カテゴリー別アーカイブ: ドラゴンクエスト

マーレのアンチョビサンド 後篇

前篇の「もちろんアンチョビも自家製よ!」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜ボルカノにサンドイッチを届ける! の巻〜

002
塩漬けしたイワシは、1ヶ月経過するとこんな感じに仕上がります。

003
イワシから水分が出てます。
この液体はナンプラーとして使えますが、今回は省略。

004
イワシをザルにあけて、塩を洗い流します。

006
見た目は干物みたいです。

007
内側もよく洗います。

009
背びれを取り、身を縦半分に割きます。
ここで汚れや鱗がないか、最終チェック。

010
キッチンペーパーで押し拭いて、水気をしっかり取ります。

013
あとは、瓶にオリーブオイルを注ぎ‥

018
一枚ずつイワシをオイルに浸し、外側から詰めていきます。

021
内側まで詰め終わったら、2段にしてOKです。

024
最期にローリエと、お好みで鷹の爪を入れて熟成!
1ヶ月冷暗所で寝かせたら、完成です。

オイルは冷蔵庫に入れると分離してしまうので、冷蔵庫に入れずに室内で保管です。

007
そして一ヶ月経過したものが、コチラ。
とくに見た目に変化はないのですが、蓋を開けるとオリーブオイルの香りから、アンチョビの香りに変化しています。

009
1つつまんでみると‥
単体で食べるには塩っ辛い、あのアンチョビの味がちゃんと出来ています!
出来立てというのもありますが、市販のものよりも、身がしっかりしています。

さて、ようやく出来上がったアンチョビを用いて、いよいよサンドイッチ作りです。

【用意するもの】
006
マヨネーズ、塩、コショウ、ピクルス、マスタード、ジャガイモ、トマト、茹で卵、スライスチーズ、クリームチーズ、イタリアンパセリ

003
あとはレタスと、

002
サンドイッチ用に耳を切ったパン。

この食材で、複数のアンチョビサンドを作ります。

014
まずは、刻んだイタリアンパセリと蒸かしたジャガイモをマッシュ。

016
マヨネーズ、マスタード、アンチョビを加えます。

017
よく和えたら、アンチョビポテトサラダの出来上がり!

020
マヨネーズを薄く塗ったパンにお好みでピクルスを入れて‥

021
トマト、

022
レタス、

023
ポテトサラダを乗せます。

026
そして、サンド!

027
斜めに切ったら、まず1つめが出来上がり。

031
次はアンチョビにあまり手を加えず、細かく切って入れます。

032
塩気を緩和する為に茹で卵やチーズを加え、サンドします。

034
最後は、クリームチーズを常温で柔らかくしておき、そこにアンチョビをプラス。

035
よく混ぜたら、アンチョビクリームの出来上がり。

036
パンにまんべんなく塗ります。

040
アンチョビポテトと同じように、お好みの具を加えて、サンド!

長かったですが、これでいよいよ‥!

マーレとボルカノのアンチョビサンド ドラクエ7のアンチョビサンドを作る アンチョビサンドのレシピ ビストロ・アニメシ
3種のアンチョビサンド、出来上がりです!
奥から、ポテトサラダ、シンプルアンチョビ、アンチョビクリームの順です。

見た目は結構悪くないかな?
では早速、実食‥!

アンチョビポテトサラダとアンチョビクリームは、アンチョビがとてもマイルドに仕上がっています。

アンチョビポテトサラダは、アンチョビの塩気、食感がイカの塩辛のよう。
ポテトとの相性が良く、今まで食べたことのないサンドイッチだけれど、美味しいです。
黒こしょうを効かせても良かったかな。

アンチョビクリームは、アンチョビとクリームチーズの相性の良さが全面に出ています。
塩気は完全に緩和され、お店で販売されているオシャレなサンドイッチに入っている味にちょっと似ているかも。
でも、少しパンチが弱いというか、味が大人しいです。パンチ役、主役になる食材が無いのが物足りなさの原因かもしれません。

最後に、アンチョビの切り身をそのまま使ったシンプルアンチョビ。
これが一番塩気の加減をしていないのでチャレンジだったのですが‥

これが一番美味しい!
面白いことに、偶然隣に入れたトマトがアンチョビの塩気で甘みを増すという効果を得ました。
ピリッと塩気のきいたアンチョビに、ジュワッと甘いトマト。
シャキシャキのレタスと相まって、とても良いバランスでした。

アンチョビが生かされた味なので、アンチョビ苦手な人やお子様は苦手かもしれません。
お酒に合いそうなサンドイッチで、ボルカノの好物というのも納得。

ポテトサラダとクリームチーズバージョンは、お家で家族3人が食べる時、子供である主人公用にはピッタリです。

シンプルアンチョビのアンチョビサンドなら、子供にお使いを頼んでも、途中でつまみ食いする心配もありません。

「お父さんはどうしてこれが好きなんだろう?」と子供が大人の味覚を不思議がる姿を想像することが出来る、微笑ましい一品なのでした。

マーレのアンチョビサンド 前篇

〜もちろんアンチョビも自家製よ! の巻〜

今回作成するのは、ドラゴンクエスト7に登場するアンチョビサンド。
ゲームを開始してすぐ、主人公が母親マーレからおつかいを頼まれます。

おつかいの内容は、父親ボルカノの元にアンチョビサンドを届けるというもの。
マーレから三角の形をした美味しそうなサンドイッチを受け取り、物語を進めていきます。

アンチョビサンドはマーレの得意料理で、ボルカノの大好物。
確かに、新鮮そうなレタスが挟まったそれは美味しそう。

サンドイッチにアンチョビを入れる‥。
普段作るラインナップとして、すぐには登場しない食材です。

でも、塩辛いのを上手く扱いさえすれば、美味しいサンドイッチになりそう!

ドラゴンクエスト7の世界は、主人公が住むエスタード島だけしか島がないと言われています。
ということは、お店もあることにはあるだろうけれども、自給自足できる部分はそうしているのかも。

特にすぐ目の前が海ならば、魚介類の調理が得意なお母さんが多そうなイメージ。
得意料理というからには、アンチョビを作る所からやってみましょう!

ということで、調理スタートです。

【用意するもの】
001
イワシ、オリーブオイル、塩

アンチョビは言わずと知れた保存食。
塩がまるで牛乳のように見える量を、惜しげも無く使うことが、失敗しないポイントです。

005
まずはイワシを水洗い。

鮮度を落とさないために、手をあらかじめ流水で冷やし、水を流したまま処理することをおすすめします。

006
鱗や血などを手で軽く撫でて、綺麗に流します。
この時に血溜まりの多いものや、傷の多いものは選別します。

011
頭の部分を切り落とし、下腹に切れ目を入れて内蔵を取り出します。
小ぶりのイワシは、キッチンばさみを使うと便利。

008
流水で内蔵を流し、指で腹を開きます。
柔らかいので簡単に開けます。

010
骨は首側から引き出すだけで、簡単に取れます。

012
骨を取り除いたら、最期に骨や血合いを綺麗に洗い流します。

013
これでイワシが捌き終わりました。

019
キッチンペーパーを敷いたバットに、イワシを間隔を開けて置きます。

しっかり水気を取るのも、アンチョビの成功ポイント。
上からもキッチンペーパーを被せ、軽く押して水気をよく拭き取ります。

さて!ここからは、塩にイワシを漬け込む作業です。

020
まずは蓋付きのタッパーに塩を敷いておきます。

021
イワシの腹に、塩を擦り付けます。
塩の量はイワシの大きさによって上下しますが、目安として身の色が見えなくなるくらい。

023
擦り終えたら、身をパタンと閉じます。

024
塩を擦り付け、身を閉じて‥の繰り返し。
タッパーに程よく並ぶ数を詰めます。

025
一段並べたら、上から塩をまぶします。

026
塩をまぶしたら、同じように魚を並べていきます。

027
再度塩をまぶし、また並べ‥を繰り返します。

029
大小で2つのタッパーに出来ました。

033
あとはこれを冷蔵庫で1ヶ月、寝かせます。

塩漬けに一ヶ月、そして次もまだまだ、時間のかかる作業が待ち構えています‥!

でも、時間はかかるけれども特に難しい行程はありません。
ちまちま、じっくり丁寧に作るアンチョビ。

その作業と、イワシからアンチョビに変わりゆく行程を見るのは結構楽しいです。

無事に美味しく出来ることを願いつつ、次回「ボルカノにサンドイッチを届ける!」の巻に続きます!

【キャラメシ】ぷるっぷるのスライムゼリー

012359

当ビストロは、名前の如く「アニメシ」専門店。

アニメの中に登場する料理を再現して食べる!というテーマの元ブログを更新していますが、記念すべき100記事目ということで、今回はアニメシ以外の料理にチャレンジしてみようと思います。

今回テーマにするのは、「キャラ弁」ならぬ、キャラメシ。

ターゲットは、数あるキャラクターの中でも人気の高い、ドラゴンクエストのスライムです。
ゲームをプレイしたことがなくても、スライムを知っている人は多いのではないでしょうか?

敵にも関わらず、愛くるしく癒される風貌。
最近ではコンビニでスライムの形をした肉まんが発売され人気を博しましたが、せっかくならば、あのプルプルさも再現したいところ。

というわけで、ぷるっぷるのスライムゼリーに挑戦です!

【用意するもの】
004
ブルーキュラソー、ガリガリ君(ソーダ味)、デコペン白・赤・茶、ゼラチン

033
ゼラチンをボウルに入れます。

035
そこに熱湯を注ぎこみます。

036
ゼラチンが溶け切るまで、よくかき混ぜます。

042
そこに、ガリガリ君の常温で溶けたものを注ぎ、よく混ぜます。

047
色付けにブルーキュラソーを入れてかき混ぜます。

055
ビニール袋に注ぎ込み‥

062
片方に傾けた状態で、鍋などの中にセロテープで固定して吊るします。

064
これで、反対から見た時にスライムの形が出来あがります。

074
スライムを冷やしている間に、スライムの色違いのスライムベスも作りました。
材料のブルーキュラソーとガリガリ君を、オレンジジュースに変えるだけです。

081
こちらも同じようにビニール袋に入れて鍋に固定します。

あとは冷蔵庫で1~2時間冷やすだけ!

085
プルプルの感触を楽しみつつ、ビニール袋からいよいよ取り出します。
先端は特にちぎれやすいので気を付けてビニール袋から剥がします。

087
とれました!
ツルンツルンで、色も綺麗です。

088
形はナイフで切って整えたり、端を中に折りたたむようにして微調整するとよりスライムの形になります。

092
形を整えている間にデコペンを湯せんにかけておきます。

093
あとは、デコペンで顔を書いていきます。

094
ゼリーが冷たくてすぐに固まるので書きやすいです。
失敗しても簡単に取り除いてやり直しが出来ます。

096
ただ、湯せんにかけすぎてチョコが緩いと思わぬ時にチョコが飛び出るので注意。

098
だんだんスライムの雰囲気が出てきました。
最後に口を書いたら、もう出来あがりです。

101
「ピキー!」

スライム ゼリー ビストロ・アニメシ
角度によってはハクション大魔王の壺にも見えますが‥

なんといってもぷるっぷるです。
この質感こそ、スライムの証拠?

火を遣わずに、混ぜて固めるだけの簡単レシピ。
ちょっといつもとは趣向が違いますが、ご家庭でお子様と一緒に出来る楽しいレシピです。

味も子供が好きなガリガリ君に、オレンジ。
お好みでオリジナルのスライムを作ってみてはいかがでしょうか?