新しい顔よ!

114
ビストロ・アニメシでは、以前実寸アンパンマンを作りました。

あんこ2kgを使用した、推定3kgのアンパンマン。
人間の頭がすっぽり隠れてしまうほどの大きさは圧感で、見るものを笑わせる一品となりました。

しかし、残念なことが1つ。

100
このアンパンマン、少し焦げが強いのです。

007
一時は作りなおしも考えたのですが、餡を2kg用意したりと、なかなか手間がかかってしまいます。
結局、記事公開時は、そのまま公開することになりました。

しかし!
今回、あるきっかけを頂き、撮り直しを決行したのです。

01
こちらがNewアンパンマン。

パン作りも以前より手馴れてきたので、分量も見直しを行いました。
丁寧に作った甲斐あり、パンがふっくらとしているのが伺えます。

一体このNewアンパンマンはどこで公開予定なのかは‥お楽しみに!
告知まで、もう暫くお待ちください。

ほっぺの真実

実寸アンパンマン それいけ!アンパンマン ビストロ・アニメシ
当ビストロでは以前、それいけ!アンパンマンより実寸アンパンマンを作成しました。
ご覧のとおり、人間の顔がすっぽり隠れてしまう脅威の大きさ。

ちょっと焦げ色が強いものの、味も見た目もまずまず。
バタコさんの腕力に感心したり、2kgの餡にやっつけられたり‥と、何かと印象に残る満足度の高い一品でした。

しかし、我々は重大なミスを犯していたことに気づいたのです。

それは、記事の公開を終えてしばらく経った頃。
スタッフの1人が、ふと「ある違い」に気づいたのです。

「アンパンマンって、ほっぺも膨らんでいたかな‥?」

実寸アンパンマン それいけ!アンパンマン ビストロ・アニメシ
ちなみにこちらが当ビストロ作成のアンパンマン。
鼻とほっぺが丸々と膨らんでいるのがお分かり頂けるでしょうか。

嫌な予感がして、我々は改めてアンパンマンを観て確認をすることにしました。
丁度ジャムおじさんがアンパンマンの顔を焼くシーンがあるのですが、そこにはなんと‥

鼻だけが丸く立体で、ほっぺは膨らんでいないアンパンマンの姿が。

075
つまり、ここまでは正解だったのですが‥

077
鼻の両サイドにこれを置いたのは、間違いだったのです。

確かに人間で考えると、鼻は立体でもほっぺは違って当然。

これは作り直し‥!?と思い心穏やかではなかったのですが‥

おいかけっこアンパンマン

オフィシャルの出しているおもちゃも、ほっぺが膨らんでいます。

一体どういうこと?と、しばし混乱‥

結局真相は謎のまま、「ほっぺが膨らんでいても、変じゃないか!」といことで、良しとしました。

今まで幾つかのレシピをレベンジしている当ビストロ。
実寸アンパンマンも、ほっぺが膨らんでいないバージョンを作るべきなのか‥

今のところ、リベンジは未定です。

砲丸を87.3km/hで投げる人(本当は妖精)だーれだ?

アンパンマンの顔が約3kgで、女子中学生の砲丸とだいたい同じ重さというお話は、調理時に少し書きましたが、では、具体的にどれくらいの速度で投げてるのでしょうか?

まず、仮定としてアンパンマンが空中にいて、バタ子さんとの距離を15mと想定。
この時、バタ子さんのアンパンマンの顔を投げる角度は45°とします。

45°で投げ出す初速を求める場合、距離Lが必要となります。
重力加速度gは9.8m/s2とすると、

速度(m/s)=√(2×g×L)

アンパンマンが上空で弱っていて、そこを最高到達点と想定した場合、バタ子さんのからの距離が15mな訳ですから、倍の距離30m投げる必要があります。

速度(m/s)=√(2×9.8×30)

アンパンマンの顔を投げる初速は24.25m/sになります。
これを野球のように時速に変換すると、87.3km/hとなります。
一般人の投げる野球のボールのような速さであの顔が投げられると思うと、それは凄いですよね。

ちなみに、時速87.3kmで角度を45°つけて投げた場合、

高さ(m)=初速度24.25m/s×cos45°

で、求められるので、約13mの高さにいるアンパンマンになら顔が届く事になります。(厳密にはバタ子さんの投げ出す高さもプラスされます)

バタ子さん考察

アンパンマンの顔は約3kg。女子中学生の砲丸とほぼ同じ。なので2.721kgとします。

2.721kgの重さのものを時速87.3kmで投げられる訳ですから、それを野球のボール(重さ145g)に持ち替える計算をします。
まず、バタ子さんのアンパンマンの顔を投げる時のエネルギーを計算します。

K(J)=1/2mv2

ですから、

エネルギーK(J)=1/2×2721×24.242

により、エネルギーは800,059ジュールとなります。
そのエネルギーで野球のボールを投げるという事は、

v=√(2K÷m)
v=√(2×800,059÷145)
速度v(m/s)=15,231

初速は秒速15,231m、時速にすると54,836kmになります。

時速54,836kmで野球のボールを投げる肩・・。
最早、兵器。

ちなみにマッハ1は約1,200km/hですから、初速マッハ45.7で投げられる事になります。

マッハ45.7で投げ出された野球のボールは、

L=v2÷(2g)
L=15,2312÷(2×9.8)
距離L(m)=11,837,608

約11,838km先まで飛んで行きます。バタ子さんが東京から野球のボールを投げると、ニューヨークあたりで落ちる計算になります。
その時の最高到達点は、上空約8,000mになります。
富士山やモンブランは軽く超えますが、エベレスト(8,848m)は超えられないですね。頑張れバタ子さん。

空気抵抗やら、いろんなものを無視してるざっくりとした計算になっていますが、バタ子さんが強肩なのは間違いなさそうです。

アンパンマンのカロリー

実寸アンパンマン 117

当ビストロが実寸アンパンマン(前篇後篇)を作った事はご存知の方も多いはず。

このずっしり重いあんこは2kg使われています。
あんこのカロリーは100gあたり244kcalです。
アンパンマンのあんこの量は2kgですから、単純に20倍の4,880kcalとなります。

一般成人女性の1日に必要とするカロリーは2,000kcalですので、2.4倍です。

トマトはビタミンが豊富で、1個食べると元気になります。

トマト100gのカロリーは19kcalですから、約25.7kg分のトマトに匹敵します。
トマト1個は約250gなので、102.8個のトマトに匹敵するのです。

これが、アンパンマンが元気100倍の理由なのです。

※100倍なのはカロリーであり、あんこには100倍のビタミンが含まれているわけではありません

実寸アンパンマン 後篇

前篇の「彼の頭は餡でいっぱい」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~「アンパンマンの頭?絶壁だよね」の巻~

実寸アンパンマン 086
鼻の周りがコゲてきているように見えてハラハラ。

実寸アンパンマン 087
何はともあれ、焼きあがりました。
取り出すにも重くて重くて、ひと苦労。落とさないように気をつけます。

実寸アンパンマン 089
正面から見たら、案外綺麗に焼きあがってます。鼻のコゲ色が良い具合。

実寸アンパンマン 098
湯せんでデコペンを柔らかくして、最後の仕上げにとりかかります。

実寸アンパンマン 100
手元に何かアンパンマンの画像がある場合はそれを見ながら書くとバランスがとりやすいです。
パン生地が熱いうちに書くと、失敗しても簡単に拭きとってやりなおしできます。

実寸アンパンマン 107
オーブンの板から、お皿に移して‥

実寸アンパンマン 111
できあがり。余った生地で普通サイズのパンも作りました。

十分に粗熱がとれたら、バタ子さんの腕力検証です。

実寸アンパンマン 110
「アンパンマン!新しい顔よ!」

腕がプルプルします。重くて静止できない。
餡と愛と勇気たっぷりのアンパンマンヘッドは、恐ろしいほどの重量感。

実寸アンパンマン 115
はかりに乗せたところ、重量オーバーで計測不可。

餡だけで2kg、粉類でも軽く1kg超えなので、推定約3kg。

鉄製砲丸(中学生女子練習用)
鉄製砲丸(中学生女子練習用)
3kgで投げる物と言えば、中学生女子用の砲丸がそれに値します。

バタ子さんは毎回砲丸を投げているような感覚、ということが実証されたわけです。
彼女の投球フォームは、いささか肩を悪くしてしまいそうで心配ですね。

そして、今回明らかになったもう一つ真相と言えば、アンパンマンの後頭部はなかなかの絶壁ということでしょうか。

実寸アンパンマン 114
人間の顔がすっぽり隠れる実寸だと、餡の重さでどうしても球の形が潰れてしまうことが判明しました。

実寸アンパンマン 117
逆に、これだけの量の餡を入れて作成することで、パンをちぎってもちゃんと餡があるという利点もあります。

実寸アンパンマン 123
餡みっちり。

肝心のお味ですが、生地は通常のアンパンより固めの仕上がり。
砂糖を控えめにしているので、ほんのかすかに感じる塩気が美味。
卵を塗ったツルツルの表面の具合がマルです。

ただ、驚異的に餡が大半の割合を占めているので、1~3人で一度にアンパンマン1個を食べきることは不可能でした。

口に入れた瞬間に、餡による糖分摂取でエネルギーみなぎります。
これは確かに「お腹が減って力が出ない」時に、うってつけ。

登山の際には「アンパンマンの新しい顔」、いかがでしょう。

今回の「実寸アンパンマン」の詳しいレシピは下記で掲載しています。

animeshi_00
ビストロ・アニメシ本店

パール金属  アンパンマン でっかい氷かき C-7439
パール金属 アンパンマン でっかい氷かき C-7439

実寸アンパンマン 前篇

~「彼の頭は餡でいっぱい」の巻~

今回作成するのは、それいけ!アンパンマンに登場する、主人公アンパンマン。

アンパンマンのピンチの時に、颯爽とバタ子さんが投げ飛ばす「アンパンマンの新しい顔」。
表面の色ツヤがキレイで非常に美味しそうです。

そしてあの顔は一体どのくらいの重さで、バタ子さんはどれほどの力持ちなのかが気になるところ。

というわけで、今回はアンパンマンの新しい顔を作ってみました。

【用意するもの】
実寸アンパンマン IMGP2036
強力粉、薄力粉、卵、塩、砂糖、ドライイースト、バター、デコペン、餡

実寸アンパンマン 001
ぬるま湯にドライイーストと砂糖をひとつまみ入れてイースト菌を活発にさせます。

実寸アンパンマン 003
完全に溶けたら、15分ほど放置。

実寸アンパンマン 004
その間に、パン生地に入れる餡をラップで丸く形づくりします。

1kgの餡で形作りしたものの、思ったより小ぶりだったので‥
実寸アンパンマン 005
もう1kg追加。

実寸アンパンマン 007
綺麗な球になりました。大きさの比較にiPodを並べてみました。

実寸アンパンマン 008
高さもばっちり。

実寸アンパンマン 011
ボウルのなかに小麦粉、バター、塩、砂糖を入れて混ぜていきます。

実寸アンパンマン 013
卵も入れて‥

実寸アンパンマン 014
先ほどのドライイーストを注ぎこみます。

材料の全体量が想像以上に多いので、ボウルから今にも溢れそうです。
大きめのボウルがある場合は、是非そちらで作成することをオススメします。

実寸アンパンマン 015
こぼれないように、そっと混ぜます。

実寸アンパンマン 017
粉類が水分を吸収すると、量も落ち着きます。

実寸アンパンマン 018
生地がまとまったら、台の上に取り出します。

実寸アンパンマン 019
ビターン!と台に叩きつけます。

実寸アンパンマン 020
叩きつけたら半分に折ります。

実寸アンパンマン 024
向きを90度変えて、同じように叩きつけます。

実寸アンパンマン 025
また半分に折ります。

同じように、向きを変えて叩きつけ折り込むという作業を100回以上します。

回数はあくまでも目安です。
生地が層になって網目が出来ることが美味しさの秘訣なので、この作業は外せません。

体力勝負で、夏場は特に厳しいものがありますが、アンパンマンをこの世に送り出すために頑張らなくてはいけません。

より失敗しないパン作りのために、室温は27~30度が好ましいです。

「おいしくな~れ」という魔法をかける暇なく、汗だくになりながらひたすら生地を叩いては折ります。

実寸アンパンマン 038
表面にうすく膜がかかっているようになったらOKです。

実寸アンパンマン 040
表面を張るように、丸く整えます。

実寸アンパンマン 042
サラダ油を塗ったボウルに生地を入れて、30度の温度が保てる場所で1時間ほど発酵。

実寸アンパンマン 044
1.5~2倍ほど膨らみます。生地に指を入れて穴がキレイに残ったら発酵完成。

実寸アンパンマン 045
目の細かい布を濡らして下に敷き、生地を長方形になるように薄くのばします。

実寸アンパンマン 048
三つ折りにします。

実寸アンパンマン 053
台の上に乗せて、鼻・ほっぺになる小さい丸のパーツを3つ切り離して確保します。

実寸アンパンマン 057
大小それぞれの形を丸く整えます。表面が張るようにするとガスが抜けやすくなり、仕上がりがフンワリになります。

実寸アンパンマン 059
目の細かい布を湿らせて、生地の上に被せます。その上に濡れ布をかぶせて10分寝かせます。

大きい生地の表面に軽く小麦粉をまぶして、棒でのばしていきます。
実寸アンパンマン 062
圧倒的に台の幅が足りません。

実寸アンパンマン 065
急きょ、テーブル一面にラップを敷いてその上で生地をのばすことに。

今回は小さくて出番がなくなりましたが、この台は使いやすくて重宝しています。
大理石で出来ているので、クッキーや普通のパンでは打ち粉をつけなくても冷たくてひっつきません。
大理石 めん台 D-3584
大理石 めん台 D-3584

外観が垢ぬけているので部屋にも馴染みます。
ということで、めん棒もおそろい。
大理石 回転 めん棒 D-3583
大理石 回転 めん棒 D-3583

実寸アンパンマン 066
十分にのばしたら、餡の登場です。

実寸アンパンマン 069
餡を生地の真ん中に置いて、生地で包んでいきます。
生地は重い上に破けやすいので、ラップごと持ち上げると簡単です。

実寸アンパンマン 072
余分な生地はカットして再度のばし、表面に被せます。

小さい丸を取り出します。
実寸アンパンマン 075
真ん中に1つ。

実寸アンパンマン 076
右に1つ。

実寸アンパンマン 077
左に1つ。

実寸アンパンマン 083
オーブン用の板に乗せて、卵を表面に塗ります。

実寸アンパンマン 084
いざオーブンへ!

中までしっかり焼けるように、100~160度の低温で1時間じっくりじっくり焼いていきます。

半生状態だったり丸コゲになってしまったらとドキドキ。
はたまた発酵過多でボッコボコに殴られたようなアンパンマンになってしまったらどうしようか不安は尽きませんが、もう焼きあがりを見届けるのみ!

心もとなく小さい声で「おいしくな~れ」と声をかけてながら、焼きあがりを待ちます。

次回、「アンパンマンの頭?絶壁だよね」の巻に続きます。