カテゴリー別アーカイブ: ライオンキング

視覚は食欲を制御し味覚をも破壊する

ブログで味を伝えるというのは非常に難しく、私たちスタッフもヤキモキしたり、安堵(?)したりします。

人間の情報を得る為の感覚は、視覚が83%、聴覚が11%、臭覚3.5%、触覚1.5%、味覚が1%と圧倒的に視覚が強く、見た目が如何に大切かという事を物語っています。
「料理はまず目で味わう」という言葉の裏付けでもありますね。

私たちが作ったコレ
ハクナマタタ
昆虫グミは、味わいを拒絶します。
私は、このグミを撮影翌日に試食する羽目になったのですが、第一印象「うわっ・・」でした。

黒々と光るボディ、ブツブツ感、半透明な羽。とても口に運ぶ気はおきませんでした。
作った当人も、殆ど手を付けておらず、ほぼ撮影後の形状を保っていました。

手に持つのも嫌なのですが、試食を強いられ、しかも、これが一番味的には美味しいと、茶色いヤツを渡されました。
見た目、巨大なゴキブリですよ。はっきり言って。

驚いた事に、全く手が口に持っていこうとしないのです。
芸人さんがテレビでバンジージャンプの前に「躊躇する事30分」とか見てて、何故そんなにかかる?とか思っていた私でしたが、実際にそういう状況に置かれると、その気持ち分かります。

意を決して口に運ぶのですが、味がしないのです。感じようとしないというべきなのでしょうか。
普通のコーヒーゼリーの筈なのですが。
しばらくすると味はするのだけれど、決してコーヒーゼリーとは思えない感じでした。視覚が完全に味覚を圧倒している感じでしょうか。

川越シェフがドヤ顔で作っても、チョイ足ししても、きっと昆虫グミは美味しく感じられないんだとうな、と思いました。

虫でも食べてハクナマタタ! 後篇

前篇の「食べたくないけど食べてみたい」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

~わかっていても躊躇する~の巻

さて、グミやゼリーが出来あがるのを待つ間に、他の作業をします。
ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
虫の型紙と、ハサミ、レモンの皮を用意。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
はさみでカットして虫のパーツを作成します。

もしもこの部分も食べられるようにしたい場合は、コアントローなどリキュールで砂糖と煮て下さい。
今回はこのままの状態で使用します。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
グミ完成。容器からそれぞれを取り出します。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
まずはオレンジを適当にカット。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
形を整えて、2匹虫を作ります。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
チョコレートをかけて、よりリアルにしてみたりしても。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
コーヒーゼリーとココアグミを用意します。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
ココアを頭、コーヒーを体に見立てて、形作り。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
そこに現れるトマトゼリーさん。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
テントウムシの斑点のように、上にトッピング。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
薄くしたコーヒーゼリーを上に被せれば出来あがり。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
余ったコーヒーゼリーやトマトゼリーでもう一匹。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
デコペン(緑)で模様を描いてみても楽しいです。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
プルンプルンで綺麗なブルーキュラソーはそれぞれの刺し色に使います。
レモンの皮にカットした状態で乗せてみたり、虫の表面に乗せてください。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
ブルーキュラソーと同じように、メロンソーダもコーヒー、ココア類の表面の仕上げに使います。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
牛乳ゼリーの上にレモンの皮を置き、その上にレモングミを乗せて形に合わせてカットます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
余ったレモンゼリーは細くカットして、オレンジの虫の表面の仕上げに。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
デコペン(チョコレート)を湯せんにかけて、触手を描いたり、目を描いたり。
お好みでレーズンで大きな目にしても。

バラゼリーは柔らかいので形を整えて目をかけば出来あがり。

再現にこだわらなければ、自分で好きな形を作っても勿論OKです。

さて、全部の形作りが完成したら、大きな葉っぱを綺麗に洗います。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
葉っぱに盛りつけたら、出来あがり。

コーヒーやココア類がグロいです。

ポップな色合いにしました。
あくまでライオンキングのなかの虫の再現で、現実世界の虫を再現を目的とはしていません。

が、出来あがりは、「悪ふざけが過ぎた」と認めざるを得ない結果に。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
‥何故でしょうか。

普通の形で作ったならば美味しいこと間違いないはずのオレンジ味ですら、食べるのを躊躇してしまう。
葉っぱの上に置いたことで、余計にコーヒーの黒光りが際立ちました。

内蔵したトマトゼリーがまた良い仕事をしてますね‥。

シンバのように、とてつもない抵抗感を抱きながらの試食タイムとなりました。

味も気になるところですが、今回はやはり、味とは別のところに目が行く結果となりました。

一番パンチある存在感を発していたのは、本来オーソドックスな味のコーヒーゼリー。
黒光りはいけませんね‥。

結論として、「食べ物は見た目がとても大事!」と感じたレシピでした。

気になるそれぞれの味は、今後コラムにて検証・掲載です!

すぐできる昆虫 ヘラクレスオオカブト
すぐできる昆虫 ヘラクレスオオカブト

虫でも食べてハクナマタタ! 前篇

~食べたくないけど食べてみたいの巻~

今回作成するのは、「ライオンキング」に登場するカラフルな虫たち。

群れから逃れて、自由気ままな生活をするためには環境の変化に順応することが必須。

プンバァやティモンに勧められて、肉食から虫食へと、今までと違う生活の一歩へとなるシーンです。

もちろん実際の虫を食べるのではなく、シンバの「のどごし‥爽やかだね!」という味わいと見た目の再現に緒戦です!

【用意するもの】
ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
砂糖、粉末ココア、粉末コーヒー、メロンソーダ、ブルーキュラソー、カットトマト、オレンジジュース、レモン、デコペン、ゼラチン、レーズン、バラのジャム、牛乳

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
オレンジジュースに砂糖を入れて混ぜます。

004
レンジでチンして温めたら、ゼラチンを入れてよく混ぜます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
容器の内側にまんべんなくサラダ油を塗ります。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
容器に液体を注ぎこみます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
蓋をして粗熱をとり、熱が冷めたら冷蔵庫で冷やします。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
粉末ココアに砂糖を入れます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
お湯を入れてよくかき混ぜ、ゼラチンを加えてよく混ぜます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
同じように容器に注ぎます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
砂糖入りのコーヒーを作り、そこにゼラチンを入れてかき混ぜます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
これもまた同じようにタッパーに。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
薄すぎるとコーヒーの黒い色が損なわれるので、ほどよく大きいタッパーに入れて下さい。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
カットトマトに砂糖を加えます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
お湯を注ぎ、ゼラチンを加えてかき混ぜます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
トマトはスプーンで軽く潰す程度でOKです。
ある程度トマトの身は残しておいて下さい。

同じようにタッパーに入れて、冷蔵庫で固めます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
バラのジャム登場。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
お湯を注いでジャムを溶きます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
ゼラチンを加えて、よく混ぜたら同じようにタッパーに入れます。
タッパーは小さめのものに入れ、粗熱をとってから冷蔵庫で固めます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
ブルーキュラソーを用意。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
お湯を入れてゼラチンを加えかきまぜます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
よく混ざったら、これもまた同じ要領で固めます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
メロンソーダはレンジでチン。
温めた時に炭酸が抜けます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
砂糖、ゼラチンを加えてよくかき混ぜたら、またまた同じ要領で冷蔵庫で固めます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
牛乳をレンジでチン。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
砂糖、ゼラチンを加えてよくかき混ぜます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
サラダ油を塗った小ぶりの器に入れ、同じ要領で冷蔵庫で固めます。
表面にラップをかける場合は液体に触れないよう注意してください。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
同じ作業が延々と続きましたが、ここでレモン味を用意する時に皮を残しておくように注意して下さい。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
レモン汁をレンジでチン。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
砂糖、ゼラチンを加えてよく混ぜます。

ビストロ・アニメシ ライオンキング ハクナマタタ 虫を食べる
仕上げのコーティングに使うので、バットなど薄く広い状態で固められるものに注いでください。
これも同じ要領で冷蔵庫で固めます。

これで全てのパーツの準備が完了!
あとは固まるのを待って、仕上げをするだけです。

今回は、混ぜる・レンジでチンするだけというとても簡単な調理。

ゼラチンの量で、簡単にグミとゼリーが出来ます。

せっかくカラフルな色合いなので、普段食べたことのない味を何個か作ってみましたが、そのお味やいかに?

次回、「わかっていても躊躇する」の巻に続きます。