ビストロ・アニメシ

コラム

奈良旅行①あしびの郷のおつけもの御膳

せっかくのシルバーウィークということで、奈良へ行ってきました。

今回はスケジュールの都合もあり、日帰りの旅。
しかし、大事なところはしっかりおさえてきた感じです。

私といえば食いしん坊。旅といえば勿論、美味いものは外せません。
上品な御膳から、B級グルメまでしっかり堪能してきましたよ。

今回はそんな奈良旅行から、特筆すべき美味いものをご紹介。

IMG_0749
第一回目は、やはり奈良といえば奈良漬。
一番最初の食事にチョイスしたお店をご紹介します。

訪れたのは、江戸時代から続く奈良漬の老舗、あしびの郷さん。
写真は一番人気の「おつけもの御膳」です。

その名の通り、この御膳の主役はお漬物。
定番の奈良漬は、独特の香りが鼻を通ります。子どもの頃は苦手だったけれども、今ではすっかり大好き。
でも、それだけはない。
奈良漬の他にもあらゆる豊富な種類のお漬物が並び、楽しさ倍増なのです。

色が鮮やかで、みずみずしく歯ごたえが良いセロリ。
柚子の香りが良く、シャキッとした歯ごたえが絶妙の大根漬け。
酸味と鮮やかな色が食欲をそそる赤かぶら。

高菜の油炒めもありました。これが結構ぴりりと辛くて、御膳についてくるほうじ茶でお茶漬けにしてさらさらっとかきこむとまた美味。

昔ながらの古漬けに、新感覚のものまで、一つ一つが際立っていました。

こぶりのおひつもついてくるので、ごはんの残量を気にせず存分に堪能しました。
お漬物に目が行きがちですが、御膳の魚の西京漬けも、また美味しかった。
身が柔らかくて、焦げは控えめで、丁度良い暖かさで。

小鉢に冷えた出汁が染みた高野豆腐、というのも古都を思わせて良いものでした。

お味噌汁も、赤だしに豆腐と細かく刻んだ紫蘇が合うことを初めて知りました。
今度真似しようっと。

座敷で頂いたのですが、静かで趣きのある店内に、両隣さんも、そして奥の席からも「ポリポリ」とお漬物を噛む音が響くのが印象的でした。

お店は入り口入ってすぐが販売スペースなので、おつけもの御膳を堪能した後はお土産をしっかり購入できます。

奈良へ行かれる際は是非、立ち寄ってみては。

【あしびの郷の情報】
住所 〒630-8337 奈良市脇戸町29
電話番号 0742-26-6662
URL http://ashibinosato.com/meal.html
営業時間 午前10時~夕暮れ
休日   不定休

コメントを残す