カテゴリー別アーカイブ: 星のカービィ

ジェントルマンはローストポークがお上手 後編

前篇の「炭火はちゃんと、アウトドアで の巻」をお読みでない方は、まずはコチラ

~突如現る二つの刺客 の巻~

031
お肉の下ごしらえが完了したら、次はダッチオーブンの準備です。

そもそもダッチオーブンとは何のことかと言うと、分厚い蓋つき鍋のうち、蓋に炭火を載せられるようにしたものの総称。

ざっくりと言うと、「鍋の形をしたオーブン」なのです。

オーブンというと加熱調理器具のものを想像しがちですが、ダッチオーブンの見た目は鍋そのもの。

古くはアメリカの西部開拓時代から存在が確認されており、国によって名前が違ったり、類似のものがあったりと奥深い調理器具です。

ダッチオーブン自体の分厚さと重さによって、食材に熱がじんわり均一に入り、水分を逃さないのが特徴。
通常の鍋では考えられませんが、その特徴を活かしピザやパン、ローストチキンなどの調理に多く使われるバイタリティに富んだ代物です。

032
本来は使い始める前に「シーズニング」という鍋の腐食を防止する作業が必要となるのですが、今回はシーズニング不要ですぐ使える!という代物を購入したので、すぐに炭火にオン。

調理をはじめる前に、ダッチオーブンをしっかり熱します。

034
オリーブオイルを一匙いれます。

035
鍋を回して、全体にオリーブオイルを行き渡らせます。

038
十分に温まったら、豚肉をダッチオーブンに入れます。

040
外側に焼き色をつけていきます。
こうして肉を先に焼くことで、肉の変形と肉汁が出てしまうのを防ぎます。

041
側面も忘れずに。

042
もっと強く焼き色をつけてもいいくらいですが、あまり熱しすぎると出来上がりがパサパサになってしまうのでこのくらいで止めます。

044
一旦、お肉を取り出しお皿に乗せておきます。

045
あとは、ダッチオーブンに野菜をゴロゴロと入れ‥

046
お肉を再度入れます。

047
ちょっと入れすぎました。

048
ダッチオーブンを揺すって、お肉の位置を調整し、なんとかまとまりました。

049
蓋をしっかり閉めます。

050
パーム大臣のように、あとはこのまま放って置くだけ。
可能であれば、せっかくなので蓋の上にも炭を乗せると熱の入りが良くなります。
乗せなくても勿論OK。

052
火は強すぎないように、時折様子を見て下さい。

さて‥

053
出来上がるまで、およそ45分。暇を持て余します。

043
外で遊ぼうにも、この日はあいにくの雨。

054
そこでコレの登場!

紅の豚のピッコロ社のペスカトーレで購入したスカンピです。

またの名を手長エビと呼ぶというのに、肝心の手が折れてしまったもの、予備として買った分。

幸い炭火の網が半面空いていることですし、せっかくなので、ローストポークを待つ間これを焼いてプチBBQとしけこもうではありませんか!

055
いそいそとスカンピを縦半分に切ります。

057
軽く塩を振って、炭火で焼くだけ。
このシンプルなのに贅沢な感じは一体何なのでしょう。

本来ならばローストポークと共に食べようとしていたオニギリも、空腹に負けて食べ始める一行。

あくまで今回の主役はローストポーク。
空腹は極上のスパイスと言いますし、スカンピでお腹一杯になったらどうするんだ!という問題がありますが‥目の前の香ばしい磯の香りには抗えず‥

そして、もう一人の刺客が現れるのです。

008
はるばる松阪からやってきた、あの食材が‥?

011
そうです。実は、ちゃっかり焼肉用も買ってきていました。

060
嗚呼、この霜降り。

061
ビストロ・アニメシの暴走は止まりません。

062
さっと炭火で焼いて、ワサビ醤油で食べたらもうたまりません!

食べては次の肉、食べては次の肉!と焼肉に夢中でなる我々。

051
どことなく淋しげなローストポーク。

スカンピと焼肉でお腹が満たされた直後という大変高ハードルな空気の中、ちょうど45分が経過しました。

064
蓋の上の炭を取り、灰をうちわで飛ばします。

065
専用のフックで蓋を持ち上げると‥

星のカービィ ローストポーク ダッチオーブン ビストロ・アニメシ
湯気が立ち込める中、ローストポークの出来上がりです!

野菜から出た水分なのか、鍋からはくつくつと煮える音が。
ローストポークは鍋に触れていた部分がジジジ‥と焼けて、なんともジューシーで香ばしい香り。

一度蓋を閉めたら出来上がりまで全く中が見れないので、この出来上がりとのご対面は自然と気持ちが高まります。

星のカービィ ローストポーク ダッチオーブン ビストロ・アニメシ
ヤケドに気をつけて、ローストポークを切り分けます。

星のカービィ ローストポーク ダッチオーブン ビストロ・アニメシ
中はしっとり、綺麗なピンク色です!

星のカービィ ローストポーク ダッチオーブン ビストロ・アニメシ
滴る肉汁が艶々で、焼き色は綺麗なきつね色のローストポーク。自然と胃袋に余裕ができます。

星のカービィ ローストポーク ダッチオーブン ビストロ・アニメシ
野菜を取り分けようとしてビックリ。
あまりにも柔らかくて、力を入れすぎると危うく崩れしてまいそうです。

星のカービィ ローストポーク ダッチオーブン ビストロ・アニメシ
じわじわと透き通った飴色の肉汁が溢れてきました。

星のカービィ ローストポーク ダッチオーブン ビストロ・アニメシ
せっかくの美味しさが逃げないうちに、まずはそのままパクっと一口食べてみるともう感激!

下味がしっかりと染みてしっとりとした食感に、噛むたびに肉汁が染み出るジューシーさ。
クレイジーソルトが善戦し、お肉は臭みが一切なくハーブとにんにくのスパイスが最高です。

スカンピと松阪牛を食べた後の胃袋を持ってしても美味しいと感じるなんて‥と、ダッチオーブンの底力を感じた瞬間です。

そして感激はお肉だけでは留まりません。
じゃがいものほっこり具合も、食べると顔がほころぶ美味しさなのですが、何といっても驚きなのは玉ねぎと人参の甘さ。

今回、食材は特にこだわらず、なんの変哲もないスーパーで得られている普通の野菜を購入したのですが‥
フォークで刺せないほど柔らかくなった玉ねぎと人参は、口に入れた途端にほろほろと崩れ、舌いっぱいに甘さが広がります。

野菜ってこんなに甘かっただろうか?と驚くその甘さ。
甘いだけではなく、味がぎゅっと中に詰まっているのです。

これも、蓋が重く水分を逃さないダッチオーブンの成せる業。
野菜の身いっぱいに凝縮された味わいに、思わずパクついてしまいます。

星のカービィ ローストポーク ダッチオーブン ビストロ・アニメシ
「これにはカラシが合うんだ」というパーム大臣のオススメに従ってマスタードをつけて、また一口。

これがまたクセになる良いお味!
豚肉の味がマスタードによってよりクリアになり、ピリッとした辛さが油っぽさを緩和します。
マスタードの粒のプツプツとした食感もまた楽しいものです。

鍋の底に面していた部分はいくらか焦げ付いていましたが、それも真っ黒ではなく深い飴色。
ここに肉汁やワインを足せば美味しいグレイビーソースが出来上がるのですが、この焦げをそのまま絡めて食べるのもまた味わい深いです。

豚肉はあらかじめ焼かずに、そのまま入れても十分に加熱されるので、お好みで作り方のアレンジが可能。

この他にも、レモンをふりかけたりお好みの調味料で味の幅を楽しむことができます。

気軽に作れて失敗なし!しかもこんなに美味しいとなれば、パーム大臣の株が急上昇するのも納得の一品なのでした。

「これならいくらでも入る!」とうっかり食べ過ぎてしまうローストポーク。

ただでさえボリューム満点のメイン料理なので、待ち時間の間の食事はほどほどにしないと一日中お腹がきついことになるのが要注意です。

「どれも美味しかったから後悔はない!」と言いつつ、パンパンになったウェストのベストを緩めて帰路につくビストロ・アニメシなのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

ジェントルマンはローストポークがお上手 前編

~炭火はちゃんと、アウトドアで の巻~

001

今回作成するのは、星のカービィ第82話「合体ロボ・リョウリガーZ!」より、パーム大臣のローストポーク。

ある日の夕方、カービィの住むプププランド。
パーム大臣の家では、専業主婦のメームの帰りが遅いということで、外食にするか誰かが作るかということになります。

外食をするにも選択肢である店はデンジャラスな料理で有名だし、作るにも一体誰が?とちょっと不穏な雰囲気。

「姉ちゃんが作れよ!」というブンに、「何ですって!」となるフーム。

「まぁまぁ」と、そんな二人をなだめるのは、いつも穏やかな父親パーム。

彼が料理を出来るなんて思いもしない子供たちとカービィですが、とにかく彼を見守ります。

外に出て一体何をするのかな?と思ったところで登場するのはダッチオーブン。

材料をダッチオーブンにいれながら、「パパが若いころ、よく山に登ってはこうやって作ったもんさ」というパーム大臣に、子供たちは物珍しそうに見学。

あまり見慣れない光景に最初は期待していなかった子供たちですが、その見事な手さばきに父親を見直します。

そうして出来上がったローストポークは、グツグツと煮えて何とも美味しそう。
食べた三人も驚きの美味しさです。

星のカービィでこんなに本格的なメニューが出るの?と驚かされつつ、その描写が何ともたまらず魅了します。

あんなに簡単な手順で果たして本当に美味しくなるのか、さっそく作ってみましょう!

室内七輪での反省を活かし、今回は炭火を使うのでアウトドアでの再現料理です。

【用意するもの】
002
豚肩ロースブロック、玉ねぎ、じゃがいも、にんにく、人参、オリーブオイル

026
そしてクレイジーソルトとブラックペッパー。

クレイジー ソルト 113g

クレイジーソルトはハーブやスパイスがたっぷりで、アウトドアにピッタリの便利アイテム。
これがあれば、ローリエやローズマリーを入れる必要はありません。

普通の塩を使う場合は、ローリエとローズマリーを加えて下さい。
塩は岩塩を使うと、仕上がりがぐっと美味しくなります。

003
豚肉は肩ロースであればお手頃な価格のもので十分OKです。

006
まずはじゃがいも、人参をよく洗います。

010
皮ごと使うので、泥が落ちるまでよく洗って水切りしておきます。

012
水気が切れたら、じゃがいもだけボウルに戻します。

008
炭火は早い段階で着火し、ダッチオーブンを火にかける時には完全に火が落ち着いている状態にします。

011
お次は玉ねぎ。

013
皮を剥いたら、上と下を切り落とします。

014
半分に切ったら、根本を切り落とします。

015
ボウルに入れたじゃがいもに、この玉葱を加えます。

016
人参は皮を剥かずにそのままカット。

017
ごろごろと大振りにカットします。
お好みで写真よりも大きく切り分けてもOK。

018
ボウルに人参を加えたら、これで野菜の準備が整いました。

019
お肉の下ごしらえににんにくを使用します。

020
にんにくは根を切り、縦に3~4等分。

022
包丁でにんにくの数だけ切り込みを入れます。

023
切り込みににんにくを挿し込みます。

024
にんにくは全体にまんべんなくなるようにします。

021
作中では塩こしょう→フォークの順ですが、塩こしょう・スパイスがより馴染むために順番を逆に。
まずは肉全体にフォークを刺します。

027
フォークで刺し終えたら、スプーン一匙の塩を用意。
今回はクレイジーソルトです。

028
全体にサラサラっと振りかけます。

029
手で軽く塩を馴染ませます。

030
胡椒を全体に挽きまぶします。
クレイジーソルトにもペッパーは入っていますが、出来ることなら、やはり挽きたてをプラスすることがオススメです。

031
これでお肉の下ごしらえも完了!

この頃には火も丁度良く落ち着きます。

野菜とお肉の下ごしらえも終わり、あとは遂にダッチオーブンに野菜とお肉を入れるだけ?

‥と、思いきや!

その前に、まだまだ必要な行程があるのです。

今のところ簡単だけれども、果たして上手く出来上がるのか?
鍋に焦げ付いたりしないのだろうか、作中のようにグツグツ言うほど水分は出るのか‥期待と不安でドキドキ。

次回、「突如現る二つの刺客」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□