カテゴリー別アーカイブ: 少女漫画

スミレちゃんの特製タコさんウィンナー入りペペロンチーノ 後篇

前篇の「きみの口を開けるために」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜タコさんウィンナーに思うこと の巻〜

029
ニンニクの香りが立ったら、次はタコさんウィンナーを加えます。

030
切り込みを入れた状態のウィンナーをフライパンに加え、油を馴染ませます。

032
しばらくすると自然に足がくるんっと丸まってきます。

038
タコさんを起こして、足の裏側を炒めます。

034
ここで、パスタを茹でているお湯を何度かすくって‥

035
フライパンに注いで、乳化させます。

036
油はねに注意!
油と茹で汁を素早くかき混ぜて、よく合わせます。

本来水と油は混ざり合いませんが、パスタの茹で汁に含まれるデンプン質によって均一に混ざり合った状態を安定させてくれます。

乳化は美味しいパスタの基本。
油と水を乳化させることで、まろやかでとろみがあり、パスタにからみやすいソースが仕上がります。

スミレちゃんはお勉強もお料理も、お仕事もとてもきちんとして一生懸命。
しっかり乳化してそうですよね。

040
1分ほど早めに茹で上げたパスタをフライパンに加えます。

042
顆粒コンソメを加え、全体にソースがからむように素早く炒めます。

044
あまり時間をかけると麺が伸びちゃうので、ここはスミレちゃんのようにジャっと軽く炒める程度でOK。
空気を含ませるように軽く揺すってスミレちゃん気分です。

スミレちゃんは作中でタバコを吸いながら料理しているので、ふと真似がしたかったなと後悔。
タバコは吸えないので、真似するとしたらタバコの形を真似たお菓子ですが。

オリオン ココアシガレット 大箱(6本×10個入) 1箱

思い出すと無性に食べたくなる、罠。

045
最後に軽く塩、胡椒をかけて完成!

064
「モモ、おなかすいた?」
「じゃ、ゴハンちょうだいって言ってごらん。言わなきゃあげない」

ペペロンチーノって、ガーリックのきいたオリーブオイルの香りがたまりません。
私だったら根負けしちゃう。

049
冷めないうちに頂きます。

細かくみじん切りにした為、全体にガーリックの香りが広がります。
今までペペロンチーノを作る時は輪切りにしていたのですが、みじん切りのほうが食べやすくて美味しい。

火が通りやすく、軽く揚がってサクサクとした食感なのがまた良いですね。

全体的に、いつもよりもジャンクのような味に感じます。
タコさんウィンナーを食べてみて、その理由がタコさんウィンナーだと気づきました。

久しぶりに食べて驚いたのですが、タコさんウィンナーって意外と濃い味。
お弁当のおかずになるだけあって、単品で食べるとちょっとしょっぱいです。

具のシンプルなペペロンチーノなので、ちょっと残酷だけれどもタコさんウィンナーを千切ってパスタにからめて食べると美味しい!

タコさんウィンナーの味が意外とペペロンチーノとの相性が良く、これは癖になりそう。
鷹の爪を入れずに作れば、お子様も喜ぶ味になりそうな?

モモが好きなものは、牛乳でふやかしたマクビティビスケットなどどこか子どもらしく感じるもの。
スミレちゃんが発明したのか、モモが発明したのかは不明ですが、これも納得の美味しさ。

ちょっとおやつのような味わいが、これまた美味しいです。
コンソメを入れたのも正解でした!

これが二人の味かー、と想像して、ムフムフした巻なのでした。

スミレちゃんの特製タコさんウィンナー入りペペロンチーノ 前篇

〜きみの口を開けるために の巻〜

今回作成するのは、漫画「きみはペット」に登場するペペロンチーノ。
この作品からは、以前ガンバルゾーカレーを再現したことがあります。

ガンバルゾーカレーも美味しく出来たし、前から作ってみたいと思っていたのが、このペペロンチーノ。

単行本2巻に収録されているこのお話は、バレンタインが近くなると思い出すお話です。

主人公のスミレちゃんは、バレンタインデーに本格的なチョコレートケーキを作ります。
ペットの男の子モモは、大喜び。

スミレちゃんに「一緒に食べようね!」とゴキゲンなのも束の間、「それ蓮實先輩のだけど?」と天国から地獄に落とされちゃいます。
一応、モモにもチョコが用意されていたのですが、あからさまな格差のチョコエックス。

駄々をこねるモモにイラッときてしまったスミレちゃん、ちょっとひどい発言をしちゃいます。

その場では何も言わないけれど、密かに怒っていたモモ。
「時には自分の価値を認めさせることも必要かなって思ったんだ」と、ご主人サマへのお仕置き結構です!

最初は気が付かなったスミレちゃんですが、何かがおかしいと違和感はある様子。
そしてそれが何かというと‥

モモは、バレンタインから3週間ほど喋っていなかったのです。

ペットが喋るなんて普通おかしいけれど、スミレちゃんが飼っているのは健全なる普通の男の子。
しかも、「腹を立てて口をきかない!」という感じではなく、まるで従順な動物のようにただ喋らないだけで喜怒哀楽はいつも通りというのがニクい所。

「なんで黙ってるの、なにか言ってよ。チョコのこと怒ってるの?ねえ!!」と揺さぶっても、黙って微笑むモモ。

それが不安でどうしたら良いか分からなくなったスミレちゃん。
モモの大好物を作って、「ゴハンちょうだいって言ってごらん。言わなきゃあげない」とおあずけ攻撃です。

そう、その時の好物というのが、特製タコさんウィンナー入りペペロンチーノ。

モモの好物はちょくちょく登場しますが、タコさんウィンナーは定番と言っても過言はありません。
タコさんウィンナーが入るだけで、ペペロンチーノが何とも可愛い食べ物に思えて仕方がない一品。

タコさんウィンナーといえば、あの赤いウィンナーですよね。
そういえばしばらく食べていないなぁ、と気づくと無性に食べたくなるものです。
ペペロンチーノとの相性も気になります。

ということで、調理スタートです。

【用意するもの】

010
パスタ、赤いウィンナー、エクストラヴァージンオイル、ニンニク、鷹の爪、コンソメ、塩、胡椒

011
パスタを茹でる際、分量外で大さじ1程度の塩を入れます。

015
ペペロンチーノはパスタの中でも一番のスピード料理。

具材のカットの前に、パスタを茹で始めます。
最後に具とフライパンで混ぜあわせ、軽く炒めるので、湯で時間は指定よりも1分ほど減らします。

016
パスタを茹で始めたら、まずはタコさんウィンナー作り。
ウィンナーの2/3くらいまで包丁で縦に切込みを入れます。

017
切込みを入れたら、90度回して同じように切り込みを入れます。

018
そうすると、とりあえず足が4本できます。

019
あとは、4本のそれぞれ1本ずつを縦に二等分していけば‥

020
8本足のタコさんウィンナーの出来上がり。

021
全部、黙々とタコさんウィンナーに仕上げます。

023
次はニンニクのカット。

スミレちゃんは丁寧で細やかな料理の印象が強いので、ニンニクの芽は必ずとっていそうですよね。
皮を剥いたニンニクは縦半分にカットし、芽の部分を取り出します。

024
あとは細かくみじん切り。

025
フライパンにみじん切りにしたニンニクと鷹の爪を加えます。
鷹の爪は輪切りにして、辛いのが好きな方は種もそのまま。苦手な方は種を減らすと辛さ調節ができます。

026
エクストラヴァージンオイルをかけ、全体に浸るようフライパンを回します。

029
ニンニクから気泡がでて、香りが立つまで火にかけます。
鷹の爪は特に火が通りやすく、色が黒くなりがちなので弱火で様子をしっかり見ながら加熱します。

基本的に普段のペペロンチーノ作りとあまり変わらない行程なので、問題なく仕上がりそう。
ただ、ここからタコさんウィンナーが加わることで一体どうなるのかな?というのは未知数。

次回、「タコさんウィンナーに思うこと」の巻に続きます。

蔵之介の混ぜるだけスパゲッティ 後篇

前篇の「パスタを打つ!」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜簡単すぎて‥怖い の巻〜

037
生地を捏ねて寝かせたら、いよいよパスタの形にしていきます。

041
生地を1人前の100gに切り分けます。

042
切り分けたら、パスタマシンにかける前に麺棒で平たく伸ばします。
この時生地がベタつくようであれば、軽く小麦粉で打ち粉をしましょう。

043
パスタマシンの厚いダイヤルから順に薄いダイヤルへ、少しずつ伸ばしていきます。

045
コシを出すために、三つ折りにして同じダイヤルに何度かかけることも大事。

047
ちょうど良い厚さになったら、カットをする前に麺を適度な長さに切って調整します。

049
そしていよいよパスタマシンでカットしていきます。
この、麺がにゅっと出てくる瞬間が毎度テンションが上がります。

050
麺同士がくっつかないように軽く小麦粉をまぶしておきます。
生パスタは平打ち、太麺もモチモチ食感が楽しめて美味しいですが、今回は幼少期の蔵之介が食べやすくスパゲティの細さで。

051
そう言いつつ、細麺と太麺の両方を作ってみました。

054
パスタが仕上がったら、あとはカルボナーラを作るだけ!
バター、粉チーズ、卵黄、牛乳

058
作中のシーンを参考に、材料すべてをボウルでかき混ぜます。
バターはパスタの熱で溶けるので、無理に攪拌しなくて大丈夫。

060
沸騰したお湯にパスタを投入!

061
軽くほぐすようにして入れます。

063
あとはパスタが浮いてきたら1〜2分ゆでます。

064
茹で上がったら、ざっと湯切りして‥

066
材料を混ぜたボウルに入れちゃいます。

067
麺に液をからめるように、バターが溶けきるまで混ぜます。

ビストロ・アニメシ 前田未希 海月姫の蔵之介のスパゲティ 漫画やアニメの再現料理 アニ飯 漫画飯
これで出来上がり!

早速いただきます!とワクワクしながらすすると、ソースからも麺からも、ものすごく卵の味を感じます。
麺はよく捏ねた甲斐があって、シコシコとしていて、なんだかラーメンの麺にも似た感じ。

ただ、飽食の時代に生まれた者としては、なにか具が欲しいです。
卵の味を強くて、全体的にチーズと牛乳で優しくまとめられているので、子供は好きな味かもしれませんが、少々味気なさを感じてしまうのが正直な感想です。
あとは、全体の分量に気をつけないと塩辛くなってしまう危険性も。

大人の方が楽しむには、最後に黒胡椒を挽くと良いかも。

深夜にすするスパゲティって、なんだかやたらと美味しそうで、
ちょっと期待が高すぎたことを反省。
決して不味くはないのですが。

ふと、幼少期の蔵之介と並んで食べているポーカーフェイスの修さんも、こんな気持ちだったりして‥
そして、そこで良いも悪いも言わずに食べるって、なんだか良いなぁ。と改めてほっこりさせてくれた一品でした。

でも、配合によっては美味しく仕上がるかも?
本当に簡単なので、思い立ったら色々な配合に挑戦してみようかな、と思った回でした。

蔵之介の混ぜるだけスパゲッティ 前篇

〜パスタを打つ! の巻〜

今回作成するのは、海月姫に登場するスパゲティ。

このスパゲティは、蔵之介の幼少期が描かれた回想シーンで登場します。

わけもわからぬままママと離れ離れになって、政治家の父の住むお屋敷に住むことになった蔵之介。
蔵之介に対し、最初は異母兄弟という複雑な関係ゆえにあまり良い感情を抱いていなかった兄の修さん。
特に蔵之介の母には明らかな不快感を表し、それに対して蔵之介が怒るシーンも。

それでも、ママとの別れが悲しくて寂しくて大泣きしている蔵之介を見て、修さんの蔵之介自身に対しての感情に変化が描かれる思い出のシーンです。

大泣きして暴れて、お腹がへった蔵之介。
その蔵之介に付き合ってあげる修さん。と言っても、お手伝いさんもいるようなお屋敷ですから修さんは料理ができません。

夜のキッチンで、台の上に立つ小さな蔵之介と、隣に並ぶ修さん。

作るのは、蔵之介の「これならかんたんだよ。ママのお手伝いしてたから知ってるんだ」というセリフと共に出来上がる、
「卵とチーズとバターと牛乳、まぜるだけの」スパゲティ。

二人でソファに並んでズズズとすするスパゲティは、具なんて何も入っていないのにとても美味しそうです。

つまりは簡単カルボナーラですが、それが無性においしく見えるのが海月姫マジックですね。

今回は、お屋敷というところに着目!
現在の蔵之介が、天水館の尼〜ず達を食べ物で釣る時に、色々とお屋敷から拝借しているので、
生パスタとか良い食材がさり気なく置いているのでは?という疑問を抱きました。

というわけで、せっかくならば、生パスタ打つところから始めちゃいましょう。

調理スタートです!

【用意するもの】
005
デュラムセモリナ粉、強力粉、オリーブオイル、卵、塩

今回は本格的な味を目指すべく、デュラムセモリナ粉配合です。
幼少期の蔵之介が美味しいと言ってくれるように、麺には卵入れるタイプでいきます。

011
まずはボウルに卵を割り、よく混ぜます。

012
塩を加えて、よく混ぜます。

013
塩を混ぜきったら、オリーブオイルを少しずつ加えます。

014
デュラムセモリナ粉と強力粉をボウルに入れ、泡立て器で一つになるまでかき混ぜます。

016
本当はうどんやそば打ちの時のように、大鉢を用いますが、フライパンで代用。
フライパンに混ぜた粉を入れ、真ん中にくぼみを作ります。

018
くぼみに卵液を注ぎ込みます。
一気に注ぐとくぼみが崩れるので、数回にわけて注ぎます。

020
注いだ卵液を、くぼみの壁を崩すようにしながら粉と混ぜていきます。
フォークや箸で、力を入れずにかき混ぜる感じです。

022
徐々に水分が均一に行き渡り始め、そぼろ状になってきます。

023
液体がなくなったら、両手で力を加えずに持ち上げて、根気よく混ぜます。

024
粉っぽさがなくなって、全体に黄色っぽい色が見えやすくなった頃が目安。

026
力を込めて、ひとまとめにしていきます。

027
ひとまとまりになったところ。

次は、これをうどん打ちと同じように、捏ねてコシを出します。

029
丈夫なビニール袋に入れて‥

030
押して押して、平らに伸ばして‥

031
直径30cmくらいまで伸ばします。

033
伸ばしたら、折りたたんで元のサイズにして‥

034
また伸ばします。
折りたたむ→伸ばすを繰り返します。

手で伸ばす場合は20セットはやりたいところ。
足で踏む場合は、5〜6セットでOKです。

037
無事に揉み終えたら、ラップに包んで生地を30分ほど休ませます。

久しぶりのパスタ作りは、流れを体が忘れていてちょっとびっくり。
でも、手が込めば込むほど楽しい。
なんてったって今回はデュラムセモリナ粉を使っているので、余計に楽しみです!

次回、「簡単すぎて‥怖い」の巻に続きます!