカレーがお店の今後に影響していく‥という流れです。

出されたカレーは少し色が深くて、見るからに本格的。
ちらほら見える具は牛肉のようなブロックと、人参のような具。
具だくさんというよりは本格的なルーを全面に押しているような感じです。

スパイスから作る凝り性なカレー‥作りたい!
ということで、調理スタートです。

【用意するもの】
002
タマネギ、オリーブオイル

こだわりのカレーということで、まずはカレーに入れるオニオンペーストを作ります。

004
タマネギは根気よく擦り下ろします。

006
オリーブオイルを熱し、擦り下ろしたタマネギを汁ごと入れます。

007
中火で飴色になるまでよーく混ぜます。

009
塩ひとつまみも加えます。

012
徐々に水分が飛んできます。
焦げ付きやすくなるので、よく混ぜます。

015
少し透き通ってきました。

018
最初に入れた量の1/3程度になったら出来上がり。
深い飴色になりました。

048
これでオニオンペーストは出来上がり。

次はカレースパイスの調合です!

【用意するもの】
029
カルダモン、クミン、シナモン、クローブ、ローリエ、オールスパイス、コリアンダー、ターメリック、チリパウダー、ブラックペッパー、ガラムマサラ、ガーリック

辛さや香りの調合は、ホシノさんの大好き「コーヒー」に相性の良いように考えてみました。
しんちゃんが食べるからって言って、辛さを抜いたりはしません!

035
粉末になっていないスパイスは包丁で砕きます。

039
フライパンにクッキングシートを敷き、全てのスパイスを乾煎りします。

041
焦げないように混ぜつつ乾煎り。

044
3分ほど経過すると、フライパンから煙が立つとともにスパイスの香りも立ちます。

049
色にも深みが増して、まさにカレー粉の香りがするのは小さな感激。
炒りたては市販のものよりも香りが濃い!

これは美味しいカレーになりそうと期待は高まりますが、ホシノさんのカレーはまだまだこれから。
さて、ここからはどうこだわりましょうか?

次回、「こだわりが災いなカレーの味」の巻に続きます。