カテゴリー別アーカイブ: ピノキオ

フィガロのスモークサーディン 後篇

前篇の「あの魚は何だ!?」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜この色なのか!? の巻〜

019
保冷用の袋にイワシをスパイス類と入れて、冷蔵庫で寝かせました。

022
時間が経ったら袋から取り出し、水で洗い流します。

023
キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

そしていよいよ、燻製!
なのですが、その前に‥

024
イワシの口にオリーブをくわえさせたいのですが、口のパーツがちょっとイメージと違います。

026
ということで、キッチンばさみで切り取りました。

033
ブラックオリーブをくわえさせます。

034
燻製網に、イワシと、オマケに燻製したいチーズを乗せます。

031
スモークパンに専用皿とアルミ、チップをセット!
まずは食材を入れずに着火し、煙を充満させます。

煙が充満したら、食材を入れて燻製開始。
今回は気軽に出来る熱燻なので、中火で15分ほどです。

038
待っている間に、上に乗せるレモンにひと手間かけることに。
フライパンにバターを熱し、輪切りレモンを入れます。

040
少し焦がしたらひっくり返して、レモンソースの出来上がり。

レモンソースを作ったり食器を洗っていると、次第に燻製の香りがしてきます。
アウトドアな気分で楽しくなりますが、室内用のスモークパンと言えども結構煙くなります。換気は必須!

042
さて、燻製が終わりました!

045
ちょっと干物に似た外観。
うっすらと黄金色に仕上がりました!

043
チーズもスモークされて美味しそう。

049
あとは、お皿にベビーリーフ等を散らしてイワシを乗せます。
イワシの上に、レモンソースとレモン、バターを乗せれば‥

ビストロ・アニメシ ディズニーの食べ物を再現 フィガロの食べている魚 スモークサーディンのレシピ ピノキオ 魚の燻製の作り方
出来上がり!

ビストロ・アニメシ ディズニーの食べ物を再現 フィガロの食べている魚 ピノキオ スモークサーディンのレシピ 魚の燻製の作り方
早速頂くと‥

これはとっても美味しい!!
食感は、焼き魚と煮魚の中間と言ったところでしょうか。

外側は燻されて皮がしっとり、ぴんと張ってしっかりとしています。
身はフォークに刺しても崩れませんが、口に入れるとほろほろと崩れる柔らかさ。
とても良い食感です。

何と言っても驚きなのは、臭みが一切ないこと。
雑味がなく、魚本来の味が燻製によってぐんと引き出されています。

下味が全体によく染みているので、そのままでも十分美味しい。
レモンとバターを塗って食べると、これまた美味しいです。

味が全くくどくないので、食事としても良いし、お酒にもピッタリです。

これならフィガロも絶対に喜んでくれる!と思いましたが‥
魚の見た目の横幅が、イメージより足りないのが残念。

魚の燻製があまりにも美味しくてクセになったので、「コレだ!」と思える魚を探してまた挑戦しよう!と思った一品なのでした。

美味しかった!

フィガロのスモークサーディン 前篇

〜あの魚は何だ!? の巻〜

今回作成するのは、ウォルト・ディズニーのピノキオに登場する、フィガロが食べそこねたご馳走。

ピノキオは、時計職人ゼペットによって作られた人形。
一人寂しく暮らすゼペットは、ピノキオが本当の自分の子供だったら‥と星に願います。

妖精によって夢が実現となり、命を吹き込まれたピノキオ。
でも、喋ったり動いたり出来ても、体はまだ人形のままです。
これから善悪を知り、「正直で優しい子になれば」、その暁には本当の人間になれます。

生まれたての魂のピノキオは、怪しい誘惑にすぐ耳を傾け、危うくて仕方ありません。
「今夜はピノキオのお祝いをしよう!」と学校へ送り届けたゼペットですが、悪い大人にそそのかされたピノキオがその日帰ってくることはなく‥

今回のご馳走は、そんなピノキオを待つ夜の食卓。
思わぬ形での待望の子の誕生。ゼペットは大張り切りして、ご馳走を用意していました。

その中で特に印象深いのが、フィガロの為に用意された魚料理。
フィガロは、ゼペットが可愛がっている猫ちゃん。
猫なのに、じゅうじゅう焼ける音の魚を前に、椅子に座って、ナプキンをつけて、お利口におあずけしています。

その姿が可愛くて、そしてバターとレモンが乗った黄金色の魚が美味しそうで美味しそうで‥

一体なんの魚なのか分からないのですが、試しに作ってよう!
黄金色は、燻製することで再現出来ないかな?と目論んでいます。

ということで、久しぶりの燻製にワクワクしながら、調理スタートです。

【用意するもの】
001
イワシ、タマネギ、ローズマリー、ローリエ、シナモン、ナツメグ、砂糖、塩、黒コショウ

作中の魚料理を確認すると、魚には斑点が入っています。
フィガロとのバランスを考えて、大きさを推測してみた結果、まずはイワシで挑戦。

004
まずは流水で表面のぬめりと鱗を取ります。

005
お腹に包丁で一本線を入れます。

006
内蔵を全て取り出します。

009
お次はエラ取り。
魚のエラ部分を開くと、ヒダのようなものが複数あるので、それを掴んで取ってしまいます。

アユやイワシは手で簡単に取れます。取りづらい場合は、包丁やキッチンばさみで根本を切ると簡単です。

010
エラを取り除くと、中は写真のように空洞になります。
水でよく洗って血が残らないようにします。

011
腹ビレはキッチンばさみで切っちゃいます。

012
下処理を終えたら、キッチンペーパーで水気をよく拭き取ります。

013
外側両面と、内蔵を取り出した内側に、砂糖を擦り込みます。

014
塩も同じように、全面に擦り込みます。

015
シナモン、ナツメグ、黒コショウ、ローズマリーをまぶします。

今回スパイスはあるもので作りますが、お好みのものでOKです。

017
食品保存用の袋にスパイスや、ドリップした汁ごと魚を入れます。
ここで、輪切りしたタマネギとローリエも加えます。

019
封をしたら、冷蔵庫に入れて1時間ほど寝かせます。

燻製は今まで肉類が多かったので、お魚の燻製の出来上がりはとても楽しみ!
ソミュール液などを使わずに、まずは簡単な手順にしてみたので、きっと失敗はないはず。

とはいえ一体どうなるのか、ワクワクしつつ心配。

次回、「この色なのか!?」の巻に続きます!