カテゴリー別アーカイブ: 茄子アンダルシアの夏

暑い日のおすすめメニュー

すっかり暑くなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

まだまだ過ごしやすい気候とは言え、もう夏は目前。
さっぱりした素麺や冷やし中華、かき氷‥そんな季節ものが恋しくなる季節です。

茹だるような暑さに食欲が減ってしまいそうですが、そんな時こそしっかり栄養のあるものを食べなければなりません。

という訳で、今回は一足早く、夏バテ防止のアニメシおすすめメニューのご紹介です。

Menu1.茄子アンダルシアより「茄子のアサディジョ漬け
茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
アサディジョ漬けは、暑いスペインを舞台にした作品に登場します。
主人公ぺぺ・ベネンヘリの地元唯一の名物で、しっかりと漬け込んだ5日目が食べごろ。

スペインにこのような料理は実在しませんが、茄子を手でつまんでパクっと食べるシーンは思わず喉を鳴らすほどの描写。

白ワインで香りづけし、たっぷりのスパイスを効かせました。
きりりと冷えた茄子のアサディジョ漬けは旨みたっぷりで、食欲がない時もぱくぱく食べられます。

Menu2.ONEPIECEより「水水肉
ONE PIECE ワンピース 水水肉 ビストロ・アニメシ
水水肉は、ONEPIECEのウォーターセブン編に登場する、水の中に浸かったお肉です。
ぷるんぷるんに弛むお肉が非常に瑞々しく描かれており、その食感・味を是非一度は食べてみたくなる一品。

こちらも実在しない一品なので、チキンローフにゼリー寄せをコーティングして再現してみました。
ゼラチンが溶けてしまわないように、よく冷やして食べる夏向けのお肉料理。

ONE PIECE ワンピース 水水肉 ビストロ・アニメシ
子ども受けも間違いなしですし、切り分けると見た目も良いのでパーティーなどにもおすすめ。
レモンをかけてさっぱりと召し上がれ。

Menu3.美少女戦士セーラームーンより「育子ママのレモンパイ
ビストロ・アニメシ 美少女戦士セーラームーン 育子ママのレモンパイ レモンパイの作り方
レモンパイは、主人公うさぎちゃんのママの得意料理の1つ。
レモン2個をまるまる使ったレモンカードは心地よい酸味が後を引く味です。

土台がタルトなものの、生クリームではなくメレンゲを使っているのでふわっと軽い仕上がり。
冷やして食べると、レモンカードのさっぱりとした甘さが際立つので夏にピッタリです。

Menu4.コクリコ坂からより「コクリコカレー
ビストロ・アニメシ ジブリ コクリコ坂から カレー
コクリコカレーは、主人公のメルちゃんが夕方に安売りの豚コマを買って作るカレーです。
夏といえばやはりカレー!

だし汁が入った、カレー粉で作る昭和の黄色いカレー。
どこか懐かしく、ピリッと辛いカレーは汗をかいて夏バテ知らずになれそうです。
ソースをかけて召し上がれ。

Menu5.のだめカンタービレより「麻婆煮込みハンバーグ
のだめカンタービレ 裏軒 麻婆煮込みハンバーグ
麻婆煮込みハンバーグは、主人公のだめが通う音大のすぐ裏にある中華料理屋さん。
中華料理と看板は掲げていても、メニューの豊富さは国境を超えます。

新しいメニューの作成にも力を注ぐオヤジの渾身の一品。
四川風の山椒が効いた麻婆に、ボリューム満点のふっくらジューシーなハンバーグで夏バテなんてなんのそのです。

ビストロ・アニメシの暑い日のおすすめメニュー、いかがでしたでしょうか。

「このアニメシも作ってみて欲しい」、「あのアニメシがないとは何事か」など、ご意見・リクエストをお待ちしております。

茄子のアサディジョ漬け 後篇

前篇の「あの茄子が食べたくて」の巻をお読み出ない方はまずはコチラから!

~「おやっさん、入れものがないよ」の巻~

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
ポッキリと折れたワインオープナー。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
オープナーは時間的に売っているお店があるか心配だったので、オープナーいらずのワインを購入。
コンビニってなんて便利なんでしょう。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
再び火をつけて砂糖と塩を入れ、ワインと酢も入れて混ぜます。
ワインビネガーがある場合はワインと酢ではなくワインビネガーで作っても美味しいです。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
風味と色づけのチリペッパーをふりかけます。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
ちょっと茄子が多すぎて大変ですが、よくかきまぜます。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
再び沸騰し始めたら火をとめて粗熱をとります。

熱が冷めたら大きな甕のなかに入れ‥たいところですが、残念なことに作中のなかにでてくるような物が見つかりませんでした。

ということで、シンプルなデザインの瓶を何個か購入したのですが大きな問題が。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
入らない。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
押しても全く入らず、途中でがっしりと動きが止まってしまい断念。
結局空きビンを良く消毒して使用することになりました。

保存している間に熟成されるので、スパイス類も捨てずに中へ入れます。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
表面にオリーブオイルをかけて外気をシャットアウト。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
入りきらない分はタッパーに入れて、同じようにオリーブオイルをたらします。

そして、おやっさんの「5日目が一番うまいんだ」という言葉を守るべく、冷蔵庫で熟成。

もちろん1日目から食べることは出来ますが、最低でも半日は味を浸透させてから食べることをオススメします。
出来あがってすぐを食べてみましたが、味が薄く、単に水っぽい茄子?というようなピンとこない結果でした。

さて、5日が経過しました。
茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
こいつとワイン、これは法律。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
ワイン片手にいただきます。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
「これはなぁ、こうやって食べるんだ」

口をあーんと開いてパクリ!

なんとも驚くことに、熟成させることで味が抜群に美味しく仕上がりました。
これは今までで一位の美味しさかもしれません。

ツルっとした食感に、じゅわ~っと茄子の中から水水しい旨味エキスが出てきます。
通常のピクルスより酢が控えめなのでむせることもなく、冷たくて美味しい!

チリペッパーと唐辛子の辛さが程よく、オリーブオイルによって味全体が丸くなります。

夏バテ気味で食欲がない時にも、これなら軽くつまめそうです。

ペペのように、これは是非とも手でつまんでお召し上がり下さい。

新装版 茄子 上 (アフタヌーンKC)
新装版 茄子 上 (アフタヌーンKC)
ちなみに原作の漫画の一巻に、茄子のアサディジョ漬けのレシピが掲載されているそうです。

茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
茄子 アンダルシアの夏 [DVD]

茄子のアサディジョ漬け 前篇

~あの茄子が食べたくて~の巻

今回作成するのは、「茄子アンダルシアの夏」に登場するペペの地元の名物「茄子のアサディジョ漬け」。

ジブリ好きなら好きになること間違いなしの隠れた名作は、暑いアンダルシアの夏が舞台。
タイトルにあるように「茄子」がちょくちょく登場しますが、これがなんとも言えない色・カタチ。

小ぶりでオリーブのような緑色をした茄子を、手でつまんでパクリ。ワインと合うオツなお味なそうな‥

ということで、今回は「茄子のアサディジョ漬け」の見た目や味、質感に挑戦です!

【用意するもの】
茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
小ぶりの茄子、白ワイン、オリーブオイル、酢、塩、砂糖、チリペッパー、唐辛子、ローリエ、ブラックペッパー、オレガノ、にんにく

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
まずは茄子を水で洗い表面の汚れを落とします。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
すべて洗ったら、未使用のスポンジを用意します。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
へたの部分にトゲがあるので、指に刺さらないように気をつけながらスポンジでゴシゴシします。
表面の色がまだらになっても、トゲが抜ければ問題ありません。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
身の下の硬い部分や傷も念入りにこすります。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
最後に全体を軽くこすり、表面の紫色を落とします。

作品の中の色に忠実にするための作業なので、トゲがあるところ以外は包丁で削ぎ落したり、そのままでも大丈夫です。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
もう一度さっと水洗いをしたら、お箸などで身の下から穴をプスっと刺します。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
てっぺんまで貫通しなくても大丈夫。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
刺し終えたら茄子を鍋に入れます。鍋に比べて茄子の量が多く、ごろごろのみっちみちです。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
ひたひたになるくらいの水を注ぎ、火にかけます。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
茄子の沸騰を待っている間ににんにくをスライス。

いつの間にやら色が抜けて、雰囲気が出てきました。
茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
沸騰したら一旦火を止めて茄子の位置が変わるように混ぜます。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
再度沸騰が始まったら、スライスしたにんにくを投下。

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
スパイス類も投下します。

あとはワインと酢、砂糖と塩を入れて煮るだけ。

今回はぬかりなく、順調ではありませんか。
もうできあがりも近いと思いきや‥

茄子アンダルシア ビストロ・アニメシ 茄子のアサディジョ漬け
まさかのワインオープナーの破損。

コルクにネジの8割が埋まった状態で、なぜかポキリと折れました。

ワインオープナーが壊れるなんて人生で初めての体験です。
オープナーの買い忘れとかならまだしも、オープナーが折れるって、どうなんでしょう。
そうそうある事態じゃないような‥。

このワイン、もう開ける事ができなくなった気がしますが、今はそれどころではありません。

次回、「おやっさん、入れものがないよ」の巻に続きます。

では、一旦火を止めてワイン買ってきます!