ビストロ・アニメシ

コラム

【食レポ】いつもは避ける○○らーめん

〜だいせつ洞の涼味炭酸らーめん〜

ラーメンが好きです。

ガッツリ豚骨系、透き通るスープが美しいトリガラの塩、ノスタルジックな気分になる魚介系の安定の醤油、辛いの大好き台湾ラーメン・担々麺‥

特に難しいこだわりはありませんが、ラーメンにヘルシーや奇抜さは求めていません。
食には保守的な性格なので、いつも王道から外れず、失敗のないチョイスをするタイプです。

そんな私なので、冷やし中華は好きですが、「新感覚・アレンジ」と謳ったものは苦手なことが多いです。

一度だけ冒険して食べてみたことがあるのが、
「生ハムやトマト、オリーブオイルで仕上げたイタリアンラーメン」。
好みにもよると思うのですが、イタリアンもラーメンもお互いの良いところを殺している構成に感じました。

それから二度と頼むまい、と心に誓ったはずだったのですが‥

ある日、テレビで観て気になった一品がありました。
その名も「炭酸らーめん」。

まずいものはまずいと言いそうな正直なタレントさんが、「これはどうだろうね?」と懐疑的に食べ始めて、「あれ?うまい!」と驚いていたのが印象的で。

保守的すぎるのも良くないですし、ちょうど名古屋駅に立ち寄ったタイミングで行ってみることにしました。

FullSizeRender (3)
さて、これがその炭酸らーめん。
らーめんと共にウィルキンソン1瓶がついてきます。

FullSizeRender (2)
汁気がない状態で届くので、セルフで好みのスープの濃さになるまで炭酸水を注ぐ、というスタイル。

FullSizeRender
当然といえば当然だけれども、不思議な光景。
シュワシュワっとしてます。

軽く箸で麺をほぐすようにして、スープを混ぜてから頂きます。

まずはスープを一口飲んでみたのですが、驚きのあとに、美味しさが来る感じ。
思えば、甘いものの炭酸は慣れているけれど、しょっぱいものの炭酸って初めて。

舌が見知らぬ味に軽く衝撃を受けて、そこから美味しさをじりじり感じる。
スープ自体はシンプルな味で、炭酸の刺激によってオニオンやトマトの旨味が引き立っています。
レモンの程よい酸味もまた良い感じ。

炭酸水のおかげか、麺も引き締まっているような感覚です。
麺をすするたびに口の中でシュワっとして、スパイシーにも感じる不思議。

食べる前は「このお店のチャーシュー、美味しそうだな‥でも炭酸らーめんは生ハムか‥」と残念に思っていたのですが、この味には生ハムのねっとりとした食感に塩気がぴったりです。

量は少なめに見えますが、炭酸のおかげで満腹感もありました。
じめじめした暑い日には、爽快感があって良いかも。

夏季限定の一品なので、ぜひ一度立ち寄ってみては。

目から鱗な一品でした。
ごちそうさまでした。


店名:だいせつ洞
場所:名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋駅 驛麺通り(駅構内です)
営業時間:OPEN/11:00-CLOSE/22:00 L.O. 21:30
定休日:無休


コメントを残す