カテゴリー別アーカイブ: ケロロ軍曹

チョコより「愛のいきなり団子」であります 後篇

前篇の「サツマイモをもらったら」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜この味は‥ の巻〜

前篇で団子に詰めるあんことサツマイモの下ごしらえを終えたので、お次は皮を作ります。

026
ボウルに小麦粉、塩を入れます。

027
水を注いで、耳たぶくらいの柔らかさになるまで捏ねます。

028
一言に「耳たぶくらいの」というと、分量が分からず粉と足したり、水を足したり‥と量が増えちゃいましたが、感覚で作るのは気軽で楽しいです。

032
包丁やパンナイフで等分します。

033
手でコロコロと丸めて‥

034
打ち粉をして麺棒で平べったくします。
手づくり餃子皮のよう。

切り分けた生地全てを、コロコロ丸めては平べったくしていきます。
ケロロ軍曹の作中では機械から出来上がったものが出てきたけれど、ここは手作業!
一生懸命作業しているモアちゃんの気分です。

005
そうこうしている間に小豆が炊きあがるので、お砂糖を半量加えて混ぜます。

007
全体を混ぜたら、残りの砂糖も加えて好みの硬さになるまで弱火にかけて出来上がり。

火からおろして味を落ち着かせます。
ちょうど生地を全て用意し終わる頃には、あんこも熱が取れました。

011
皮にまずはあんこを乗せます。

012
次に、水切りしたサツマイモ。

013
皮の端を摘んでまとめて‥

014
最後にきゅっと摘んで、封をします。

016
蒸す時に底がくっつかないように、アルミホイルやクッキングシートを底に貼ります。

015
ひっくり返して、この状態で蒸します。

017
今の時点では、団子というより、さらさらふっくらとしていてお饅頭のよう。
さて、蒸すと一体どうなるのでしょう?

蒸すこと20分。

020
皮から小豆が見えて、独特の外観に!

002
皺がちょっと怖い‥けれど、とにかく完成!

バレンタインにこれを貰ったら、先輩みたいにスンナリ喜べるかな?
ぱっと「これ旨いんだよな」という先輩の男気を感じます。

007
せっかくなので、蒸したてを頂きます!

皮がむっちりしていて美味しい!
こんなにシンプルな材料で、味気ないのでは?と心配だったのですが、十分です。

皮のほんのり塩味が、中のサツマイモとあんことの相性良く、素朴な美味しさを引き出しています。
蒸したてホクホクのサツマイモにあんこは、美味しくないわけがありません。

009
断面はこのような感じ。
今回はつぶ餡にしてみましたが、こし餡にしてもまた食感が変わって美味しそうです。

見た目は少々不格好になってしまいましたが、味には満足!
皮・あんこ・サツマイモ。
ひとつひとつには真新しいものはありませんが、それらが組み合わさると、実にお茶請けにぴったりのものが出来上がることを学べました。

‥そうは言っても、いきなり団子でバレンタインを専売作戦はむちゃすぎる!
物語はなんだかんだで皆ハッピーなので、良いのかな?

出来上がったいきなり団子はちょっと不格好になってしまいましたが、美味しいので結果良しということにしちゃいます。

しかしケロロ軍曹は好みが渋いなぁ‥とお茶をすする。
ついもう一つ‥と手がでる一品なのでした。

チョコより「愛のいきなり団子」であります 前篇

〜サツマイモをもらったら の巻〜

今回作成するのは、ケロロ軍曹に登場するいきなり団子。
ケロロ軍曹はカエルに似た宇宙人。地球侵略を目論み、毎回あの手この手の侵略作戦を練ります。

侵略する目的なのに、何故か人間の家に居候になるし、作戦もどれも可愛らしいもの。
居候先の夏美ちゃんに叱られたり、自爆したり‥

一話完結で楽しく笑わせてくれるギャグ漫画・ギャグアニメです。

さて、いきなり団子が登場するのはバレンタインデーの回。

ケロロ軍曹たちは、チョコレートの変わりに「ケロロ印のいきなり団子」を売り、一儲けしようという作戦に出ます。

何故、宇宙人のケロロ軍曹が熊本特産のいきなり団子を??という疑問は謎のままですが、とにかくケロロ軍曹の好物。

バーン!と工場に山盛りに積まれたサツマイモ・小豆・小麦粉。
なんだかギャグならではの無茶苦茶っぷりが印象的で、可愛らしい回です。

本来ならばバレンタインデーに作成するべきかな?と思ったのですが‥

山盛りのサツマイモを見て、ふっと食べたくなりました。

ということで、いざ!チョコの変わりになるいきなり団子に挑戦です。

【用意するもの】
002
サツマイモ・小豆・小麦粉。
工場のシーンのあのイメージを大切に。

今回は極力、作中のイメージ通りにいこうと思います。

003
ということで、工場で登場した3種のほかは、必要最低限の材料にします。
まずは、小豆用のお砂糖。

ケロロ軍曹は材料すべてを「熊本産!」と紹介しています。
なので、お砂糖もこだわってみました。
熊本は江戸時代からの製法で作られる黒糖が有名なので、ここは黒砂糖をチョイス。

024
そして生地用の塩のみで、作っていきます。

004
小豆は水洗いして汚れを落とします。

006
小豆が頭まで水をかぶるくらいの量のお湯を注ぎます。

009
一度強火で沸騰させます。

011
沸騰したら、一度ザルにあけて水洗い。アク取りします。

018
今度は小豆の量の3〜4倍のたっぷりの水を注ぎ、火にかけます。
沸騰したら蓋をずらして置いて、弱火でコトコト、柔らかくなるまで煮ます。

023
さて、小豆を煮ている間はサツマイモの下準備。
サツマイモの皮をむいて、1cm程度の厚みに切っていきます。

お次は団子の皮を作っていきます。
最近のいきなり団子は、小麦粉に上新粉や白玉粉を加えてもっちりとした食感にすることが多いそうです。

確かに小麦粉のみよりも、それらを加えたほうが失敗はなさそうなのですが‥

ケロロ軍曹の工場では、粉物といえば大量の小麦粉のみです!
ここは難易度が高くても、小麦粉オンリーでいかなければなりません。

ということで、次回「この味は‥」の巻に続きます。