カテゴリー別アーカイブ: 花田少年史

桂ちゃんのハムカツ 後編

前編の「真っ赤な包みのチョップドハム!」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~どうする残りのハム1300g の巻~

色々とハムの形を試行錯誤しましたが、とにかく揚げてみないことには分かりません。
という訳で、いよいよハムカツを揚げていきます!

077
170~180℃に温めた油のなかに、1つずつ入れていきます。
鍋肌からそっと入れてあげます。

079
一度に沢山の量を入れると油の温度が急に下がってしまうので、1~2つずつ、ゆっくり揚げます。

082
キツネ色になるまでじっくり揚げます。
揚げ色が均一になるように、時折ゆっくりかき混ぜ、ひっくり返します。

087
揚がったハムカツは、油を落としてバットに乗せます。

096
お肉屋さんの再現ハムカツは、薄くて小さいのですぐに火が通ります。
余裕がある時は、二度揚げするとよりサックリ。

088
大きな俵型のハムカツも、じっくり揚げていきます。

103
綺麗に揚がりました。

106
これでハムカツ自体は出来上がり!

112
あとは、桂ちゃんのように食パンの上に乗せて‥

116
ソースをかけて‥

ビストロ・アニメシ 桂ちゃんのハムカツ 花田少年史 昭和の食べ物 アニメに登場するご飯を再現
ぱたっと二つ折りにすれば、ハムカツサンドの出来上がり!

ビストロ・アニメシ 桂ちゃんのハムカツ 花田少年史 昭和の食べ物 アニメに登場するご飯を再現
こぼれそうなソースに慌てて、がぶっといただきます!

時間が経過しているのに、ハムカツが薄いからかサクサクが残っています。
しんなりとした部分にはソースが染みこんで、これは美味しい!

チョップドハム特有の味がまた、なんともたまりません。
千切りキャベツも何も入れないこの素っ気なさが、シンプルで美味しい。

ついぺろっと食べてしまいますが、美味しいからといって2個以上食べると胸焼けの危険あり。
揚げ物ですし、さすがにこれを毎日食べると「もう見たくないくらい」なるのも納得です。

013
ハムカツサンド作りで満足しかけつつ、壮太のお母さんの作るお弁当作り。
たらこは切れ目をいれて焼きます。

018
玉子焼きを作って、ご飯を炊いて‥

027
りんごはウサギさん。

030
食べる頃に変色してしまわないよう、塩水に浸しておきます。

032
あとは、タレビンにソースを入れて‥

036
お弁当箱に具を詰めていきます。

あとは、お弁当箱の蓋の内側にカツをセットすれば‥

ビストロ・アニメシ 桂ちゃんのハムカツ 花田少年史 昭和の食べ物 アニメに登場するご飯を再現
ぽんっ!とハムカツが降ってきます。

「うわー!でっかいハムカツ~!」という一路のセリフも納得の特大サイズ。
これは確かにヨダレを垂らしてしまうかも知れません。

ビストロ・アニメシ 桂ちゃんのハムカツ 花田少年史 昭和の食べ物 アニメに登場するご飯を再現
一路はソースもつけずにひと口でバクッと食べていますが、口に簡単には入りきらない大きさ。
見るだけで心もどーんと大きくなりそうです。

お箸でどうにか掴んで、いよいよいただきます!

ビストロ・アニメシ 桂ちゃんのハムカツ 花田少年史 昭和の食べ物 アニメに登場するご飯を再現
お肉屋さんのハムカツよりも厚切りにして、その上この大きさは‥
とにかく、ボリューム満点!

いかに壮太のお母さんが、桂ちゃんが喜ぶようにと気合をいれて作ったのかが分かります。
脇役になってしまった他のおかずも、さすがはお弁当のセオリーたち。

カチコチの焼きタラコに、その家々で味付けの違う玉子焼き‥そして、変色しない代わりにほんのりしょっぱいウサギさん。
家庭らしい素朴な美味しさに、「お母さん」の温かさを感じる一品なのでした。

美味しいけれども、これを毎日食べていたら、一路が太ったように本当に太ってしまいそう。
チョップドハムがまだ半分以上あるので残りをどうするのか考えあぐねつつ、ハムカツを頬張る‥

すでにおデブ確定?なビストロ・アニメシなのでした。

ハムカツはチーズを挟んでも美味しく出来ます。
衣にカレー粉を加えて、カレー風味にしても。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

桂ちゃんのハムカツ 前編

~真っ赤な包みのチョップドハム! の巻~

今回作成するのは、花田少年史に登場するハムカツ。
花田少年史は、事故をきっかけにオバケが見えるようになった少年、花田一路を中心に巻き起こるドタバタな事件を描いた漫画です。

舞台は戦後すぐの日本の田舎。
家の周りはたんぼ、離れにはボットン便所、木造の校舎‥
不便が当たり前で、それでいて活気に溢れて楽しい。そんなノスタルジックな世界が描かれています。

ハムカツは、アニメでは第7話「ハムカツ」に登場します。

ある日、一路の幼馴染・壮太のお母さんと、同級生の桂ちゃんのお父さんのお見合いが執り行われます。
二人は惹かれ合っていますが、桂ちゃんはこの縁談を快く思っていません。

毎朝毎朝、松富精肉店でお昼ごはん用にハムカツを買う桂ちゃん。
食パンにハムカツを挟んだだけの素っ気ないハムカツサンドが、なんとも美味しそう。

「桂ちゃんはハムカツ中毒だ」なんて友達に言われるほど、毎日ハムカツを食べています。

それを知った壮太のお母さんは、桂ちゃんの大好物・ハムカツの入ったお弁当を壮太に託します。
大きなハムカツの入ったお弁当は、お肉屋さんのそれとは違った魅力があります。

昨今ではあまり見かけない、ちょっと懐かしいカツ。それがハムカツ。
お肉屋さんのものも、壮太のお母さんの大きなハムカツ、どっちも食べたい!

という訳で、ハムカツの再現に挑戦です。

【用意するもの】
003
チョップドハム

真っ赤なビニルに包まれたチョップドハムが、チープで懐かしいハムカツのポイント。

001
2100gのチョップドハムは、ずっしりと重いです。

004
現在売られているハムと異なった、この「肉塊・つなぎ(鶏肉・大豆たん白・卵たん白)」の文字。
練って色々なものが入っているので、見た目が魚肉ソーセージに似ている気もします。

010
ビニルに包まれたまま包丁で切ります。

012
ビニルを剥がします。

カットの厚さは、お好みで調整を。
この正方形の形でも美味しいハムカツになりますが、今回は作品の再現をするべく俵型に形作っていきます。

017
という訳で、幅を広くとって切ります。

018
ビニルをペリペリと剥いていきます。

020
肉タワー。
これを縦長にスライスしていきます。

025
精肉店のように専用のスライサーはないので、手作業で切り分け。
最初4~5等分くらいにカットして、そこからまた薄くスライスしていくと楽です。

包丁に肉が密着するので、切る時は怪我をしないように注意です。

028
今回は薄めにスライスしてみました。
厚さがいびつなのはご愛嬌。

029
4隅を切り落として、丸みをおびた形にします。
この大きなハムは、壮太のお母さんの作ったハムカツ用。

030
お肉屋さんのハムカツは、壮太のお母さんのものの1/2スケールにしました。
薄さもより薄めにしました。

これでハムの準備は完了!
次は衣作りに進みます。

【用意するもの】
043
水、ハム、酒、パン粉、卵、小麦粉

057
ハムは、袋に入れて小麦粉をまぶします。

065
全体にしっかりとつけたら、余分な粉は、はたいて落としておきます。

059
ハムとパン粉以外の、水・酒・卵・小麦粉を混ぜてとき汁を作ります。

062
小麦粉をまぶしたハムを、とき汁にくぐらせます。

063
とき汁にくぐらせたら、とき汁が滴らない程度に水切りしてパン粉をまぶします。

064
隙間が残らないように、パン粉はしっかりつけます。

069
衣が綺麗につかない場合は、一度パン粉をつけたあとに、再度とき汁に浸してパン粉をまぶします。

070
二度浸すと、ハムはすっぽりと隠れて綺麗な見た目になります。
油焼けが心配な場合は、勿論一度浸しでOK。

そうして、ハムに衣をつけること数分‥

072
衣をつけ終わりました。

あとはこれを揚げればハムカツの出来上がり!

サクサクに揚がるかな?
薄すぎたかな、厚めのは火が通るかな‥など、久々にする揚げ物はちょっと不安もあります。

熱々のサクサクに思い馳せつつ、次回「どうする残りのハム1300g」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□