カテゴリー別アーカイブ: 千と千尋の神隠し

ハクの塩むすび 後編

前篇の「ごはんを炊こう」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

~まじないは手塩 の巻~

チリチリ、パチパチという音が聞こえる土鍋の火を止め蒸らすこと15分。
香ばしい香りが食欲をそそります。

028
無事に炊けてるか、どきどきしながら蓋を開けると‥

033
炊けてます!

040
しゃもじで混ぜて、余分な水分を飛ばします。

お米の一粒一粒がふっくら光っていて、とても美味しそう。
おこげもしっかり出来ています。

045
熱いうちにお茶碗によそいます。

050
お茶碗を軽くゆすって、ご飯をまとめておきます。

塩むすびはご飯を炊くときに塩を入れる作り方、炊いてから手塩で握る作り方など人によって様々。
今回は、ハクが千尋が元気になるようにまじないをかけた姿を想像して、手塩で丹精込めて握ることにしました。

054
美味しい荒塩をひとつまみ。

056
お水を入れたお椀に、塩をつまんだまま指先を浸します。

059
塩を掌に馴染ませます。

060
あとは、掌にご飯を乗せ‥

062
あちち、と熱さに耐えながら、形を整えていきます。

065
三角にきゅっきゅっと握ります。
ご飯粒が潰れない程度に、でも型崩れしないようにしっかり握ります。

070
握り終えたら、仕上げにもう一度掌に塩を馴染ませ、表面を撫でます。

073
ご飯が冷めないうちに、どんどん握っていきます。

熱くて掌が赤くなるけれども、塩むすびを握るなんて久しぶりで、それすらも楽しい。

083
出来上がったら、お皿に乗せて冷まします。

094
あとは、竹の皮に包めばいよいよ出来上がり。

スタジオジブリ 千と千尋の神隠し ハクの塩むすび アニメのご飯再現 ハクが千尋に作ったおにぎり
「お食べ、ご飯を食べてなかったろ?」

101
「千尋の元気が出るようにまじないをかけて作ったんだ。お食べ」と、出来上がった塩むすびをひとつ差し出します。

そっとかじると、口の中ではらはらとほろけるお米。
時折入っているおこげが、これまた嬉しい。
塩も時間を置くことで、尖りがなくちょうど良い具合に馴染んでいます。

冷えていると、お米の炊きあがりの良さがより表れる気がします。
ひんやりとしたお米は、ふっくらつやつや。
芯があって、噛みしめれば噛みしめるだけお米の美味しさを感じることができます。

塩味だけの素朴なものが、どうしてこんなにも美味しいのか不思議です。

土鍋で炊いたことが勝因ですが、でもやっぱり、一番の美味しさの秘訣は、手塩で食べる人の喜ぶ顔を思い浮かべながら作ることかもしれません。

千尋が大粒の涙を流したように、食べる人をそっと包んでくれる優しい味です。
作る人の心まで優しくなる、そんな素敵な一品なのでした。

ハクの塩むすび 前編

~ごはんを炊こう の巻~

久しぶりのアニメシは、千と千尋の神隠しに登場するハクの塩むすび。

神々の世界に迷い込んでしまった千尋。
塩むすびが登場するのは、両親を豚にされてしまい、わけも分からぬまま湯婆婆と契約をし、生き延びた翌朝のことです。

この世界での初めての味方ハクに呼ばれ、豚になった両親の安全を確認した千尋。
元気のない千尋の為にと、ハクから塩むすびを差し出されます。

竹の皮で包まれた、真っ白な塩むすび。

最初はほんの一口、そして堰を切ったように涙をこぼしながら頬張る千尋。
信じられないような一日を現実と自覚し、小さい体で生きようとする姿。とても印象に残ります。

千尋が元気になるようにまじないをかけた、塩むすび。
海苔もなく、具もないおにぎりがどうしてあんなに美味しそうに見えるのでしょうか?

ということで、調理スタート!

まずはご飯を炊く所から、楽しみます。
炊飯器で炊いて握るのは味気がないし、ハクのイメージでもありません。

そうして辿り着いたのが‥

炊飯 ご飯土鍋 3合炊き 万古焼
このご飯用の土鍋。
作品の雰囲気にも合う!ということで、買ってしまいました。

今まではずっと炊飯器だったので、土鍋での仕上がりが楽しみです。

【用意するもの】
001
お米

036
昆布

052
お塩

014
お米を研ぎます。
お米はすぐに吸水をするので、水をつけたら素早く、力を入れすぎずに研ぎます。

058
研いだお米を土鍋に入れ、昆布を乗せます。

080
そこに水を注ぎ、20分間吸水させます。

024
吸水を待っている間に、塩むすびを包む竹の皮を濡れぶきんで拭きます。

006
吸水が終わったら、土鍋をコンロにセットして着火!

「はじめチョロチョロなかバッバ‥」という言葉があるように、炊飯は火加減の調整が大切。
ですが、初心者の私に嬉しいことに、この土鍋は火加減いらずです。

009
中火より少し強めの火にかけること、15分。

吹きこぼれもなく、ただ蒸気だけが出て、とても静か。
しんとしているので、本当に炊けているのか心配になったのですが‥

次第に、美味しそうなお米の炊ける香りがしてきました。
お煎餅を焼いた時のような、土鍋ならではの香ばしさ。

これは本当に美味しくなりそう!

008
火にかけ終わっても、決して蓋を開けてはいけません。
ここで蒸らしてからこそ、炊きあがり。

無事に炊けていることを願い、次回「まじないは手塩」の巻に続きます。

河の神さまの苦団子 後編

前篇の「苦味を追求する」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

~間違いなく思い描いていた、この味 の巻~

漢方胃腸薬を入れた以外は、割と普通のお団子。
捏ねていくうちに匂いもまともになりましたが、一体どうなるのでしょう?

団子が捏ね上がったところで、次は丸めて形作っていきます。

041
少量の水を用意して、手のひらをほんの少しだけ湿らせておきます。
あまりつけすぎると、お団子がべたついてしまうので注意。

042
ボウルの中で、生地を大体の大きさに木べらで等分します。
等分した生地を、それぞれに丸めていきます。

043
手のひらでころころして、まんまるになったらOK。

046
蒸し器を用意します。
受け皿の部分に濡れ布巾を敷き詰めます。

049
お団子がくっつかないように気をつけて、蒸し器にお団子を乗せます。

050
濡れ布巾でくるんだ蓋をして、15分間蒸します。

あとは、蒸しあがるのを待つばかり。
中が気になっても、蓋を開けるのは蒸しあがるまで我慢です。

蒸しあがりの時間が近づくにつれ、草まんじゅうの香りがしてきました。

052
ついに蒸しあがり!
色に深みが出て、美味しそうな見た目になりました。

053
ヤケドに気をつけて、お団子を取り出します。
蒸したては柔らかいので、箸や手は使わずにレンゲやスプーンですくうようにします。

056
熱いうちに、うちわで扇いで照りを出します。
最初、ぶよぶよとしているお団子ですが、扇ぐうちにつるんとした表面になります。

熱が冷めて、手で触れられる温度になったら‥

ビストロ・アニメシ 千と千尋の神隠しの苦団子 河の神さまにもらったお団子を再現 アニメの食べ物を作ってみた
出来上がり!

ビストロ・アニメシ 千と千尋の神隠しの苦団子 河の神さまにもらったお団子を再現 アニメの食べ物を作ってみた
大きさも調度良いし、見た目はまずまずの出来。

さて、肝心のお味を見るためにひとかじりすると‥

069
にがっ!

サツマイモや梅酒はどこへやら。
濃くいれたお茶と、漢方の薬くささが凄まじいです。

とにかく「ウエッ!」となる、強い苦味。
千とそっくりのリアクションに自然となってしまいました。

お団子ひとつには、漢方胃腸薬一包の1/6しか入っていないのですが‥
漢方胃腸薬の存在感は圧倒的でした。

一口食べたら、口いっぱいの苦味を何とかしてごまかしたくなります。
急いで餡まんをむさぼった千に納得‥

「ほろ苦い」程度で美味しい苦団子も期待していたのですが、これぞ「苦」団子!という仕上がり。

河の神さまは、お菓子ではなく薬としてこれを授けたのかな‥と意図が知りたくなる一品でした。

漢方胃腸薬を抜けば、美味しい苦団子になります。
茶葉でほろ苦さもバッチリ。
サツマイモと上新粉は、つやつやモチモチとした食感を生み出すのでオススメです。

中に一つだけ漢方胃腸薬を入れて、「ロシアン苦団子」を楽しんでみては。

千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]
千と千尋の神隠し (通常版) [DVD] [DVD]

河の神さまの苦団子 前編

~苦味を追求する の巻~

今回作成するのは、千と千尋の神隠しに登場する苦団子。

当ビストロでは、今までにも千と千尋の神隠しから巨大いかめしや、紅茶風味のバタークリームケーキどデカあんまんを再現しました。

神々の世界を舞台にしているだけあって、登場する食べ物も不思議なものだらけ。
美味しそうだったり、とにかくその実物が見てみたくなるものだったり‥と、ストーリーが面白いのはもちろんのこと、再現するのがとても楽しい作品でもあります。

苦団子は、千が河の神さまを助けたシーンで登場します。

助けたお礼として、河の神さまから授かった苦団子。
ご機嫌で一口かじると、苦くてびっくりする千の顔が印象的です。

作中では、千のほかにカオナシとハクが食べますが、どちらも美味しいものを食べた時のリアクションとは言えないもの。
カオナシに至っては、吐き出してしまい、大激怒。

解毒作用があるらしいので、体に害はなさそうですが、美味しいわけでもなさそうです。
健康な状態で食べたらまた違うのかもしれないし‥

やはり、食べてみないことには分かりません!
ということで、調理スタートです。

【用意するもの】
001
上新粉、熱湯、緑茶、梅酒、サツマイモ、漢方胃腸薬

003
作中のイメージとして、「お菓子」よりも「薬」に近いものらしいので、健康志向です。
とにかく体に良さそうなものや、苦味の元になりそうなものを取り入れてみました。

一番の目玉は、漢方胃腸薬。
カレーを作るときに隠し味として、漢方胃腸薬を入れる方もいるようですが‥
団子には一体どう作用するでしょうか?

とりあえず、封を切ると独特の薬臭さがします。

004
出来れば苦くても美味しいものが食べたいので、サツマイモをチョイスしました。
さっと表面を濡らします。

005
新聞紙やキッチンペーパー、厚紙などで濡らしたサツマイモを包みます。

007
包み終えたら、今度は包み紙ごと濡らします。

010
全体が濡れたら、ラップで包み紙ごと包みます。

あとは、これを電子レンジでチン。
600Wで5分です。

014
サツマイモを電子レンジにかけている間に、緑茶を包丁で刻みます。

016
茶葉は勢い良く刻むと飛ぶので注意。
大体でOKです。

018
茶葉を刻み終えたところで、ちょうどサツマイモが加熱終わりました。

019
ヤケドに気をつけて、ラップと包み紙から取り出します。

020
5分加熱で、しっかり芯まで柔らかくなっています。
焼き芋として食べるには少し食感が落ちますが、今回のように食材の一つとして使うにはこの方法で十分です。

024
皮をむいて、適当な大きさにカットします。

これでサツマイモの準備は完了。

026
ボウルに上新粉を入れ、熱湯を注ぎます。

028
箸で勢い良くかき混ぜます。
最初はそぼろ状ですが、よく混ぜると‥

030
水分が均一に行き渡って、ひとかたまりになります。

034
上新粉がひとかたまりになったら、サツマイモ、梅酒、緑茶、漢方胃腸薬を加えます。

梅酒を注いだ瞬間は、お酒の香り。緑茶を振りかけた時は、それに加えて緑の香りがしたのですが‥
漢方胃腸薬を振りかけた瞬間に、漢方胃腸薬臭しかしなくなりました。

これは‥嫌な予感。

036
サツマイモが温かいうちに、すりつぶすようにして全体を捏ねます。

037
手で触れられる温度になったら、手を水で湿らせて手捏ね。

040
色が均一になり、耳たぶくらいの柔らかさになったら捏ね上がりです。

緑茶色に染まって、草餅みたいです。
香りも、捏ねているうちに漢方胃腸薬臭さが落ち着きました。

ひょっとしたらひょっとする‥かも!?

次回、「間違いなく思い描いていた、この味」の巻に続きます。

千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]
千と千尋の神隠し (通常版) [DVD] [DVD]