ビストロ・アニメシ

コラム

加賀紫雲石

しばらくリトルワールドの食レポの回が続きましたので、今回は気分を変えて。
ちょっと変わった、いただきもののご紹介。

002
頂いたのは、石川県加賀市にある音羽堂さんの甘納豆「加賀紫雲石」。
控えめかつ上品な包装が、美味しさの自信を訴えてくるようです。

004
いそいそと蓋を開けると、そこには「皇太子殿下献上お買い上の品」の文字が。

お恥ずかしいことに存じませんでしたが、それもあって全国的に有名なお菓子だとか。
「皇太子殿下」のインパクトも大きいですが、ふと目に入る甘納豆もまた目を引かれます。

005
大切に一つ一つ包まれた甘納豆を持ち上げてみると‥
これが甘納豆?

006
手のひらサイズのそれは、どちらかと言うときんつばに近いような。
でも、触れた感じは外側を砂糖で固めているようで、固いのです。

007
中にうっすらと小豆があるのが分かります。

009
割ってみると、それはそれはみずみずしいこと。
和菓子にしかない独特の風格に飲まれて、気づけば夢中になってしまいます。

外側はカリッとしていて、寒天はみずみずしく、舌に障らない絶妙の硬さです。
そしてたどり着く甘納豆は、ふっくらとしていて控えめの甘さが、なんとも後味が良いです。

食感の変化も楽しいですが、小豆の美味しさを存分に楽しむことが醍醐味のように思えます。

新しいものを食べているけれど、馴染みのあるものが組み合わされている為か、冒険という感じはありません。
ただ、昔からの甘納豆の美味しさが損なわない為に、寒天に埋めることで、甘納豆が炊いてすぐのふっくらさを留めているようです。
安定の美味しさが洗練された結果の逸品です。

冷やして食べても美味しく頂けました。
夏にも良いだろうけれど、冬に食べると、甘納豆が雪の中に閉じ込められたような‥
それはまた風情を感じることが出来て良かったです。

加賀紫雲石、甘納豆好きは是非一度ご賞味あれ!

コメントを残す