カテゴリー別アーカイブ: 絵本

ぐりとぐらのカステラ 後編

前篇の「フライパンからちぎって食べたい」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

~試行錯誤の果てに の巻~

002
どうやって焼くかが懸念材料ですが、ひとまず、フライパンへ生地を流し込みます。

003
軽くフライパンを落下させたり、竹串で生地を刺したりして、生地内の空気を抜きます。

作中のイメージとしては、屋外で火をおこしてフライパンごと火にかけるのがベスト。
ですが、それはなかなか難しいし、綺麗な焼き上がりを求めるとハイリスク。

迷った挙句、今回は無難にオーブンレンジを使用することにしました。

余熱したオーブンで焼くこと30分。
ビストロ・アニメシ ぐりとぐらのカステラ フライパンでカステラ
フッカフカの綺麗な焼き上がり!

ビストロ・アニメシ ぐりとぐらのカステラ フライパンでカステラ
絵本のように黄色、という感じではないけれども、なかなか美味しそう。
割れ目から綺麗な黄色が見え隠れしています。

ビストロ・アニメシ ぐりとぐらのカステラ フライパンでカステラ
せっかくなので、焼きたての温かいうちに頂きましょう!
ここはやっぱり、森の動物たちのように手づかみでちぎって召し上がれ。

きめ細かい生地はしっとりとしていて、驚くほどふわっふわ!
バニラとミルクの甘い香りに癒されます。

スポンジケーキはラップで包んで、一晩寝かせてしっとりとさせるのが定説ですが、これは焼きたてのホカホカが美味しい!

シンプルだけど、とにかく美味しくて飽きません。
あっという間に食べ終わってしまいました。

今回は小さめのフライパンで作りましたが、いつか実寸大で大きなカステラも作りたいものです!
お腹いっぱいのカステラ…想像するだけで楽しくなります!

ぐりとぐらの「楽しいことを考えるワクワク感」と、甘い匂いに誘われた森の動物たちのハッピーな気持ちの両方を楽しめる一品でした。

美味しかった!

ぐりとぐらのカステラ 前編

〜フライパンからちぎって食べたい の巻〜

今回作成するのは、絵本ぐりとぐらに登場するカステラ。

ある日のこと、ぐりとぐらは森で大きな卵を見つけます。
何か美味しいものが作れやしないかと話して、作ることになったのがカステラ。

楽しそうに卵を割ったり、お砂糖にミルクを加えるぐりとぐら。
フライパンに生地を注いで焼いて…

出来上がった、ふんわりとした黄色いカステラ。
甘い香りが絵本からも感じられそうなくらいに美味しそうです。

甘い香りに誘われて、森の動物たちが集まって、最後はさながらカステラパーティ。
フライパンで焼いたカステラを皆でちぎって食べているのが素敵です。

カステラというと正方形や長方形の型にザラメを敷いて、蒸し焼きにするイメージが強いです。
ただ、このぐりとぐらに登場する素朴なケーキタイプも非常に魅力。

ということで、フライパンでぐりとぐらのカステラ、作ってみましょう!

【用意するもの】
036
薄力粉、卵、バニラエッセンス、砂糖、牛乳、バター

絵本に倣って、材料はごくシンプルにいきましょう!

037
まずは卵を卵白と卵黄に分け、メレンゲ作りです。

038
メレンゲは数回に分けて砂糖を加えます。

039
ピンとツノが立つまでしっかり泡立てます。

040
メレンゲができたら、卵黄を一つずつ加えます。

041
色が一色になるまで、よく混ぜます。

042
薄力粉はあらかじめダマができないようにふるいにかけます。
写真のように泡立て器でかき混ぜても良いし、ザルでふるいにかけてもOK。

043
卵黄を混ぜ終えたら、ふるいにかけた薄力粉を加えます。

045
溶かしたバター、人肌に温めた牛乳、バニラエッセンスを加えます。

046
すべての材料が混ざるまで、よく混ぜます。
生地がもったりとして、持ち上げるとリボン状に垂れるくらいがベスト。

バニラエッセンスが香りを際立たせます!
甘くて優しい香りにうっとり。

あとはこれを焼けば出来上がり!なのですが…
ぐりとぐらのように焚き火をおこしてフライパンごと火にかけるわけにもいかないし、どうしたものか。

ふんわりと黄色いカステラを再現するには、一体どうしたら?

というわけで、次回「試行錯誤の果てに」の巻に続きます!

アナグマとウサギの奥さんのしょうがパン 後編

前篇の「パンなのか、ケーキなのか、クッキーなのか?」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜ウサギさんの型がないの の巻〜

クッキー生地を作り終え、冷蔵庫で寝かせること1時間。
お次はいよいよ型取りです!

001
絵本の挿絵にあったように、小麦粉を生地にふりかけて打ち粉にし、めん棒で伸ばします。
厚さは5〜7㎜目安。

そしてここが今回のクッキーの最難関。
アナグマとウサギの奥さんが作っているそれは、可愛らしいウサギの形をしているのです。

しかし、ピッタリくるクッキー型がなかなか見当たりません。

どうしたものかと考えあぐねましたが、結局挿絵のウサギ型を見つつ、クッキングシートで大まかな雰囲気をつかんだ型紙を作成。

002
生地の上にそれを貼って、ナイフでくり抜きました。
目は箸を刺せば出来上がり。

003
地道な作業を黙々と続け、

004
ウサギを増やします。

すべて型取りを終えたら、余熱済みのオーブンで15分ほど焼きます。

お菓子作りはこの焼き上がりを待つ瞬間が楽しいです。
焼き上がりが近づくにつれ、フワッと甘い香りが立って待ち遠しいったらない。

005
焼き上がりはほんの少し柔らかいですが、バットで冷ますとちょうどよくなります。
クッキーはくれぐれも焼きすぎない、というのが訓戒です。

ビストロ・アニメシ 前田未希 絵本のお菓子の作り方 わすれられないおくりもの しょうがパンの作り方 しょうがパンのレシピ ジンジャーブレッドクッキーの作り方 スーザン・バーレイの絵本に出てくるクッキー
余熱をとったら、出来上がり。
山盛りウサギになりました。

ビストロ・アニメシ 前田未希 絵本のお菓子の作り方 わすれられないおくりもの しょうがパンの作り方 しょうがパンのレシピ ジンジャーブレッドクッキーの作り方 スーザン・バーレイの絵本に出てくるクッキー
ウサギさん、わりと絵本に似せることができたかな?

全く計算していなかったのですが、ふちがほんのりと濃い焼き色になって、野うさぎみたいで可愛くなりました。

シナモンの香りに、三温糖とバターのまろみがかかった香り。
しょうがパウダーを多めに入れたので、味がとがってしまわないかちょっと心配でした。

いよいよ、まだほんのり温かいクッキーを、ひとくち。

外側は、カリッコリっという音がなるしっかりとしたクッキー。
でも、硬いわけではありません。中がほのかにしっとりとしてほろけて、ちょうど良い感じ。

うん、美味しいです。
シナモンとしょうがの香り高く、それでいてバターがそのとがりを抑えていて優しくまとまっています。

イギリスの伝統を感じる、ほっとするけれども洗練された味。
コーヒーや紅茶にぴったりのクッキーです。

薄茶色のウサギさんクッキー、可愛らしくて食べるのが勿体ないなぁと思いつつ、素朴で後引きます。
早々に食べつくしてしまいました。

レシピがアナグマさんからウサギの奥さんへと受け継がれ、アナグマさんが遠いところに行っても、レシピを通じて思い出して偲ぶことができる。

「皆誰にも、何かしら、アナグマの想い出がありました。
アナグマは、一人一人に、別れた後でも、
宝物となるような、知恵や工夫を残してくれたのです。
皆はそれで、互いに助け合うこともできました。」

まさに作中の言葉の通りなんだろうな、と感じました。

最後の雪が消えて、皆の悲しみも癒えたころ。
春の訪れとともに、アナグマを思い出して皆で談笑するシーンを想像します。

暖かな陽気につられて、外でお茶会なんかして、そんな時、このクッキーがそこにありますように。

しんみりしつつ、良い気分になる一品なのでした。

アナグマとウサギの奥さんのしょうがパン 前編

〜パンなのか、ケーキなのか、クッキーなのか? の巻〜

今回作成するのは、スーザン・バーレイ著の絵本「わすれられないおくりもの」に登場するしょうがパン。

このお話は小学校の国語の教科書にも採用されている有名なお話なので、ご存知な方も多いかもしれません。

子供へ向けて作られた、身近な人の「死」と向き合う話。

お話に登場するのは、いつも森の皆から慕われていた、賢くて物知りなアナグマ。
穏やかな森での、年を取ったアナグマが死に、そして死んだあとの皆が描かれています。

死に行く、というと恐れや悲しさが心を支配してしまいがちですが、アナグマの死の瞬間は、彼の夢として受け入れやすく描かれていて、それは決して絶望ではありません。

ある夜、長いトンネルを走る夢を見ながら死んだアナグマ。
トンネルを進めば進むほど、重かった足が軽くなり、いつぶりか走れるようになって、どんどん奥へと進みます。

生から死への道をトンネルに揶揄して、死の世界へ行ったことで生での苦しみから解放される。
アナグマは、十分に生きたからなのか、死を静かに受け入れ、どこかほっとしたかのような描写が印象的です。

「長いトンネルのむこうに行くよ、さようなら アナグマより」
アナグマの死を受け入れられないのは、そんなアナグマの最期の手紙を読んだ森の皆。

悲しみが森を覆いますが、それでも四季は変わり、アナグマのいない世界が始まります。
それぞれがアナグマとの思い出を語り、彼を偲ぶことで気持ちを整理して、前へと進んでいく。

子供の頃に読んだ印象は、「トンネル」の薄暗い雰囲気が少し不気味で不安で、でも読後感は悪くなかった記憶があります。

なかでも、皆がアナグマとの思い出を語るところは、本当にアナグマが好かれていたこと、人格者だったことを物語っていて、それが嬉しくて。

誰もが知っている料理上手なウサギの奥さん。
でも、彼女に最初に料理を教えたのはアナグマでした。

アナグマとウサギの奥さんが、二人で楽しそうに作る「しょうがパン」。
挿絵には、クッキーのような生地を伸ばすアナグマに、ウサギ型で生地をくりぬく奥さんの姿。

しょうがパンってクッキーみたいなのかな?と子供心に疑問を抱いたものです。

ということで、今回は謎を解明するべく、しょうがパンの作成です。

【用意するもの】
006
薄力粉、シナモンパウダー、三温糖、バター、卵、塩、ジンジャーパウダー

「しょうがパン」というとフワッとしたパンをイメージしてしまいますが、英語に戻すと元の意味が解明されていきます。

「ジンジャーブレッド」とは、イギリスの家庭で古くから親しまれているお菓子の一つ。
日本ではあまり一般的なものではないかもしれませんが、欧米ではとても馴染みのある食べ物です。

生姜の香りと黒砂糖の甘さがやさしい味わいのジンジャーブレッド。
パウンドケーキのような形でしっとりとしたタイプと、よく「ジンジャーマン」でおなじみのクッキータイプがあります。

では2種類のうち、どちらのジンジャーブレッドなのか?
悩みに悩んだのですが…「しょうがパン」というと、しっとりしたタイプ?と思いもしましたが、ウサギの奥さんのようにウサギ型にするには、クッキータイプがベスト!という結論に至りました。

ということで、無事にウサギ型のジンジャーブレッドはできるのでしょうか?

009
薄力粉、シナモンパウダー、ジンジャーパウダーはふるいにかけます。

010
バターは常温にしておいたものを泡立て器で混ぜ、クリーム状にします。

012
バターに三温糖と塩を何回かに分け、加えます。

013
よく混ぜて、空気が入って白っぽくなったらOKです。

015
溶き卵も加えます。

016
同じように、空気を含んで白っぽくなるまで混ぜます。

017
混ぜ終えたら、ふるいにかけた粉類を加えて、ゴムベラで混ぜます。

018
切るようにさっくりと混ぜていきます。

020
粉っぽさがなくなり、ひとかたまりになったらOK。

021
ラップに包んで、冷蔵庫で一時間寝かせます。

ジンジャーブレッド独特の薄茶色が良い感じ。
今のところは香りも良く、生地の状態もまずまず。

でも、クッキーは焼きあがって食べる瞬間まで成功がわからないですからね!

次回、「ウサギさんの型がないの」の巻に続きます。