赤福・七月の朔日餅「竹流し」

DSC05899

伊勢名物・赤福の「赤福餅」は有名ですね。
お餅の上にこし餡を乗せ、伊勢神宮の五十鈴川のせせらぎを模した三筋の形が特徴です。

口当たりがよい餡に柔らかな餅が食べやすくて、普段あまり甘いものを食べない人でも食べやすい味です。
一口でぱくり、と食べやすく、「日持ちもしないしね‥」と言い訳して、ヘラでつい1つ、もう1つ‥と食べてしまいます。

でも、今回は赤福餅以外のおはなし。
朔日餅という存在をご存知ですか?

DSC05869

「朔日餅」は特定の菓子の名前ではなく、伊勢で毎月朔日(ついたち)に限って発売されている菓子のこと。

伊勢には、毎月1日にいつもより早く起きて、神宮へお参りをする「朔日(ついたち)参り」という習わしが残っています。
朔日餅は、そんな朔日参り帰りのお客さんに向けて作られた餅菓子。
毎月1日、月ごとに変わる餅菓子なんて、とても素敵ですね。

気になるラインナップはというと、よもぎもちにさくらもち、かしわもち‥と定番の菓子は勿論、聞いたことのない菓子もあり飽きない内容です。

今回は、7月の朔日餅「竹流し」を頂きました。
赤福餅に使用されている餡を使った、特製の水羊羹です。

DSC05872
箱を開けると、竹とご対面。
要冷蔵なので少し汗をかいていますね。

DSC05875
中には竹流しの説明書きと、竹串ときりのようなものが入っています。

そう!この菓子の一番の特徴は食べ方!

DSC05887
竹の底にきりを2箇所ほど刺し、穴を開けます。

DSC05888
硬いので、けがをしないよう注意。

DSC05891
穴を開けたほうを上にして、手のひらで穴を開けた面をぽんと叩きます。

DSC05895
そうすると、にゅっと水羊羹が‥

DSC05896
出てくる出てくる‥

DSC05897
にゅろんっと出てきます。

DSC05900
あとは好みの厚さに切りつつ食べるだけ。

水羊羹なので、つるりとした食感に、口で柔らかく崩れる食感が涼やか。
赤福とはまたひと味違った風情ある一品です。

ただ、竹の香りがしっかりとついているので、それが苦手な方は赤福氷とかの方が良いかもしれませんね。
食べるまでのプロセスを楽しめる冷菓です。

さつま芋菓子専門店「覚王山吉芋」の「吉芋花火」

008
芋栗南京って、本当に美味しいですよね。
独特のねっとり、ほくほくとした食感に、素朴な甘みが体に優しくてたまらない。

今回は、そんな大好きなさつまいも菓子のご紹介。
愛知県名古屋市、覚王山にある「覚王山吉芋」さんは、珍しいさつま芋菓子専門店のお店です。

最近はナッツ専門店やからあげ専門店など、様々な専門店が立ち並ぶようになりましたが、ここは創業26年の伝統を誇るお店。

名古屋駅内で見かけたことがある方も多いかもしれませんが、本店の控えめでいて趣のある店構えもまた素敵です。

003
ここの看板商品といえば、芋けんぴ「吉芋花火」!
タッパーに入った状態で販売されています。

細切りしたさつま芋を菜種油でカラッと揚げて、お店自家製の蜜を絡めた一品です。
パリパリ、ポリポリと食感が心地よくて、揚げ物なのに軽やか。
自家製の蜜がまた、余計なものが一切入っていない洗練された透明感のある蜜で良いんです。

ついつい食べすぎてしまうのが難点です。

くどくない甘さなので甘いモノが得意では無い方にもおすすめですが、実はこの「花火」、もう1つありまして‥

甘くない、「吉芋塩花火」も絶品です。
さつま芋って、甘い仕上げもしょっぱい仕上げも合うんですよね。
こちらは手でつまんでもベタベタしないので、更に手が伸びやすいです。

007
そして私が花火と同じくらい好きなのが、この大学芋「べっ甲芋」。
カリカリ食感の花火も大好きですが、さつま芋好きとしてはあの「ほくほく感」を楽しめる一品も大事にしたいところです。

まず、べっ甲の名にふさわしく、淡い黄金色の艶めくビジュアルが上品で良い。
そして家ではなかなか真似できない、外側をカリッと仕上げていながら、中はしっとりほくほく感を保つ絶妙な揚げ具合。

舌に入れた時には、蜜がとろりと当たり、咀嚼すると外側も内側も無限大の表情を見せてくれるのです。

004
あとは、タッパーに「追い蜜」がついてくるのも嬉しいところ。
好きなだけ蜜を足して召し上がっちゃって下さい。

覚王山吉芋さんは、その他にもあらゆるさつま芋菓子を展開しています。
奇をてらうような形や名ではないのに、洗練されていて、素晴らしい名前ばかり。

次は他のものにも手を出そうか‥いや、まずは定番の花火も押さえておきたいし‥あ、花火は甘いのと塩どっちにしよう?

ここに来ると優柔不断に拍車がかかります。
本店では、試食も出来るので是非お好みのさつま芋を見つけて下さいね!


覚王山吉芋本店 店舗情報
住所:愛知県名古屋市千種区日進通5-2-4
電話:052-763-2010
営業時間:10:00-18:00
定休日:無休(年末年始を除く)

いちごの冷製パスタ

Strawberry

小池田マヤ先生の漫画が大好きです。
以前に当ビストロでも、あさひごはんに登場するののこめしや、エッグスラットを再現しました。

最近の作品は食べ物が絡むものが多く、それがまた何とも旨そうな描写でたまりません。

普段なんてことなく食べているものだって、小池田マヤ作品にかかればその香りや構成が洗練され、お腹が減ってきちゃいます。

知っている食材でも、普段組み合わせない味の構成が描写されていると、もう気になって気になって‥
食べ物を口に入れた時のキャラクターの表情がまた、大げさ過ぎずリアルで、説得力があります。

中でも家政婦さんシリーズと、高円寺の店シリーズがお気に入り。

ただ‥
そんな中で、1つだけ「それって美味しいの?」と疑問を抱いたものがあったのです。

高円寺の店シリーズの「女と猫は呼ばない時にやってくる」に登場する「いちごとレモンのカッペリーニ」。

作中でも、「いちごのスパゲッティー!?」「何それエグイ!!」と食べる前は不評です。
でも食べてみると、美味しいみたい。でも、ホントに?どうなのだろう‥と引っかかっていたのです。

熟しすぎたイチゴを捨てようか迷っている時に、ふとこのイチゴのカッペリーニを思い出しました。
ということで、カッペリーニは手元になかったので、スパゲティーニで代用して冷製パスタを作りました。

エクストラヴァージンオイルとレモン、フレッシュトマトのピュレをマリネして、塩を強めに効かせる。あとはバジルで味に広がりをつけて‥と楽しみながら作りました。

イチゴは作中より少なく、他の食材も加えたので、今回は再現とは言えません。

自分で味付けをしたので、作っている段階である程度は味に予想がついたものの、冒険している感じが楽しかったです。

肝心のお味は、というと、イチゴの安い今だけの特別なパスタ。
美味しいし、ありっちゃーありです。

でも、イチゴの甘さが主張しすぎないように!と思って塩を効かせすぎたのが反省点。
塩で押さえつけるのではなく、もう少しイチゴを活かした味の構成が出来そうな気がします。

そこはやはり、プロの料理人がお店のスペシャリテとして出すために何度も改良を重ねたのだろうな、と納得しました。

今度は決して臆することなく、しっかりとイチゴを入れて、イチゴの味を全面に出して楽しみたいものです。
カッペリーニも買わないと!

セレブ・デ・トマトのトマト蜂蜜

前回、セイントオクトーバーに登場するヨシュアさん作のトマトタルトを作成しました。

仕上がったトマトタルトは、スイーツとしてのトマトもあり!と思わせる出来でした。

そのまま食べたり、冷やしてカスタードをアイス状にしたりと楽しんだのですが、
実は、あるものを加えて楽しんでもいました。

099
それは、以前頂いたセレブ・デ・トマトのトマト蜂蜜。

セレブ・デ・トマトは高糖度トマトや特殊トマトなど、あらゆるトマトのスペシャリスト。
トマトの製産や加工食品も取り扱っていますが、一番有名なのは、表参道にある同名のレストランです。

レストラン「セレブ・デ・トマト」は、珍しいトマトフレンチ料理専門店。
こだわりのトマトジュースに、トマト加工品、料理に合わせたトマトを厳選した一皿一皿が素晴らしいお店だそうな。

一度は行ってみたいのですが、なかなか足を運ぶ機会がないのが悲しい現状。

そんな中、こちらで有名なトマト蜂蜜を頂きました。
お店でもバケットに添えて提供されていたりと実際に使われている蜂蜜で、味が気になっていつつ勿体無くて開けるタイミングを逃していました。

でも!トマトタルトといったら、まさにピッタリのタイミング。
念願叶って蓋を開ける日が来たのです。

094
トマトタルトに放射状にトマト蜂蜜をかけてみました。

色は優しい赤色で、とろみは少しサラッとした蜂蜜です。
直接舐めてみると、ケチャップとは違って、フレッシュなトマトの味がしっかり出ていました。
トマトの香りと酸味が広がり、そのあとに蜂蜜の甘いまろやかな味が包みます。

思っていたより主張しない味で、タルトには勿論相性が良かったのですが、他にも良いかも。
味は濃厚なのに、くどくなく、後味は綺麗です。

紅茶に入れてみたり、バケットに加えたり、料理に上手く使ってみたいな、とワクワク。
とっても嬉しい頂き物でした。

穴あきチーズの大事なトコ

007
先日、穴あきチーズこと正式名称エメンタールチーズを購入しました。

アニメに登場するチーズといえば!これですよね。
最近では、成城石井などのちょっと高級な食材を取り揃えているようなスーパーで手に入れることができます。

002
というわけで購入したのがコレ。
非常に衛生的で、グラムあたりのお値段と総価格が明朗に貼られています。
ちょっと大ぶりだけど、普通の家で購入して食べきれる量を考えると、丁度良いサイズかもしれません。

でもね‥。

007
このサイズだと、肝心の穴が少ないのです。
ドーナツの穴が大事なように、エメンタールチーズは穴が大事ではないでしょうか。

もっと、デデンッとぞんざいに置かれた大きなチーズを思い描いていたんです。
あらゆる種類のチーズがところ狭しと置かれている、そんな光景を。

「重たい!こんな量、食べきれないよ!」と言いながら買いたかった。
「こんな値段しちゃうの!?」ってビビりたかった。

お値段は決して安いわけではありませんでした。
普段のミックスチーズを思えば、このエメンタールチーズでミックスチーズ大袋が3袋は買えたでしょう。
でも、もっと桁が違うぶっ飛んだ展開をどこかで求めていたようです。

だって、こんなに小ぶりだと、穴が少ない。
角つぶれちゃった?っていう微妙な感じだったんですもの。

穴に味はないけれど、そこには大事な何かがあるのです。と思います。

024
【余談】
切ったら穴が空いてて、それはそれで嬉しかったです。
結果的に良しかな?

記憶の中のホットケーキ

066
先日、ドラえもんに登場する昔ながらのホットケーキを再現しました。

絵本やアニメ、漫画に登場する厚みのあるホットケーキ。
四角く切って真ん中に乗せてあるバターに、シロップがかけられているのが定番のイメージです。

しかし、本当に子どもの頃にあのホットケーキを食べたか?というと違うのではないでしょうか。
大抵はあの厚み、綺麗な焼色に思いを馳せつつ、失敗してガッカリした覚えがあるのでは?

少なくとも私の子ども時代のホットケーキは、のび太ママのものとは違いました。
どちらかと言うと、おやつにホットケーキが出ると「今日はホットケーキかぁ‥」と残念に思ったもの。

母は料理が得意で、手づくりのお菓子もよく作ってくれました。
当然、ホットケーキも焼いてもらった覚えはあるのですが、何故かホットケーキは苦手だったようで‥

今でも忘れない、私にとってのホットケーキ。
それは、フライパンにたっぷりの生地でいっぺんに大きいものを作って、大皿にデン!と乗せたもの。
火を中までしっかり通す為に強く焼いてあって、ちょっと苦味を感じるものでした。

焼きたての熱いうちに、焦げの強い表面全体にナイフでざざっとバターを塗ってツヤツヤにする。
メープルシロップなんて洒落たものがなかったから、蜂蜜をかけていました。

子どもだから苦味は余計に強く感じるのか、私にとってホットケーキは「苦いもの」でした。
不満に思いつつも、何故かモソモソと食べていたあの頃。

母のホットケーキと、厚みのあるふわふわホットケーキ。
全然違うはずなのに、今回の撮影で作ったホットケーキを食べて一番に感じたのは、懐かしさでした。

苦いホットケーキ、甘さもあったよう。
懐かしさって面白いなと感じた回でした。

ホットケーキミックスの残りがまだあるからと言って、沢山食べてホットケーキのように丸くならないように注意ですね。

最近ハマっているもの

スペースコブラ TV1期+劇場版 コンプリート DVD-BOX (31話+劇場版1話, 900分) アニメ [DVD] [Import]

今更?と思う方もいるかもしれませんが、最近コブラにハマってます。
アニメや漫画好き、ジャンルは問いませんと公言しつつ、まだまだ押さえていない名作が多いのも事実。他にも、きっと面白いのだろうと思いつつも観れていないものが多々有ります。

コブラは主人との他愛ない会話の中で出てきて、「観てないなんて損!」とオススメされたのが始まり。
キャラクターと作品をふんわり知っている程度だったので、「そうなんだ」とピンと来ない感じだったのですが‥

ヤバイです!一話の初めから、面白い。
たまに、世界観に馴染むまでに数話かかるものがあったりするなかで、驚くほどすんなり入り込めちゃう。そして何より、先の展開が読めなくて、気になって気になって、夢中に!

ルパン三世の「アダルトなアニメ」に通ずるものがあります。
会話のなかのニクイ軽口や、やたらセクシーな女性キャラクター。
そしてジャジーな曲!ご都合主義ではない、臨場感ある展開。

無類のルパン好きとしては、ドストライク。
登場する宇宙船もまた格好良くてたまらないのです。
一期を見始めているのですが、いま見てもまったく古くない素晴らしさ。

いつもは面白い作品に出会うとノンストップで観てしまうのですが、あまりにも面白くて一気に観てしまうのをためらってしまっています。
そんなわけでここ数日、毎晩寝る前に1話観るのが日課。

どんなに疲れた日も、どんなに眠い日も、コブラのオープニングを聴くとイキイキしちゃってます。

COBRA 1 (MFコミックス)

アニメから手を出してしまいましたが、寺沢武一先生の原作は絵が美しすぎる!
漫画喫茶に通いたい、そしてオトナ買いをしたい衝動と戦っています‥。

そもそもは、「ネタになる食べ物が出ないかな?」とチェックしたのに、お構いなしに夢中になっちゃっています。

なにか食べ物でないかな!?
出たら、どんなに難しいものだって作りたい!と願ってます。

今夜も楽しみです。

コンビニでみかけた「味仙の台湾やきそば」

カップ麺って無性に食べたくなること、ありますよね。
その時の私は、カップ焼きそばが食べたくなってコンビニへと向かいました。

カップ焼きそばを食べる時は、いつも決まった商品。
安定した味を求めるのが常ですが、新発売や期間限定には弱いです。

特に「辛いもの大好き!」な私にとって、これは買わずにはいられないものだったのです。

IMG_0457
名古屋で知らない人はいない、「台湾ラーメン」でおなじみ味仙さん。
辛く炒めた豚挽き肉とニラが特徴のラーメンで、テレビでも時たま「辛いけどうまい!でも、辛い」と紹介されています。

その味仙さんから発売された、台湾やきそば。
迷わず購入しました!

IMG_0458
かやくを入れてからお湯を入れ、湯切りしてから粉末を入れるタイプです。
粉末が赤いのが印象的でした。

よく混ぜないとムラができやすい感じ。
混ぜている時に出る湯気からも、辛さが伺えました。

あとは最後に付属の唐辛子マヨネーズをかけて頂きます。

お店で食べる台湾ラーメンよろしく、なかなかのピリ辛さ!
でも、味覚がおかしくなるくらいの辛さではないんです。

辛いけど、美味しい。美味しさが分かるぎりぎりの絶妙な辛さが癖になりますね。

かやくのミンチとは思えない、しっかりとしたミンチも印象的でした。
そして輪切り唐辛子もふんだんに入っていてびっくり。

具はそれほど多くない印象ですが、その辛さと旨味で食べごたえは十分にありました。
飽きずに美味しく食べきれる丁度良い量かも。

お店に行くのが億劫な時や、ふと辛いものが食べたい時にはうってつけですね。
ただ、購入がお手軽だからといって、あなどるなかれ。

食べ終わったあとの口臭も、お店のものに負けないパンチがあるので、その後の予定をしっかり考えて楽しむ必要がありそうです。

シンガポールみやげ

001
両親からシンガポール旅行の土産を頂きました。

現地のスナック菓子に、シンガポールのお茶の専門店TWGの紅茶、マンゴープリンにシンガポール独特のジャム「カヤジャム」に、シンガポール版やきそばの袋麺「KOKA」などなど‥

この寒い時期に、異国の温かい風を感じられる嬉しいプレゼントでした。

カヤジャムは食べたことがなかったので、また食レポをアップする予定です。
お茶もちょうど切れていたから楽しみ。
スナック菓子は、ダイエット中だけど食べちゃおうかしら‥と早速意思の弱さを発揮中。

今回の件に限らず、プレゼントを頂く時に最近ありがたく思うことがあります。

それは、料理研究家という私の職業を意識したチョイスのお土産を頂くということ。
仕事を始める前に比べてここ数年、食べ物や調味料、調理器具のお土産を頂く事が本当に多くなりました。

自分がまだ知らない土地の味や調理法はとても為になります。
そして何より、そういった心遣いをして頂けることに心が温まります。

実は、コラムでは紹介出来ていない面白いお土産がまだまだあります。
紹介しきれていないことに心苦しさがありますが、少しずつ、紹介していければと考えています。

色んな味を知って、よりクリエイティブになりたいものです!

クリスマスは何作ろう?

すっかり肌寒くなりましたね。
ほんの少し前に、暑い暑いと言いながらかき氷を食べていたはずなのに、もうすぐ年末です。

季節の移り変わりの早さには驚くばかりですが、その時々、楽しみなイベントがあります。

今の私の頭の中は、クリスマスのことでいっぱい。
正確には、クリスマスの献立のことで頭がいっぱいです。

普段は摂生しなければ、ということがあったり、毎回の食事にそれほど時間やお金をかけるべきではないというのもあるけれど、クリスマスは特別!

なかなかいつもは手を出さない、気になっていた食材を使用したり、
じっくり下ごしらえに時間をかけて仕込む楽しさ。

一体どんな献立にしようか?

本気のフレンチのフルコース?
それとも、七面鳥にブッシュドノエル、王道の献立も良いなぁ。

ああでもない、こうでもない‥とワクワクします。

現在、候補の一つに挙がっているのが、英國戀物語エマに登場したイギリスのクリスマスケーキ、「クリスマスプディング」。

プディングという名前からは思いもよらない、真っ黒な外観はインパクト大です。
生地はプリンというよりも、どっしりしたケーキ状。

ブランデーにドライフルーツやナッツを浸し、それを練りこんだ生地をを蒸し上げて、数ヶ月熟成する独特の製法です。

このクリスマスプディングの醍醐味は、クリスマス当日にフランベするところ。
真っ黒なケーキが炎に包まれる姿には、歓声があがりそうですよね!

そのほかにも、昔クリスマスマーケットで食べて夢中になったドイツの焼き菓子「シュトーレン」も良いなぁ。毎日食べ進めて行くというのも面白いし‥

と妄想が止まりません。

そしてクリスマスが終わると、今度は年末年始のご馳走作り!

それが終わると、次はバレンタイン!
バレンタインは毎年、特設催事場にて高級チョコレートをお小遣い握りしめて買いに行くのが楽しみなのです。(本来の意味から外れて完全に自己満足)

食いしん坊は年がら年中、こんな感じで大忙しです。

クリスマスの献立は、まだまだ決まりそうにありません。