カテゴリー別アーカイブ: 千と千尋の神隠し

カオナシご機嫌!?超巨大いかめし 前篇

~ちょっとだけ、グロ注意 の巻~

今回作成するのは、「千と千尋の神隠し」に登場する大きないかめし。

言葉を得たカオナシが湯屋の皆を起して大盤振る舞いをする中で、我先に金をもらいたいと思う女性が差し出すご馳走です。

人間の大きさと比べると、なんとも信じられないような大きさのイカ。
もし再現が出来たら、それは楽しそうです。
学校給食などのように、大鍋で作ったら、料理そのものの重さで旨味がたっぷりと出そう。

作中では、いかめしの中に具の様なものが入っていて、それは美味しそう。
神様たちの為に用意されたお料理なのですから、それはそれは大層めでたくて美味しいに違いありません。

しかし、問題はいかです。
あんなに大きないか、そうそうありません。

さすがに再現のしようがないか、と諦めていたのですが‥

アカイカ ビストロ・アニメシ

なんと!

アカイカ 巨大イカ ビストロ・アニメシ
調べてみたら、ありました。

アカイカ 巨大イカ ビストロ・アニメシ
彼の名はアカイカ。
その重さ、なんと2.7kg!!

2.7kgなんていうと、ちょっとした赤ちゃん一人分の重さです。

なかなか水揚げされず、大鍋購入からしばらくの間、夢の実現を今か今かと待っていたのです。

聞くところによると、アカイカは身が厚くてもっちりと柔らかく、甘くて絶品なのだとか。

そんなアカイカを一杯まるまる、贅沢に使っていざ料理スタートです!

【用意するもの】
アカイカ 巨大イカ いかめし ビストロ・アニメシ
酒、みりん、醤油、鶏挽肉、生姜、長ネギ、卵、椎茸、銀杏、米、もち米、砂糖、だし汁

そして、アカイカ。
003

033
もち米と米を混ぜて洗います。

036
洗い終えたら、水に浸しておきます。

038
次に、銀杏をフライパンで炒ります。

046
殻がはじけるまで、このまま加熱。

057
その間に椎茸を細かく切ります。

075
長ネギも細かく切ります。

062
銀杏は一向に破裂しないので、待ち切れずに他の方法に切り替え。
紙封筒のなかに入れて、口を閉じます。

064
そのままレンジでチン。
破裂する音が止むまで加熱します。

076
殻から身が出てます。

081
あとはこれを地道に殻むき。

083
銀杏の準備完了。

095
フライパンに油をひいて温めます。

110
椎茸、銀杏、ひき肉を入れて、火が通るまで加熱します。

092
この間に生姜をすりおろします。

119
酒、みりん、醤油を加えます。

123
生姜も入れて、よく混ぜます。

130
卵をといたら、フライパンに注ぎ入れます。

131
卵はお好みの硬さでかき混ぜるタイミングを調節します。

132
卵に色が染みてきたらひとまず完成。

134
火をとめて、蓋をしておきます。

136
そしていよいよアカイカの登場!
まな板には到底乗りきらないので、ラップをテーブルに敷き詰めます。

140
恨めしそうな瞳‥この目、当然のことながら、体に比例して大きいです。

144
視線に耐えきれず、まずは目からゲソまでの部分を切り離します。
手がへっぴり腰なのはご愛嬌です。

146
奥に切断された目の部分がありますが、臆せずにいかの中に手を突っ込みます。

‥恐ろしいことに、肘の部分までずっぽりと飲み込む奥行き。
通常のイカをさばく時には感じない内蔵のリアルすぎる感覚に、泣きそうになります。

148
内蔵を内側からはぎとるようにして、ゆっくりと引っ張ります。

149
半ベソになりながらも、何とか上半分、下半分、内蔵の三つに分解。

150
中は綺麗な空洞になっています。

152
ゲソはいかめしに詰めるので、目の部分と切り離します。

154
ちなみに、中から内臓と共に出てきた骨。
自然の生み出したものとは思えない、剣のような不思議な物体でした。

156
ゲソの部分を水洗いして綺麗にします。

158
本体部分も、念入りに。外側だけではなく、内側にも水を入れて綺麗にします。

159
置き場がないので、とりあえず大鍋に放置されるアカイカ。
まるで戦いに負けたラスボスのような貫禄と迫力です。

通常のいかめし作りでは得る事の出来ないアドベンチャーが、そこには確かにありました。
このアカイカが美味しいいかめしになるなんて、現段階ではとても想像できません。

‥と、アカイカをさばいた段階で、すっかりやりきった気持ちになってしまっていますが、問題はここから。

こんなに大きくて肉厚なのに、お米に火が通るのでしょうか?
というか、煮え切るには一体どのくらいの時間を要するのでしょう?

IHは無事に大鍋を感知してくれるのか!?

いつもに増して心配だらけな料理ですが、ここまできたらやってみるのみです。

次回、「芯のあるお米たち」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

千とリンのドデカあんまん 後篇

前篇の「通常のサイズは通用しない!? の巻」をお読みでない方は、まずはコチラ

~コーション!蒸し器から取り出せません の巻~

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
予想以上に沢山の量になったあんこ。

無事に包みこめるか定かではありませんが、とにかく次は皮作りに進みます!

【用意するもの】
千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ゆるま湯、薄力粉、ドライイースト

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ぬるま湯にドライイーストを溶かし入れます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ドライイーストをぬるま湯に馴染ませている間に、小麦粉をふるいにかけます。
二回ほど、ふるいにかけて小麦粉のキメを細かくすると、仕上がりが綺麗になります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
半量の小麦粉に、ドライイーストが溶けたぬるま湯を注ぎ入れます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地がまとまってきたら、残りの小麦粉も入れて混ぜます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
小麦粉が飛ばないように、生地を押し込むように、1つになるまでよく練ります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
電子レンジで使用可能な容器にサラダ油を塗ります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
容器に生地を入れ、表面にラップを被せて一次発酵させます。
28~30℃で30分ほど寝かせます。

室温、季節によって時間は前後します。
生地が二倍の大きさに膨れ上がるのが、発酵した証です。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地が発酵したら、軽く丸め直します。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
台に少量の小麦粉をまぶして打ち粉をしておきます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地を台の上に乗せて、軽く表面を押してガス抜きします。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地を手で半分になるようにちぎります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ちぎり分けた生地をそれぞれ丸めます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
めん棒で生地をあんこが包める大きさに伸ばします。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地にあんこを包む前に、蒸し器の準備。ここで沸騰するまで火をかけます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地の真ん中にあんこを置きます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地の端と端をつまんで折りたたみます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
閉じ口にあんこが付かないように気をつけて、残りの端2つもあんこがみえなくなるように包みこみます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
閉じ口は乾燥してくっつかない場合、少量の水を付けるとぴったりくっつきます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
2つとも包み終えたら、閉じ口が隠れる大きさにカットしたクッキングシートを貼ります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
いざ、蒸し器に投下!

ここでは一旦火をとめて、10分間の二次発酵を行います。
大きいので一つずつ蒸すことになりました。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
あんまんに水滴がつくと台無しになってしまうので、蓋に濡れ布巾を被せる事をお忘れなく。

二次発酵が終わったら、火を付けて10分蒸します。

156
10分経過したところ。

蓋を開けると‥

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ホンワワワワーンと、皮の蒸された独特の良い匂いが立ち込めてきます。
コンビニや中華街で肉まん、あんまんを購入する時に、蒸し器を開けてもらった時のあの香り!

ふっかふかのあんまんが出来あがっています!

が、ここで大きな問題が発生。
あんまんが大きすぎて、取り出せません。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
手元にあったヘラ、フライ返しを動員して、実力行使です。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
途中若干のハプニングはありましたが、無事に完成!

あんこがはみ出ることもなく、綺麗なあんまんが出来あがりました。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ あんまんの作り方 アニメのご飯 ジブリ飯
あんこずっしりで、重量感のある仕上がりです。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
いざ実食!
一口目で、ちゃんとあんこに到達します。

ふかふかと柔らかく、もっちりとした生地は食べ応えがあります。
蒸したことでゴマの風味が強くなったあんこと、絶妙なバランス。

これは食べきれないと思いつつ、つい手がのびます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
2つ目も無事に蒸しあがりましたが、蒸しあがりを待てずにつまみ食いされて欠けている1つ目‥

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
さすがにあんこの量が多くて、高さは低めの仕上がりですが、形状としては原作に近い仕上がりとなりました。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
大きなあんまんに齧り付くというのは、なかなか気持ちの良いものです。
結構食べ勧められますが、さすがに限界も‥

美味しい量を美味しくいただく、ということで、残りは保存することにしました。
口を付けてしまったところは食べきらなくてはなりませんが、包丁で綺麗にカットすれば冷凍保存が可能です。

冷凍したものを食べる場合は、自然解凍後に蒸し器で再度蒸すか、水を表面に塗ってから電子レンジで加熱してください。

千とリンは果たして食べきれたのでしょうか、謎は残ります。

激務のなか、普段は質素な食生活を送っていれば、ペロリと平らげられてしまうのかもしれません。

それもまた実験あるのみ‥?

改めて作品の奥深さを思い知る一品なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

千とリンのドデカあんまん 前篇

~通常のサイズは通用しない!? の巻~

今回作成するのは、「千と千尋の神隠し」に登場する大きなお饅頭。

両親を豚にされ、湯屋で働くことになった千尋こと千。
職場では、彼女が人間だということで嫌がらせを受けたり、嫌な仕事を押しつけられたり大変です。

そんな彼女の初めて接客した、臭い匂いのお客様。
厄介なお客様かと思いきや、実は名のある川の神様だということが判明して、湯屋は大儲け。

千は初めての大手柄に、少し自身がついた顔をします。

そんな夜、仕事仲間のリンと一緒に食べるこの饅頭。

ホカホカ熱いものではなく、冷めても美味しいもののように見えます。
ちらりと見える具の色と形から、中身は餡なのではと推測。

千が子供だからというだけではなく、どう考えても大きいです。

千と千尋ワールドに登場する食べ物は、神様に献上するものだからなのか、やたら大きいです。

大きさがありがたさの表れなのか、定かではありませんが、妙な魅力を感じます。

きっと、実際にあんな量のものを食べたら飽きてしまうのでは‥
胃袋の限界に不安を感じつつも、それでも、それでも食べてみたい!

千のように、大きなあんまんにハムッと齧り付きたい!ということで、いざ挑戦です。

【用意するもの】
千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
まずは中に詰めるあんこを作ります。
小豆、砂糖、ごま油、練りごま(黒)

そして塩。

南の極み 本生海塩 500g

今回も、この塩を使用しました。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
小豆を綺麗に水洗いします。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
水洗いをしたら、鍋に移します。
豆がかぶるくらいの水を加えて、すぐに強火で煮始めます。

この時に水ではなく熱湯を使用すると、出来あがりの煮えムラが少なくなります。
水で作る場合も、水から小豆が出ないようにこまめにさし水を入れれば問題ありません。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
小豆が沸騰しました。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
沸騰した小豆にさし水を加えて、再度沸騰するまで煮ます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
再度沸騰したら火をとめて、アク抜きのために煮汁を捨てます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
小豆はザルにあけ、アクを水で綺麗に洗い流します。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
再び小豆を鍋に入れます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
小豆の4~5倍の量の水を加えて強火で煮ます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
沸騰したら、火を弱火にしてコトコト煮ます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
蓋を斜めに置き、豆が芯まで柔らかくなるまで、じっくりじっくり‥

目安として1時間半~2時間、弱火で煮ます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
煮たて中は、時折蓋を開けて様子を見ます。
アクが出たら幾度、おたまやスプーンですくって取り除きます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
煮ている間に水気が飛んで、小豆が煮汁から出てきてしまいます。
煮汁から出てしまうと、その部分の小豆が硬く煮上がってしまうので、時々さし水をします。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
小豆が芯まで柔らかく煮えたら、砂糖を半量、投下します。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
お好みで、2つまみほど塩を加えます。
残りの砂糖も入れて、弱火で煮ます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
あとはただひたすら、あんこの硬さになるまで弱火で煮ます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
おおよそ1時間経過したところ。
水分が十分に飛んだのを確認したら、火を止めます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
火を止めたら、このままの状態で30分ほど置いて味を含ませます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
30分経過したら、あんこをボウルに移し入れます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ごま油を入れて、ヘラやスパチュラで混ぜます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
練りごまも入れて、同じように混ぜます。

これで、中に詰めるあんこは出来あがり。

一口味見をすると、ゴマの風味がきいていて本格的!
甘くどくないのでこれなら大きくても美味しくいただけそうです。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
乾燥を防ぐためにラップで1つずづに分けて包みます。

それにしても‥あれ?

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
小豆が水を含むとこんなに多くなるとは、ちょっと計算外‥!?

計量してみると、1つにつきあんこが約440gという驚きの量になりました。

これは、いくらなんでも多いです。
果たして食べきれるのか、一抹の不安が生じますが‥

今更、これを分けてもっと小さいあんまんにするなんて、ナンセンス!
外側の皮だけ大きくて、中身がスカスカというがっかりな結果にはしたくありません。

成せばなる、あたって砕けろ!?

せっかく美味しいあんこが出来たのですから、当初の「大きいあんまんを作る」という目的のまま、完全燃焼を目指そうではありませんか。

ヘヴィ級のあんこを包めるだけの皮を作ることは出来るのか!?

次回、「コーション!蒸し器から取り出せません」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□