カテゴリー別アーカイブ: 少女漫画

ニナのお母さんが作るレモングラスクッキー 後編

前篇の「クッキー、それは王道で難所」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜サクッとした食感が大事 の巻〜

レモングラスを足すか迷った挙句、入れすぎてくどい、というが一番避けたいなという結論に落ち着きました。

021
ということで、材料をざっくりと混ぜます。

023
ラップに包んで、

025
親指と人差し指で輪を作って、細長い筒状に形を整えます。

027
こんな感じ。

形が整ったら冷凍庫に入れて冷やし固めます。
時間がない場合は冷蔵庫でも。

ニナのお母さんのクッキーは丸くて、家庭で娘に作ってあげるクッキーといえばでアイスボックスクッキーが近いかなと思い浮かびました。

002
よく冷えて固まりました。
生地にうっすらレモングラスが見えますね。

004
生地が柔らかくならないうちに、包丁で一口大にカットしていきます。

006
あとはこれを間隔をあけて並べて、170℃のオーブンで15〜20分ほど焼きます。

009
良い感じの焼き色になりました。
焼きあがったらしばらく粗熱をとります。

作中では、おそらく焼きあがった頃に野菊がニナの母の元を訪れた感じかな?
出迎えて、紅茶やコーヒーを淹れたら、ちょうど良い頃合いになりそうです。

014
「ちょうどクッキーを焼いていたの。甘いものは好きかしら?」

015
それでは早速いただきましょう!

食べるとサクッとして、まだほのかに温かいです。

牛乳を入れた為、外側はハードな食感。ボリッとまではいかなくても、カリッとしています。
でも、中身までハードな食感はなく、中身はサクッとしていて全体的に軽い口当たり。

バターと相まってミルキーな味わいのなかに、レモングラスがほのかに香ります。
うん、美味しい!

レモングラスの加減もちょうど良いです。しつこくなく、それでいてしっかり香る。
食べる前は、レモングラスというとベトナムフォーに使うイメージが強くくせがあるのではないかと心配だったのですが、全く心配なし。

とても上品で、それでいて食べやすい味です。
シナモンよりもお子さんが食べるにはベストなハーブ・スパイスな気がします。

コーヒーや紅茶はもちろんですが、お子さんがミルクなどと一緒に食べるのにも向いているくせのない味でした。

クッキーって、家庭で作るお菓子の王道ですよね。
ちょっと硬くても、焦げ目が強くても楽しくて、美味しい。

娘の喜ぶ顔が見たくって、ニナのお母さんはなんども作ったことでしょう。
ハーブを入れるあたり、作り慣れているお菓子作り上手な雰囲気がします。

野菊の顔をほころばせる美味しさは、母の味。
温かさに包まれつつも、物語の展開を考えると、このシーンで悲しさが際立ちます。
ちょっぴり胸が苦しくなる、そんな一品なのでした。

ニナのお母さんが作るレモングラスクッキー 前編

〜クッキー、それは王道で難所 の巻〜

今回は松浦だるま著の漫画「累」の6巻に登場する一品です。

「累」は美醜がもたらす人生への影響、そして足掻きを描いた作品。

主人公は、類まれなる美貌と演技力で伝説となった女優「淵 透世」の娘である累(かさね)。
累は、母の美しさが嘘のような醜女です。

「母があの淵 透世なのが信じられない容姿」だと嘲られ、幼少期からいじめられる毎日。
醜いから父親に捨てられ、唯一頼れる母も亡くなった。

彼女の周りには、彼女を疎ましく思う人間しかいません。
誰からも愛されず、存在するだけで忌み嫌われる生活が続くなか、彼女に転機が訪れます。

それは小学校の学芸会のこと。
美しく意地の悪いクラスメイトから、「母親が女優さんなんだから、伝説の女優の子のシンデレラが見たいです」と吊るし上げ目的に主役に仕向けられた累。

彼女のなかのプライドが断ることを許さず、彼女は自分を笑う人々を見返す為に一生懸命練習します。

生れながらの才能か、それとも、醜く生れた為に渇望する明るい世界への執念がそうさせるのか、彼女の演技は神がかったものでした。

それでも、そんなものクラスメイトは望んでいない。
美しい者のたった一言で、つかの間の幸せは終わりを迎え、みじめな毎日に元どおりする‥

そのはずでした。

「口紅をぬって あなのたのほしいものに くちづけを」

亡き母の言葉を思い出した時、彼女は恐ろしい魔法を手に入れます。
母が遺した口紅をつけてくちづけをすると、相手の顔を奪うことが出来るというもの。

彼女は自分の醜い姿を捨て、美しい誰かになることを心に決めます。
でも、それは誰かの不幸の上に成り立つもの。そして、母の美しさもまた、誰かの不幸のもとに成り立っていたという因果が物語をより深い闇へと誘って行きます。

今回のクッキーは、そんな口紅の犠牲を受け、真相に近づく野菊という女性が食べたもの。
野菊は偶然にも、累が顔を借りているニナの母親と知り合います。

野菊がニナの母親にもう一度会いに来た時、「ちょうどクッキーを焼いていたの。甘いものは好きかしら?」ともてなされたクッキー。

野菊は「自分の母も生きていたらこんな時間を共に過ごすことがあっただろうか」と思い、また、ニナの母も娘を思い、悲しげな空気になるシーンです。

香りがよくてハーブのよう、と聞く野菊に向かって、「レモングラスがはいっているの」と教えてくれたニナの母。

サク、という音が想像力をかきたてます。
上品で優しげなお母さんの作るクッキー、是非食べたい!

ということで、調理スタートです。

【用意するもの】
003
バター、砂糖、薄力粉、牛乳、レモングラス

006
鍋に牛乳とレモングラスを数枚入れ、煮立てます。
数分、冷ましがてら蒸らして、レモングラスの香りを出します。

009
牛乳の粗熱が取れるまでに、薄力粉は泡立て器でかき混ぜてきめ細かくします。

010
残りのレモングラスを割いて、

011
ハサミで細かく刻みます。

018
刻んだレモングラスを薄力粉に加えて混ぜておきます。

016
常温で柔らかくしたバターに砂糖を加え、すり混ぜます。

019
薄力粉のボウルに、バターと牛乳を加えます。

混ぜる前にクンクン、と匂いをかぐと、レモングラスの香りがバターに隠れちゃっていて感じられなくてちょっと不安に。
焼きあがった香るかな?足したほうがいいかな?

足すなら混ぜる前の今。でも、上品に香る程度が良いし‥とちょっと考え込んでしまいます。
どうか無事に美味しく仕上がりますように!

次回、「サクッとした食感が大事」の巻に続きます。

のだめ特製ピザ味のケーキ♡ 後篇

前篇の「歌うようにレシピを作ろう」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜スポンジとトッピングの間で の巻〜

炊飯器のスイッチを入れて待つこと数十分。

炊飯完了の音がしたら、竹串片手に炊飯器を開きます。
電子オーブンでスポンジを作る時と同じですが、一度生地に竹串を刺して、中まで焼けているか確認します。

竹串に何もついてこなければOK。生焼けの生地がついてくる場合は、追加で加熱して下さい。

002
無事に焼けたので、炊飯器から取り出してすぐにラップに包みます。

オーソドックスなケーキを作る場合はここで一晩ほど寝かせてしっとりとさせるのが大切。
ですが、今回はこの後にピザの要領で焼くので、あまり重視しない方向でいきます。

これでスポンジは出来上がり。
あとはこのケーキの要であるピザ味部分の作成です!

【用意するもの】
007
ピザソース、ミックスチーズ、サラミ、ジャガイモ、タマネギ、ピーマン、スポンジ

003
ピザソースはのだめでも作れる簡単ソース。
ケチャップ、マヨネーズ、醤油、ドライパセリを混ぜるだけ。

004
ドライパセリはオレガノや青粉に変えても、美味しく仕上がります。
もちろん入れなくても大丈夫。

008
スライスしたタマネギと輪切りにしたジャガイモを耐熱容器に並べます。

010
ふんわりラップを被せて、電子レンジで柔らかくなるまでチン!

013
スポンジの高さが物足りないので、タマネギを積みます。

014
ピザソースをまんべんなく塗ります。

016
ジャガイモを一面に埋め尽くします。

018
ピーマンとサラミを散らし‥

019
おぞましい量のチーズを乗せます。

022
チーズの上に更にサラミとピーマンをトッピング。

あとは予熱したオーブンで、チーズがとろけるまで加熱すること数分。

ビストロ・アニメシ のだめカンタービレの食べ物再現 漫画飯 アニメごはんの作り方 のだめのピザ味のケーキ 前田未希
これがピザ味のケーキだ!!!!

見ているだけでお腹いっぱいになりそうなボリューム感が伝わるでしょうか。

高さは悪くないし、チーズがドロドロと流れなかったのは、成功と言えます。
しかし、チーズが多すぎるからか、何故かあまり美味しそうに見えない。

ビストロ・アニメシ のだめカンタービレの食べ物再現 漫画飯 アニメごはんの作り方 のだめのピザ味のケーキ 前田未希
ケーキカット。

崩れるかとおもいきや、どっしりと安定感があるので簡単に切り分けできました。

ビストロ・アニメシ のだめカンタービレの食べ物再現 漫画飯 アニメごはんの作り方 のだめのピザ味のケーキ 前田未希
サラミに脂がたまっているのが脅威ですが、ぱっと見は悪くない感じです。
ケーク・サレのように、惣菜系の美味しいケーキとして仕上がっていれば良いのですが‥

040
まずは一口。

スポンジの甘さを極力少なくしたので、ピザ味とスポンジが大喧嘩をしているわけではないです。
が、美味しいかと言われれば、美味しくはない。

食べられないことはないのですが、味が散乱していて、まとまりがない。
ピザの良さは、ボリュームのあるトッピングとピザ生地のバランスにあるのだということに気づかせてくれます。

スポンジケーキはピザを請け負うには頼りなく、そのくせ口の中で幅を効かせてとても邪魔。
スポンジケーキの中に粉チーズや野菜を入れてケーク・サレのようにすればまた違ったのかも知れませんが‥でも、そうするとのだめらしくない!

見た目の再現を重視したあまり、チーズが多すぎるのが敗因かもしれません。
量が多すぎて、チーズがとろけずにボテッと塊になってしまっています。

結局、このケーキを千秋先輩が食べることはなかったけれども、もし食べていたら遠慮なく「不味い」と言いそう。

その上で皆でワイワイ文句を言いながらも食べようとしたり、千秋先輩がひと手間加えてリカバリーしてくれそう‥と想像して楽しくなる一品でした。

のだめ特製ピザ味のケーキ♡ 前篇

〜歌うようにレシピを作ろう の巻〜

今回作成するのは、のだめカンタービレに登場するケーキ。

主人公のだめが千秋先輩と出会って、初めてのクリスマスを一緒に過ごす為に作ろうとしたケーキです。
料理は不慣れだけど、一生懸命メレンゲの練習をしたり、ケーキの味はどれがいいかな?と考えたり‥

上の文面だけ見るととてもスイートな展開に思えますが、そんなことはありません。

事の発端は、千秋先輩に思いを寄せる「体は男性、心は乙女」なティンパニーの真澄ちゃんが、千秋先輩の近くにウロチョロいるのだめを快く思わないところから始まります。

「アンタ!千秋先輩に近寄らないで!」
千秋先輩の気持ちはそっちのけで始まる、強烈なキャラクター二人の珍獣対決。

もめる二人をなだめるべく、ヴァイオリンの峰君が提案した平和的解決が、2週間後の24日、千秋とデータの約束をしたほうが勝ちという「クリスマスイブ・デート勝負」なのです。

真澄ちゃんは千秋先輩の好きな音楽のコンサートチケットで誘う作戦。

一方ののだめは、「24日、私部屋を掃除して、クリスマスケーキ作ります。だからうちに来てください!」とストレートなお誘い。

千秋先輩に「おう!」という返事をもらえた!と思ったのだめは、ワクワクでケーキの味の案を出してきます。

ケーキが書かれた紙を見ると、そこには「ピザ味・カレー味・チョコ味・クリーム味」のカオスなラインナップが。

ピザ味!?カレー味!?

のだめの奇想天外なセンスは、ピアノだけではなく料理にも通じるよう。
ちょっと結果が怖いですが、これは作るっきゃ無い!

今回は一番最初に目に入ったピザ味の再現を試みます。
ということで、調理スタートです。

【用意するもの】
007
薄力粉、卵、砂糖、マヨネーズ、塩

のだめケーキ案によると、上はそれぞれ味に合うトッピングなのですが、どれも土台は共通して「スポンジ」の記載があります。

漫画にはメレンゲを練習するシーンもあるので、スポンジは作っていると想定できます。
でも、いつも貧乏なのだめ。いつもカオスなのだめ。

普通のスポンジケーキに何かアレンジを入れるのでは?と考えた結果、バター不使用でマヨネーズを使用する方針に決めました。
トッピングがピザ味ということで、スポンジが甘すぎないようにするという狙いもあったりなかったりです。

008
卵は卵黄と卵白に分けます。

013
千秋先輩とのスイートな夜を想像しながら、卵白を泡立てメレンゲに。
砂糖は数回に分けて加え、ピンとツノが立つまで泡立てます。

014
卵黄はマヨネーズと塩を加えます。

016
材料をよく混ぜあわせます。

017
メレンゲ1/4弱を卵黄に加え、よく馴染ませます。

019
予め少量のメレンゲを加えておくと、メレンゲと合わせた時に気泡が潰れづらくなります。

021
メレンゲに、少量のメレンゲを加えておいた卵黄を加えます。

022
メレンゲの気泡が潰れないよう、スパチュラや木べらで切るようにさっくりと混ぜあわせます。

023
ふるいにかけた薄力粉を2〜3回に分けて加えます。

024
同じように切るように、さっくりと混ぜあわせます。

025
薄力粉が生地に馴染んでなくなったらOK。

普段はここから、ケーキ型に注いだ生地を予熱したオーブンで焼く!という流れなのですが、ふと疑問が‥

一人暮らしの貧乏学生のだめの家に、電子オーブンがあるのだろうか?
あるとしても、レンジ機能のみのものか、オーブントースターでは?

そう考えたら止まらない。
ここは、のだめらしいケーキを作る為に電子オーブンは使わずに作りたい!

020
ということでたどり着いたのが、「炊飯器」!
釜の内側にサラダ油を塗って、生地のくっつき防止をしておきます。

026
生地を高い位置から注ぎ込みます。

029
何回か釜ごと落として、大きな気泡を抜きます。

あとはコレを炊飯器にセットして、炊飯スイッチを押すだけ!

次回、「スポンジとトッピングの間で」の巻に続きます。


※炊飯器によってはケーキ作りと相性が悪いものもあります。
専用のケーキ作りコースがある場合はそちらを選択、説明書に炊飯以外の使用不可と記載されているものでの作成は故障の原因になるのでおやめ下さい。