カテゴリー別アーカイブ: 咲-Saki-

片岡優希ちゃんのアメメヒ☆学食タコス 後編

前篇の「高校の志望動機になったタコス」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~「学食のおばちゃんは柔軟」の巻~

無事にタコスソースが出来たところで、次はいよいよトルティーヤ作り。

本来、トルティーヤにはともろこしの粉が入ります。
しかし、学食で販売されているタコスがそこまで本格的なものでしょうか?

学食のおばちゃんがイチから作るには手間がかかるし、冷凍のトルティーヤだと考えるのもいささか味気ないです。

優希ちゃんが手に持っているいつものタコスを見ると、どうも白っぽくてとうもろこしの黄色い感じがないもの気になります。
作中に出てくるタコスの説明も、「クレープのような皮に肉やレタスなどを挟むメキシコ料理」とあり、パリッとしつつも中はちょっと柔らかい皮のイメージ。

というわけで、今回はクレープのようなもちもち感を含んだ、“学食にある食材で”手軽に作れるトルティーヤ作りに挑戦です。

【用意するもの】
001
強力粉、水、オリーブオイル

オリーブオイルの風味が苦手な場合は、サラダオイルで代用可能です。

003
そしてベーキングパウダー

ベーキングパウダーを入れることによって、仕上がりがパリパリになります。
が、入れすぎるとパリパリ過ぎておせんべいのように割れてしまうので要注意。

しっとりした柔らかい出来上がりが良い場合は、入れなくても美味しいです。
ベーキングパウダーを入れないタイプは、生地の扱いが楽なので子どもとトッピングが楽しめます。

004
まずは小麦粉をボウルに入れます。

005
真ん中にくぼみを作ります。

008
くぼみに水を注ぎます。

009
オリーブオイルも注ぎます。

011
あとは、塩ひとつまみ。
ベーキングパウダーもこの時一緒に入れます。

016
くぼみを崩すようにして、内側から少しずつ小麦粉を水に溶かしていきます。

017
生地がひとまとまりになるまで捏ねます。

021
生地がひとまとまりになったら、生地を台に置いて捏ねます。
水分が全体に均一に染みこむように、5~10分ほどよく捏ねます。

020
生地に水気が足りなくてボロボロしてしまう場合は、手のひらを水で濡らして下さい。

023
表面がすべらかになったら捏ねあがり。

026
ラップをして、生地を30分ほど寝かせます。

027
30分経過。
心なしか、寝かせる前よりも表面がツルツルしているように見えます。

028
濡れ布巾で拭いた包丁で、生地を6等分します。

029
切り分けた生地がくっつかないようにご用心。

032
生地はそれぞれを手のひらで軽く丸めなおしておきます。

あとはこれを1枚1枚麺棒で伸ばしていきます。

043
生地がぺたつくので、台でそのまま伸ばすと剥がすのに苦労してしまいます。
なので、台と生地の間に、クッキングペーパーを敷きます。
ラップで代用可能です。

048
生地の上にもクッキングペーパーを敷いて、麺棒で伸ばします。

生地は可能な限り薄くします。
力を入れて、よく伸ばします。
クッキングペーパー越しだと、生地が破れることもそうそうないので安心です。

050
あとは温めたフライパンで焼けば、トルティーヤの出来上がり!

052
油をひかないフライパンで、中火で焼きます。

テフロン加工のフライパンがベストです。
フライパンを揺すりながら生地を温めて、生地が所々ぷくーっと膨らんでくるのが丁度良い温度。
火力は調理器具によって調整して下さい。

045
フライ返しで焼き色の様子を見て、所々に焼き目がついていたらひっくり返します。

053
反対側は弱火でじっくり焼いていきます。

056
ベーキングパウダーを入れている場合は、生地が完全に硬くなる前に折りたたみます。

057
半分に折りたたんだ状態にして火を止め、余熱で形付け。

058
これでトルティーヤの出来上がりです。

あとはトッピングの具を準備するだけ!

【用意するもの】
061
レタス、トマト、チーズ、タコスソース

今回はシンプルなトッピングですが、お好みでアボカドやツナ缶なども。

065
レタスはざくざくと細切りにします。

066
トマトは串切り。

067
トルティーヤにレタスを乗せ‥

068
チーズを散らします。

069
タコスソースをチーズの上、もしくは手前に乗せます。

071
トマトはタコスソースに押し込んで、こぼれづらいようにしておきます。

072
あとはゆっくりトルティーヤを折りたためば‥

ビストロ・アニメシ 咲-Saki- 片岡優希のタコス タコスの作り方 タコスのレシピ
出来上がり!

ビストロ・アニメシ 咲-Saki- 片岡優希のタコス タコスの作り方 タコスのレシピ
作品のなかのタコスよりも大ぶりになってしまいましたが、フレッシュでなんとも美味しそう。

がぶっとかぶりつくと、トルティーヤのパリパリした食感とお肉の旨みが一緒になってもう最高!
レタスのシャキシャキした食感に、トマトの瑞々しさが夏に似合う爽やかな味です。

トマト缶まるごと1個を染み込ませたお肉は、味わい深くて食欲をそそります。
チリパウダーのおかげで香りも良くスパイシーですが、辛くはありません。

軽く食べられるので、優希ちゃんのようにとっさに食べるにも良いし、朝食にオススメ。
意外と食べでがあるので、ついおかわりをしてお腹いっぱいになりました。

エレルギー満点なので、タコスをエネルギー源にする優希ちゃんにも納得。

アメリカンスタイルとメキシカンスタイルを混ぜた、学食の自由なタコス。
手軽なレシピなものの美味しさはそのままなので、優希ちゃんが、夢中になるのも納得な一品でした。

これからの暑い季節におすすめです。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

片岡優希ちゃんのアメメヒ☆学食タコス 前編

~高校の志望動機になったタコス の巻~

今回作成するのは、「咲-Saki-」より麻雀部員の片岡優希ちゃんが愛してやまないタコスです。

「咲-Saki-」は、「麻雀」をテーマに繰り広げられる高校生たちのお話。
原作の漫画だけに留まらず、アニメやインターネットラジオなど広く展開しています。

可愛らしい女の子達が鮮やかな手つきで麻雀を打つ姿は、なんとも印象的。

全国高校生麻雀大会優勝を目指して、あれやこれやと作戦を練り特訓する姿は、部活の楽しさを思い出させます。
麻雀を知らないと、飛び交う麻雀用語に頭が「?」でいっぱいになってしまいますが、もしかするとこの作品を見て麻雀を始めてみたくなる人もいるかもしれません。

毎日をまっすぐに生活する姿は誰しもが輝かしいですが、そんな中でも一際元気炸裂なのが片岡優希ちゃん。
いつもご機嫌、フルパワーです。

そんな彼女の元気の秘訣は、タコス。
一体何かの陰謀があるのではないか?思うほど、作中ではタコスが登場します。

道端で登場する時は、手にもちろんタコス。
部室でも、お昼でも、もちろんタコス。
麻雀で勝つ源も、タコス。
タコスの代わりに、「タコ」と名がつくものなら、エネルギー補給に代用できる‥けれど、やっぱり一番良いのはタコス。

話題に出なくとも、もはや当たり前のようにタコスがある生活なのです。
サブリミナル効果とまでは言わなくとも、そんなにタコスを推されると食べたくなります。

しかも、彼女がこの高校に決めたのも「学食にタコスがあるから」。

至ってシンプルですが、そこまで好まれるタコスとは一体?
その魅力は、作って食べてみないことにはわかりません。

ということで、優希ちゃんの愛してやまない学食のタコス作りに、いざ挑戦です!

【用意するもの】
001
まずはタコスに詰める具の、お肉たっぷりタコスソースを作ります。
合挽き肉、トマト缶、玉ねぎ、チリパウダー、クミン、にんにく

カゴメ 醸熟ウスターソース 500ml

そして、ウスターソースと、

ハインツ トマトケチャップ逆さボトル 460g×4本

ケチャップ。

003
にんにくはみじん切りにします。

005
玉ねぎもみじん切り。

007
鍋にオリーブオイルを入れ、温めます。

010
みじん切りしたにんにくを入れて、香りが立つまで炒めます。
焦げやすいので、温度に注意です。

011
香りが立ったら、玉ねぎを加えて炒めます。

013
玉ねぎを入れたら火を少し強くして、透き通るまで炒めます。

016
玉ねぎが透き通ったら、ひき肉を投入します。

017
ひき肉を玉ねぎによく混ぜます。

020
ひき肉に火が入り、ぱらぱらになったら頃合い。

021
トマト缶をどばっと入れます。

022
ケチャップとウスターソース、クミンを加え、全体が馴染むようによく混ぜます。

025
クミンはホールのまま入れましたが、食感が気になる方は粉末状のものを使用すると良いです。

027
あとは最後にチリパウダーもどばっと入れます。

029
材料を全て入れたら、これをよく煮込みます。

煮こむ時は蓋をせず、弱~中火で汁けをとばします。

030
最初はひたひたですが、10分経過でこんなに汁けがなくなり始めます。

031
汁けがなくなっていくのと同時に、底が焦げやすくなるのでこまめにかき混ぜます。

034
20~30分で、写真の状態になります。

037
生地にくるんだ時に汁もれしないように、このくらい汁けがなくなっているのがベスト。

040
火を止めて、塩・こしょうで味を整えます。

041
あとはこれをよく冷ましたら、タコスソースの出来上がり。

このタコスソースは、出来立てより一度冷まして味が染み込んだほうがぐっと美味しくなります。
トマトをぎゅっと吸い込んだお肉がなんとも美味しそうな匂いですが、ここは一旦タッパーに詰めて冷蔵庫で寝かせます。

次は肝心のトルティーヤ作り。
ハードタコにソフトタコ‥一言にタコスといっても様々な種類のトルティーヤや具がありますが、一体どんなトルティーヤを作れば良いのでしょう?

トルティーヤによって味の印象が左右されるといっても過言ではありません。

優希ちゃんのタコスらしいトルティーヤって?

次回、「学食のおばちゃんは柔軟」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□