カテゴリー別アーカイブ: 週刊ヤングマガジン

芽衣子さんの柿の種からあげ 後篇

前篇の「ほとんど、ということは? 」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜so so crispy!! の巻〜

016
砕いた柿の種で衣付け。
あらかじめマヨネーズを塗っておいたのが吉とでて、案外良い感じに衣がつきます。

軽く握って衣をつけて、優しく叩いて余分な衣は落とします。

019
今のところ、なかなか作中のものに近い感じ。

027
あとはこれを油でカラッと揚げます。

034
あまり高温で揚げると柿の種部分に火が通りすぎて苦くなるので、温度は様子を見て。

多少柿の種のカスが出てきますが、じっと揚げて放置すると大半は剥がれずに綺麗な衣のままです。

037
火が通り、衣がカリッとしたらバットに置き余分な油を落とします。
揚げる前に比べて、柿の種の艶がなくなり、ほのかにこんがりとしました。

042
これにて芽衣子さんの柿の種からあげ出来上がり。
熱いので揚げたては火傷に注意して、ふうふう冷ましてから食べましょう。

まずは何と言っても、衣のザクザクとしたクリスピー感が半端ない!

口の中を切らないように注意ですが、これは小気味の良い食感です。
ほぼ下味をつけていないので心配でしたが、しっかりと柿の種の衣がついていれば大丈夫!

食べ盛りには嬉しいガッツリ感で、ニンニクなどの匂いが気になる食材も入っていないのがまた嬉しいですね。さすが芽衣子さん。
柿の種の味がまた鶏肉と合うんです。

しかし、衣がうまくつかなかった所や衣が少ないところは物足りなさがあったのも事実です。
そこに関しては、やはりシーンでは確認できなかった下処理が他にあったのかな?と反省。

露出高めの服で火傷しそうになったり、揚げたてで火傷しそうになっていた芽衣子さん。
そんな可愛らしいそそっかしげな一面も見えた料理でしたが、全体的には手際もよく揚げ物も慣れているようで、お料理上手ということがわかりました。

シンプルな行程でなおかつ斬新、それでいてしっかり旨い。
そんな料理センス持っていたら、それは監獄学園の皆が夢中になってしまうのも納得ですね。

湿気ってしまった柿の種でも美味しく出来るので、是非お試し下さいね。
衣まるごと柿の種にしても、足りない場合は少量入れるだけでもクリスピー感を楽しめそうですよ。

芽衣子さんの柿の種からあげ 前篇

〜ほとんど、ということは? の巻〜

今回作成するのは、監獄学園に登場する芽衣子さんが作るからあげ。

監獄学園は、共学になった元女子校で初めての男子生徒たちの奔走の物語。
男性を汚らわしく思う裏生徒会を筆頭に、彼らは小さな事件がきっかけで特別校舎行きとなります。

そこでは皆が黒と白の囚人服を強要され、まるで監獄のような劣悪環境。

最初はシリアスな漫画?と思って読み進めていたのですが、おもむろに始まるエロ要素。
特に彼らを担当する裏生徒会副会長の芽衣子さんは、大きな胸を見せつけんばかりのきわどい格好で、指し棒を持つ姿は熟年の女王様のような貫禄です。

登場人物はあくまでも真剣、時には協力して脱獄を計画し、裏生徒会の策略に立ち向かうのですが‥
とにかく真顔でセクシー展開が発生したり、誤解で面白い関係に勘違いされたりとぶっ飛んでいて面白い!

真剣に読んでいるとびっくりしてしまいますが、ギャグ漫画なんだ!と気づくと軽い気持ちで楽しめる作品です。良い意味で馬鹿馬鹿しくって、面白い。

そんな監獄学園、アニメでは第7話に登場するのがこの唐揚げです。

男子生徒達が何か怪しい動きをしていないか、男子生徒の1人、キヨシを使って探りを入れる芽衣子さん。
キヨシは密偵をさせる代わりに1日外出許可をしますが、その時に「ルートビアと柿の種」をおつかいされます。

何に使うかも分からず、とりあえず従ったキヨシ。
買ってきた柿の種を袋に入れ、砕くように指示されます。

よく分からぬまま見ていると、出来上がるのは柿の種を使った唐揚げ!
それがなんとも美味そうで、そしてそんなに下味なしの肉に直付で綺麗に衣がつくのか気になりました。

ということで、作ってみましょう!

【用意するもの】
006
柿の種、鶏もも肉、マヨネーズ

「下味をほとんどつけない」のがこの唐揚げの特徴。
実際に製作途中、小麦粉も卵もついていない様な鶏肉を直接柿の種につけています。

でも、「ほとんど」ということは、ちょっとはつけてもいい?
ということで、手軽で見た目も自然なマヨネーズを使うことにしてみました。

007
まずは柿の種を密閉袋に入れて、重さのある棒などで袋の外側から砕きます。
今回はペットボトルを使用。

010
あんまり砕きすぎてもせっかくのザクザク感が弱くなるので、砕き具合は様子を見て。
「よし、そんなもんでいいだろう」と芽衣子さんの声が聞こえてきそうですね。

「柿の種なんに使うんスか?」というキヨシに対して、不敵な笑みで「見ていれば分かる」という芽衣子さん。

013
そしてさっと取り出したのは、一口大に切った鶏肉。
ここは通常の唐揚げと同じで、食べやすい大きさにカットします。

014
衣がつきやすいように、マヨネーズを全体にまんべんなく塗ります。

016
そして、鶏肉を砕いた柿の種に乗せて衣付け。

上手に衣はつくかな?
揚げた時にどうなるのかも気になるところ。

柿の種の美味しそうな香りはしますが、下味は本当にほぼ無し。大丈夫なのか!?

次回「so so crispy!!」の巻に続きます。

朝のスペシャルメニュー「チーズをたっぷりベーコンピザ・ポテトチップス乗せトースト」 後篇

前篇の「痩せる気無し」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜あ、これヤバイ の巻〜

ベーコンとポテトチップスを乗せたら、その上にチーズをたっぷり。
でも、それでは終わりません。

013
たっぷりのチーズは、手で軽くならして平坦にします。

016
ベーコン増し増し。

017
オーブンでチーズがこんがりとろけるまで、しばらく焼きます。

018
チーズの香りがたまりません。
もうこれで十分そうですが‥

019
仕上げにポテトチップスを増します!

みなみけ 朝のスペシャルメニュー、チーズをたっぷりベーコンピザ、ポテトチップス乗せ ビストロ・アニメシ
これで出来上がり!

麦茶をコップに注いだら、さぁ朝食の時間です。

みなみけ 朝のスペシャルメニュー、チーズをたっぷりベーコンピザ、ポテトチップス乗せ ビストロ・アニメシ
「朝のスペシャルメニュー、チーズをたっぷりベーコンピザ・ポテトチップスのせトースト」!

みなみけ 朝のスペシャルメニュー、チーズをたっぷりベーコンピザ、ポテトチップス乗せ ビストロ・アニメシ
「うんまーい!寝起きの体に油が染みわたるようだ!」

まさにそれです。
これはヤバイ!

美味しいと思っちゃいけないような超コッテリなのですが、悔しくも美味しい。

厚切りのパンに溶けてかかったチーズがカリッとして、外側サクっとして香ばしく、なかはふんわり。
ピーマンやタマネギが入らないと食感が寂しいかな?と思ったのですが‥
ポテトチップスがバッチリな仕上げをしています。

中に入れたポテトチップスはしっとりして、グリルしたじゃがいものよう。
たっぷり入れたベーコンの脂の甘みがまた美味。

そして最後に増し増しにした、上乗せポテトチップス。
このザクザクとした食感が、コッテリした味に変化を与えてくれて、どんどん食べられちゃう。

美味しいものにカロリーがあるのは至極当然ですが、さすがにこの高カロリーは怖い。

作中では、この後も「お昼のスペシャルメニュー・昨日のビーフカレーでじゃがバタカレー」や、「お昼下がりのスペシャルメニュー・ガムシロップのコーラ割り」がありますが‥

確かにこういう食生活をしていると、「ごきげんなメニューのせいで、ごきげんな体重に」なっちゃいそう。

最終的に、「夜のスペシャルメニュー縄跳び1000回ごはん抜き」になってしまうのも納得なごきげんメニューでした。

朝のスペシャルメニュー「チーズをたっぷりベーコンピザ・ポテトチップス乗せトースト」 前篇

〜痩せる気無し の巻〜

今回作成するのは、みなみけ(ただいま・4期)に登場する千秋特製のメニュー。

みなみけは、南家3姉妹の平凡な日常を淡々と描いた作品。

長女の春香ちゃんは、高校2年生。
おおらかで面倒見が良く、姉妹の母親のような存在。

次女の夏奈ちゃんは、中学2年生。
面白いことが大好きでちょっとトラブルメーカー的存在。でも友達の多い活発な良い子です。

三女の千秋ちゃんは、小学5年生。
クールでちょっと毒舌ですが、春香のことは尊敬しているので「ハルカ姉様」と呼び慕っています。
夏奈ちゃんのことは「バカ野郎」呼ばわりですが、決して仲は悪くありません。

みなみけには、両親の描写がなく3姉妹だけで過ごしているのかは謎です。
ただ、家計が切羽詰まった様子もなく、作品に暗さはありません。

ごくごく普通の生活を送る3人と、それを取り巻く友人との日常が描かれているみなみけ。
クスリとくる笑いがあり、ゆっくりとしたテンポが程よい脱力感を与えてくれます。

今回のメニューは、夏服への衣替えの時期をテーマにした回に出てきます。

夏を目前に、皆は冷やし中華やプール、海‥と話が弾む皆。
そんな時、泳げない千秋ちゃんは、今年こそはなんとかしなければ!と作戦を練るのです。

「夏に向けて体脂肪を増やせば、水に浮きやすくなる。すなわち、泳げるようになるのだ!」

ということで、千秋ちゃんが「太る為」に「油・体脂肪」をたっぷりと乗せたものこそ‥
「朝のスペシャルメニュー、チーズをたっぷりベーコンピザ・ポテトチップス乗せトースト」!

もともとコッテリヘビィなピザトーストに、なんとポテトチップスがのってます‥
野菜などのヘルシーなものは一切確認できません。

食べるの恐ろしいなーと思いつつも、横取りして食べちゃう夏奈ちゃんの「うんまーい!寝起きの体に油が染みわたるようだ!」という台詞が何だか説得力があって気になります。

ということで、作って食べてみるしかない!
いざ、調理スタートです。

【用意するもの】
002
食パン、チーズ、ベーコン、マヨネーズ、ケチャップ

003
そして、ポテトチップス。
ポテトチップスは砕いておきます。

005
ベーコンは太めの短冊切りにしておきます。

006
食パンに、マヨネーズを塗ります。

007
まんべんなく全体に。ふちまでよく塗ります。

008
その上にケチャップを乗せます。

009
ケチャップも全体にまんべんなく広げます。

010
ベーコンを散らします。

011
ポテトチップスも散らします。

013
溢れんばかりのチーズを乗せます。

さあ、これでトーストしたら出来上がり‥
と思うところですが、これだけではボリュームが足りない!

ということで、トッピングを増していこうと思います。
度が過ぎると胃もたれしてしまいそうですが、なんだか楽しくなってきちゃいました。

次回、「あ、これヤバイ」の巻に続きます。