カテゴリー別アーカイブ: 風立ちぬ

杉屋の「鯖の味噌煮定食」と「肉豆腐定食」 後篇

前篇の「食べ盛りが喜ぶ肉豆腐がミソ! 」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜定食の王様・サバ味噌 の巻〜

肉豆腐を仕込み終えたら、次は鯖の味噌煮を作ります。

【用意するもの】
033
鯖、梅干し、生姜、長ネギ、酒、味噌、みりん、醤油

036
鯖は表面のぬめりや血合い、生臭さを抜くため、熱湯をかけ霜降りをします。

037
目に見える大きな血合いはここで取り除きます。

040
鍋に霜降りした鯖、臭み抜きの生姜と梅干し、長ネギと酒を入れ火にかけます。
長ネギは湯豆腐の余りを活用するのが食堂風?

042
味噌はダマが残ると舌触りが悪いので、みりんと水で溶きます。

044
ひと煮立ちした鯖に味噌を注ぎ、蓋をしてとろみがつくまで弱火でじっくり、コトコト煮ます。

「よく味が染みたやつ」これが、ジブリの鯖の味噌煮のポイントなので、焦らずじっくり仕込みます。(レイアウト集に書いてありました)

047
時折蓋を開けて、味噌を鯖にかけます。

これで役者が揃いました!

048
テリの良いサバ味噌を皿に盛り‥

お味噌汁をよそい、どんぶりいっぱいにご飯をよそえば‥

風立ちぬの鯖の味噌煮 風立ちぬの肉豆腐 スタジオジブリの風立ちぬに登場する定食 アニメに登場する食べ物の再現 アニメのご飯を作ってみた 前田未希 ご飯が進む肉豆腐
「二郎、また鯖か。マンネリズムだ。大学の講義と同じだ。列強はジェラルミンの時代になってるんだ。たまには肉豆腐でも食え」

風立ちぬの鯖の味噌煮 風立ちぬの肉豆腐 スタジオジブリの風立ちぬに登場する定食 アニメに登場する食べ物の再現 アニメのご飯を作ってみた 前田未希 ご飯が進む肉豆腐
そういってわしわしと肉豆腐定食を頬張る本庄。
学生さん御用達食堂は、肉豆腐の器よりもご飯のほうが大きい!
食べ盛りの気持ちの良い食いっぷりを真似てみたくなりますね。

風立ちぬの鯖の味噌煮 風立ちぬの肉豆腐 スタジオジブリの風立ちぬに登場する定食 アニメに登場する食べ物の再現 アニメのご飯を作ってみた 前田未希 ご飯が進む肉豆腐
すきやきのように、甘辛い味付けにした肉豆腐はご飯が進む進む!
お豆腐にも肉の旨味、甘じょっぱさがよく染み、夢中で食べてしまいます。
豆腐ってのどごしが良いから、するするっと入ってしまいますね。

お砂糖は少なめにしても、玉ねぎから甘みがたっぷり出ているので丁度良い味になりました。
何と言っても外せないお肉の旨味と歯ごたえ、そして豆腐、甘いとろりと飴色の玉ねぎ。
三位一体となった最高な定食です。

どんぶりごはんに迫力では負けちゃいましたが、実は肉豆腐も盛りに盛ってます。
通常の2人前くらいはある量‥
これだけでも十分過ぎるくらいおなかいっぱい。その上どんぶりごはんとは‥学生さんはすごいなあ。

風立ちぬの鯖の味噌煮 風立ちぬの肉豆腐 スタジオジブリの風立ちぬに登場する定食 アニメに登場する食べ物の再現 アニメのご飯を作ってみた ご飯に合う肉豆腐 前田未希
鯖の味噌煮は、もう少し水分を多くじっくりじっくり煮たほうが良かったかも。
食べられる味ではあるけど、定食屋さんの看板商品とも言える鯖の味噌煮定食とは言えない出来でした。反省!

定食屋さんの長年築いてきた仕込み、味わいというのは奥が深いな、と感じる一品なのでした。
本庄の嫌うマンネリズムですが、しばらく肉豆腐ブーム到来です。美味しかった!

杉屋の「鯖の味噌煮定食」と「肉豆腐定食」 前篇

〜食べ盛りが喜ぶ肉豆腐がミソ! の巻〜

今回作成するのは、スタジオジブリの風立ちぬに登場する杉屋の定食2種です。
風立ちぬといえば、出版の折に懐かしいシベリアを作ったことがありますが、ブログでしっかりと書くのは今回が初めてになります。

まだ主人公が学生の頃、大学の近くの馴染みの食堂でのシーンのことです。
主人公は鯖の味噌煮定食を頼み、友人の本庄は肉豆腐定食を注文。

杉屋の定食は、メインの皿に、どんぶりいっぱいの白米、たくあん、緑茶、豆腐炒りの味噌汁がついてきます。

主人公の二郎はいつも鯖の味噌煮定食のよう。友人の本庄は肉豆腐定食を注文し、食べるという何気ないシーンですが、これがまた美味しそうに描かれていて、さすがジブリ!なんです。

友人の本庄から「二郎、また鯖か。マンネリズムだ。大学の講義と同じだ。列強はジェラルミンの時代になってるんだ。たまには肉豆腐でも食え」と言われるも、全く耳に入っていない様子の二郎。
鯖の小骨の曲線に見惚れ、同じ曲線の翼断面があるのでは?と、どこ吹く風です。

ここで本庄が二郎に話しかける時、どんぶりいっぱいのご飯と肉豆腐をわっしわっしと食べるのが非常に男くさく、豪快で、美味しそうなんです。
大学近くの食堂ということもあり、どんぶりいっぱいのご飯から察するに食べ盛りの学生さん御用達のお店なのでしょう。

鯖の味噌煮はまだ分かりますが、肉豆腐はちょっとめずらしい。
肉豆腐って味付けによっては控えめな味わいになるので、男の人がもりもり食べるシーンに出てくるのは印象的でした。
そして二郎は無関心でしたが、鯖の味噌煮もまた美味しそう。
食べやすいサイズの切り身の鯖に、とろりとした味噌の煮汁が垂れていて、ほんのり油が浮いていて。

ああ、私も本庄のようにわしわしと頬張りたい!と食欲をそそられるシーンです。
二人の対照的な正確が食べ物の選び方、食べ方によって分かりやすく描かれていて、それぞれのものが美味しそうです。

ということで、いざ調理スタート!
まずは肉豆腐から作ります。

【用意するもの】
002
もめん豆腐、玉ねぎ、長ネギ、牛肉、みりん、砂糖、醤油

定食屋さんで毎日食べざかりの学生のお腹を満たす為に作る、というと、あまり細やかなもののイメージはありません。
シンプルな材料で、玉ねぎでかさを増して、甘みを出す作戦です。

戦前の貧しい時代ということで、肉は牛ではなく豚かとも悩みましたが、シーンを確認すると牛肉に似た色合い。なので手頃な牛のバラ肉にしました。

006
豆腐は水切りをしておきます。
時間がある時は、キッチンペーパーで包んで重しを置いて2時間ほど置きます。
すぐに作りたい時は、キッチンペーパーで包んで電子レンジに4〜5分かけると出来ます。

煮崩れが心配な場合は焼き豆腐で作るのもおすすめです。

009
玉ねぎは串切りにします。

012
長ネギは白い部分も葉の部分も斜め切り。

011
鍋に油を熱し、牛肉を並べて色が変わるまで炒めます。

015
みりん、砂糖、醤油を加え、全体に溶けて馴染むよう、ひと煮立ちします。

016
玉ねぎと長ネギを加えます。

019
一旦フタをして、弱火〜中火で5分ほど玉ねぎ、長ネギがしんなりするまで煮ます。

022
5分経過!
すき焼きのような、お醤油とお肉の甘辛い美味しそうな香り!胃がギュギュッと刺激されます。

026
水切りした豆腐を食べやすい大きさに切って、鍋に加えます。
豆腐に味が染み込むよう、弱火で10分ほどじっくり煮ます。

028
煮終えたら、一度蓋をして寝かせ、味を染み込ませます。

これで肉豆腐は完成!
お豆腐の染み具合が気になるところですが、ここは味見はせずに次に進みます。

「食べ物で何が好き?」と聞かれてもなかなかすぐには出ない肉豆腐ですが、久々に食べるとなるとこれは美味そうです。

お腹を鳴らしながら、次回「定食の王様・サバ味噌」の巻に続きます。

レトロケーキ・シベリア

執筆の合間に、スタジオジブリ最新作「風立ちぬ」を観て参りました。

とても、良い作品でした。
今まで「一番好きなアニメはなんですか?」と聞かれても返答に詰まっていたのですが、これからは一番好きなアニメと答えるかもしれません。

小さい子には少々難解の、大人に向けた作品です。
アニメを子供が楽しめないというのは、一見矛盾のようですが、大人になった時に改めて違う感想を抱くのも悪くないのではないでしょうか。

すでに大人になってしまった私には、そういう時間差での「気づき」は今後ないでしょう。

映画館で、おそらく理解ができず退屈そうな顔をしていた女の子がいました。
少し、それが羨ましくも感じるのでした。

シベリア 風立ちぬ スタジオジブリ ジブリの食べ物を再現 再現料理 ビストロ・アニメシ

そして急遽、作中に登場したシベリアを作りました。
大正から昭和にかけて存在した、カステラと羊羹を用いたお菓子です。

今でも稀に見かけますが、ほとんど幻と化したシベリア。
作中では、当時の世相の象徴的役割を果たしていました。

これは是非とも書籍に入れたい。

ということで、決定していた内容に変更を行い、書籍に組み込む運びとなりました。
編集者の担当者様には無理を聞いて頂き、本当に感謝してもしきれません。

シベリア。
本当に物心がついて間もないこと、祖母の家で食べた記憶が薄ぼんやりとあります。
カステラの底のザラメの食感、羊羹の厚みにこだわって仕上げました。
シベリアを加えたことで、書籍をよりお楽しみ頂ければ幸いです。

本日が全原稿の締め切りです。
ここから校正が行われ、文字数の調整などが入ります。

満足のいく本を作るために。
シベリア片手に、頑張ります!